ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


言峰璃正


ヨミ: コトミネリセイ
掲示板をミル!
23カキコ!

大百科すごかった記念に投下していきます

『この老も、今度こそ奇跡の成就を見届けられそうだ。』

言峰璃正とは、小説TVアニメFate/Zero』の登場人物である。

CV.広瀬正志


概要


言峰綺礼の実にして教会に滞在する教会・第八秘会の祭。“木の聖杯戦争”においては教会が初めて介入した第三次から監督役を務めている。璃正は、普段は教会祭として生活しているが、ひとたび聖杯戦争が始まれば教会において聖杯戦争監督、敗れたマスターの保護を担っている。

接近戦を得意とする八極拳の達人で、息子である綺礼に精修養の一環として導を行った師匠でもある。鍛え上げた体はいささかも衰えを見せず、八極拳の腕前は息子綺礼駕する。

その姿は『マス・オーヤマ体系』、コンセプトは『老いたセガール』の化け物である。

ただし、璃正の拳は自己鍛錬との為に積み上げられた功夫である。「代行者」を務めた息子とは違い殺人術の心得はく、死徒や色々なモノとの殴り合い経験も少ない。ましてや、魔術による体強化を使ったマジカル八極拳も使えない。

しかし、息子綺礼から見れば、璃正の八極拳は『正調の八極拳』であり拳士としては格上である。


息子、言峰綺礼


言峰綺礼は言峰璃正が50歳を過ぎて、跡継ぎを諦めた時期に授かった子である。者として八極拳の技を、そして父親として信頼と情を注ぎ込んだ自慢の息子である

代行者』としての険しい。妻との別離。そして第四次聖杯戦争

息子の苦悩に気を病む璃正の元、数多の苦難を乗り越えた息子神父として、そして者として見事な成長を遂たのである。

神父としてをつかず、師である遠坂時臣との約定を守る姿はまさに敬虔な信仰者そのものである。
さらに『Fate/Zero 最終話』においてめた答えを得ながらも、さらなるめる立者に・・・!


遠坂家との関わり


詳細は明らかにはなっていないが、第三次聖杯戦争監督役を務めた時から始まっている。

どの様な経緯からかは不明だが、本来ならば敵対関係にある魔術師、しかも名である遠坂の先代(遠坂時臣)と友誼を結んでおり、第三次聖杯戦争終了後も遠坂との深い関わりが続いている。

第四次聖杯戦争においては、その旧交に従って遠坂時臣に協している。綺礼には遠坂時臣聖杯を託すに足る人物であると紹介しており、教会魔術協会の立場をえて信頼し合う間柄であることが読み取れる。


第四次聖杯戦争における動き


三次聖杯戦争において聖杯が降臨したのは教会
60年前から続く遠坂との旧交。
教会に、第八秘会に所属する者としての思い。
八極拳を極めた者しての思い。

様々な思いを抱きながら、この老人は第四次聖杯戦争に臨む。

『この老も、今度こそ奇跡の成就を見届けられそうだ。』

 

第四次聖杯戦争監督役を務める言峰璃正は、息子言峰綺礼、そして古くからの盟友である遠坂時臣と謀って“限の願望器”たる聖杯奪取に加担する。


開幕前


第四次聖杯戦争が開幕する3年前、すでに策謀は始まっていた。言峰璃正の息子である、言峰綺礼聖杯戦争マスターに選ばれたのである。

言峰璃正は盟友である遠坂時臣勝利を確実な物とするべく密約を結ぶに至る。息子である綺礼マスターとして聖杯戦争に参戦させ表向きには敵対、面下では共闘するのである。

その条件として、綺礼自身に聖杯戦争への参加を承諾させる事と、綺礼時臣子入りさせ聖杯戦争に耐えうるだけの魔術師とするべく鍛錬を積ませる事が必要となる。

イタリアはトリノで密議を行う、言峰親子と遠坂時臣。いまだ聖杯マスターとして選ばれたことに疑問を持つ綺礼に対して、言峰璃正と遠坂時臣合体技『環状歩行説得術(2人で対者の周囲を回りながら説得する事により絶大な説得効果を生み出す!)※』を駆使して聖杯戦争への参加を決意させる。(※そんな技はありません

時は流れ、遠坂時臣魔術を学んだ言峰綺礼は“子入り後に令呪を得た”として師と決裂した形をとり、表面上の敵対関係を構築し、そして言峰綺礼アサシンを召喚する。

しかし実際には面下での協関係は続いており、迫る第四次聖杯戦争に備えて遠坂時臣言峰綺礼は、間諜アサシンを駆使して情報収集を行う。そして監督役である璃正は監督役を務める専任祭だけが預けられる魔導器『霊器盤』(※聖杯が招いた英霊の属性を表示する機が備わっており、どこで召喚が行われようと、現界したサーヴァントの数とクラスが判明する)を以ってサーヴァントが現界したことを把握し、それもまた遠坂営の情報となるのである。

時は至り、遠坂時臣最強サーヴァント ギルガメッシュアーチャーとして召喚することに成功した。
アインツベルン営が召喚を行うよりも、もう少しく召喚を行っていれば思惑通りセイバーを召喚出来ただろうに・・・これも遠坂の血のなせる技か。


開幕後


全てのサーヴァントが召喚され、第四次聖杯戦争の開幕となる。

開幕後は、息子綺礼は予定通り複数に分裂したアサシンのうちの一体をあえてアーチャーに倒させることにより敗退したように見せかけることでアサシンに対する警を薄めさせ、綺礼教会の保護下に置いたように見せかけ自由に動き回れるようにするなど、予定通り監督役以上の役割を果たしている。

倉庫での戦闘におけるアーチャーの独断専行、アーチボルト営のホテル爆破による生死不明、止めることのできないアーチャーの単独行動と言ったイレギュラーはあった物の、言峰&遠坂営は優位に戦いを進める。

また、その裏で璃正は聖杯戦争で生じた戦いの隠蔽などに追われることになる。

その中で起こった一際大きなイレギュラー。一晩で15人の子供を誘拐し、騒いだ家族を皆殺しにしたキャスター営の動きは、監督者たる璃正が動くには十分な理由であった。

璃正は監督者としての権限を発。全マスターに招集を掛け、敵に遠坂と言峰の繋がりを覚らせない為に参加させた遠坂時臣のものも含め、脱落したと見せかけた綺礼と討伐対キャスター営を除く5体の使い魔を前に、追加令呪を報酬としてキャスターの討伐を発する。

アインツベルンでの戦い、キャスター工房で露見するアサシン生存アサシンによる“王たちの宴”への強襲。
そして未遠における巨大怪魔の出現など、聖杯戦争が混迷を極める中、危うく大被害を出す寸前でキャスターは討伐され、言峰璃正は魔術協会の助を得ながらF-15二機喪失を含む騒動の火消しをする。

そして教会、璃正はキャスター討伐の褒賞をめてやってきたケイネス・エルメロイ・アーチボルトと対面する。
ランサーの働きに対して、一画の令呪を授ける璃正。

『では引き続き、マスターとして、誇りある戦いを。』

しかし、璃正がそれ以降の戦いを見届けることはなかった。その場を離れようとした璃正は、追加令呪をほかのマスターに渡すまいとするケイネスの放った弾に倒れたのである。

だが、璃正の遺志と、監督役と、予備令呪息子綺礼に引き継がれ、聖杯戦争は続けられる。そして息子はやりたい放題を始めるのであった。


ステータス



年齢に関して


正確な年齢は明らかにされていないが、小説Fate/Zero Vol.1 「第四次聖杯戦争秘話」のプロローグパート、第四次聖杯戦争の3年前、言峰綺礼遠坂時臣を見た感想として下記の通りにっている。
近々八〇に手が届こうというの友人にしてはこの遠坂という変わりな日本人は若すぎた。」

この事から3年前の密議は、言峰璃正がもう少しで80歳の誕生日12月29日)を迎える時期に行われたと言える。
※「近々」の意味は「ごく近い将来」、「手が届く」の意味は「もうすぐ(もう少しで)ある年齢・時期に達する。」

以上の情報から言峰璃正の年齢は第三次聖杯戦争監督役を務めた時は22歳、3年前の密議時は79歳、第四次聖杯戦争監督役を務めた時は82歳と予想される。実際には1,2歳の誤差はあるかもしれないが、何れにせよ、衰えを知らぬ化け物”である。


第三次聖杯戦争


1930年頃に行われた聖杯戦争で若き日の言峰璃正が監督役に抜された。
1929年に始まった世界恐慌が各を襲い、1939年には第二次世界大戦が始まる混迷の時代である。

日本では軍部の政治的発言が拡大、1932年の満州国や5・15事件、1936年には2・26事件、1937年には事件を経て日中戦争が勃発している。

※5・15事件・・・大日本帝国海軍青年将校が中心となり起こした反乱事件で犬養首相が暗殺された。
※2・26事件・・・尉官クラス青年将校が中心となり兵を率いて起こしたクーデター未遂事件で、高橋是清蔵相や斎藤内大臣、渡辺太郎教育総監が殺された。

この様な時代背景を持つ第三次聖杯戦争都を舞台ナチス帝国陸軍を交えて行われている。


言峰璃正、その肉体。


彼に関しては一つの逸話がある。

Fate/Zero 視聴会における出来事である。

第六話 『謀略の

遠坂時臣、言峰璃正、言峰綺礼が集まる密議。
キャスター営の暴走を知った3人は対応を迫られる・・・。

そして、シナリオライターる。

東出一郎 : 「仕方がない、わしがいこう」って言い出してもおかしくない。

虚淵玄 : 確かに。言いかねない(笑)

素晴らしい発言である!この記事の筆者として、そしてFate/Zero視聴者として願わずには居られない。
オマケを作ってくれても良いのですよ・・・と。

次回、第七話 『魔

アインツベルンにやってきたキャスター
立ち塞がるは、聖杯戦争監督役にして八極拳の達人、言峰璃正。
今、異端魔術と極められた武術突が始まる・・・

■im2198099(静画)

素人絵なのでバランスに問題はありますが、イメージ的にはこんな感じです。


関連動画



■sm15769622[ニコ動]

■sm15788416[ニコ動]
■sm15808212[ニコ動]
■sm17658723[ニコ動]


関連静画


■im2099814(静画)
■im2026547(静画)


関連商品


■az4750203157
■az4862204260

■azB007CPT9MG
■azB007CPT9PI


関連コミュニティ


■co1186734


関連項目



最終更新日: 18/05/01 19:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ