ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


読書感想文


ヨミ: ドクショカンソウブン
掲示板をミル!
85カキコ!

読書感想文とは、みんなのトラウマである。おそらくは読書嫌いを作る第一要因である。


概要


夏休みの宿題としてに出てくる。的としては「読み書きのを養う」といったところか。大抵は本を読んで原稿用数枚にその感想を書くという物。読む本は大抵の場合小説でなければならず、漫画はもってのほか。かと言ってライトノベルだと少しまずいハードカバー名作と呼ばれる明治文学などが一般的。先生がたまに本を定してくることもある。

読書感想文といっても、正直に「面かった!」とかいう小学生並みの感想一文だけ書いて先生に提出すると通知表に「もう少し頑りましょう」がつく可性がある。かと言って、自己犠牲の尊さをっている部分をして「なんでこんな馬鹿真似したんだか今の僕には理解できない」とか書くと呼び出しを喰らう可性が高い。先生定の本の場合はなおさらである。それも立な感想だと筆者は思うのだが、よって定枚数分の原稿用を、思ってもいないような肯定意見で埋めるハメ書く事になる。

また、彙が少なく文章を書くが身についていないうちにやらせることも多く、原稿用数枚文の文章というのは苦行となり得る。その苦行を通して読書嫌いになり、そして勉強が嫌いになるといういろいろ本末転倒なことになる可性が存在する。筆者がその良い例である

そもそもの問題としては、読書感想文のために読書を強要し、上記の問題にぶつかってしまった読書嫌いを作ってしまっては本末転倒であるように筆者は思える。


書き方


  1. 本の題を捉える。大抵の本には題があり、勧善懲悪や自己犠牲、人類の愚かさ等の「作者の言いたいこと」を捉える。筆者の場合深読みしすぎて題とは別のことを書き結果赤点を食らったことがあるが

以下は3段落に分けて書く場合である。

  1. 題をよく表している一文を探し出し、最も印深い点として最初の段落に書く。
  2. 第2段落はその部分がなぜ印深いと思ったかを書く。自分の学校生活などの体験等を絡めて書くとなお良い。小説あらすじはなるべく書かないように。感想文のほぼすべてをあらすじで埋めた人も多いはず
  3. まとめとして、私がこの本を読んでどう思ったかを書く。間違っても勧善懲悪物で「悪役がかっこいい」とか書かないように。面倒なことになります。

「~だと思った」を連発すると陳腐に見えるので、多少彙はあったほうがいいです。


その他


最近では読書感想文の例文がネットに上がっており、それがそのまま丸写しされて提出されることも多い。

古典的な手段として、本の推薦文やあとがき等を写すという手段もある。

どちらもバレたらロクなに合わないのでやめておこ


関連リンク



関連動画



■sm8006539[ニコ動]

■nm11534973[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/08/25 22:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ