ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


謝罪会見


ヨミ: シャザイカイケン
掲示板をミル!
2カキコ!

謝罪会見とは、マスコミに囲まれて世間に謝ることである。


概要


人や企業など、不祥事を起こした場合は謝罪会見を開かないとマスコミや世の中が納得しないので、
当事者は渋々謝罪会見を開かざるを得ない。
また、問題を起こした当事者はマスコミや世の中に納得してもらう為に説明をしなければいけない立場である為、「どのような装」「どのような言葉」「どのような態度で」というのが重要で、謝罪会見の出来・不出来はその後の仕事や評価を大きく左右される事となる。
また謝罪会見なので当事者はめて会見の場で謝罪の為に頭を下げるのだが、芸人は個人で、企業学校も含む)の場合は偉い人が数人並んで一斉にに立ち上がって同時に頭を下げるのが一般的で、頭を下げ続ける時間の長さや回数によっても問題を起こした罪の大きさを自覚している事を伝える要素の1つとなっている。

現代ではメディアネットの発展によって過去の重大問題を起こした人物・企業の謝罪会見の映像を見る事も容易になったが、特に歴史的なもので有名なのが、巨額の不正会計を行った事で自業に追い込まれ、前任の不正責任をそのまま押し付けられた野澤社長が「私らが悪いのであって、社員は悪くありません!」との謝罪を行った券会社の山一證券だろう。

一方で、他人の不幸は蜜の味、という言葉があるが、マスコミにとっては視聴率や新聞・雑誌の購買数に直結するおいしいネタであり、一般市民にとってはちょっとした憂さらしにもなっている。
そんな世間の潮に乗ってか、2017年6月にはヒップホップミュージシャンDOTAMAがその名も「謝罪会見」というアルバムを発表している。

2010年代以降では不倫騒動のベッキー斉藤由紀、生活保護を不正受給した次長課長河本準一、自で当て逃げをしたノンスタイル井上祐介データ不正の神戸製鋼、資格日産仮想通貨紛失のコインチェックオリンピック選手らしからぬ装と態度でバッシングを受けた國母和宏、多トイレ不倫を行ったアンジャッシュ渡部健などが記憶に新しいところ。


ニコニコ動画内では上述の「ちょっとした憂さらし」の色合いが強く、特に謝罪会見内で強な印を残した場面をネタにされることが多く、一時期はそれを素材にしたMAD動画が一部ユーザーによって投稿されたりしていた。
代表的な物として…

などである。


関連動画



■sm32771539[ニコ動]

■sm5783949[ニコ動]
■sm23930403[ニコ動]
■sm23070081[ニコ動]


最終更新日: 21/05/03 03:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ