ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


警察


ヨミ: ケイサツ
掲示板をミル!
689カキコ!

警察とは一般的には、をパトロールする地域警察、事件の捜を行う刑事警察、テロ過激派に対応する警備警察などを擁する機関を意味する。だが権としての警察を付与されている組織は、所謂「警察」だけではない。

世界的に見ればさらに様々な組織があり、警察と言うカテゴリに入る組織は幅広い。


警察の歴史


古代中世、近世~近代、現代の区分で述べる。


古代


偉い人に言われた兵隊さんなんかが、悪い人を取り締まっていた。今日の警察に相当する仕事や権は存在していたが、運営体となる組織に関しては現代の警察とは異なる。

日本においては中国(唐など)の制度を参考に弾正台、検非違使庁が設置された。検非違使は後の町奉行所に近い役割を持っており、警察権だけでなく民政分野も担っていた。検非違使は弾正台の権限を奪いながら強化されていき、その強い権限を背景の様々な者(エイリアン含む)に睨みを効かせていたと言う。インナーホルスターコルトガバメントを収めたジーン・ハックマンが、悪党や、時には市長や検事もぶん殴って悪党を追い詰めるようなものである。


中世


偉い人に言われた(ry。ただこの頃から欧州では都市市民が発達し、市民の評議に基づいて治安政策が取られることもあった。また市民による自警団が作られることもしくなく、全部が全部偉い人頼みというわけでもない。

日本においては鎌倉幕府以降、奉行所が整備されていく。現代の解釈においては、鎌倉幕府は良いを作る気はなかったようだが。


近世~近代


日本の近世となる江戸時代江戸には南北の町奉行所が、日本の各においても同様の奉行所が整備されており、警察機は発展した社会に応じた形となっていた。

またこの頃の日本ではすでに、後述する文民と武官の区別がついていた。役方(文民)と番方(武官)である。町奉行は役方であるから、これに属する与と同心も役方となる。彼らは抜することは極避け、さすまたなど現代でも使われる捕縛具を用い逮捕を行っていた。一方の番方となるのは火付盗賊方で、かであっても逆らうものには積極的に抜してっていった。よって双方の仲は悪かったようだ。犯人逮捕に熱心な警察官(マット・デイモン)と、をやたらぶっ放す連邦特別捜官(ジーン・ハックマン)のようなものであろう。

市民革命を経て先んじて近代となったヨーロッパでは、後に世界的に大きな影を与える革が始まった。18世紀後半~19世紀にかけてロンドンで警察革が行われ、1829年にロンドン警視庁(スコットランドヤード)が設置されたのだ。それ以前のロンドン治安維持と言えば、市民に雇われた警、要は用心棒が担っていた。用心棒の常としてゴロツキも多数おり、市民の評判はかなり悪かった。また彼らに与えられる給も僅かであり、それがさらに腐敗の温床ともなった。
そこで内務大臣ロバート・ピールは「安全、安心の街づくり」を掲げて、本格的な警察を整備することにしたのだ。用心棒は専業の警察官となり、自立して生活するだけの十分な俸給を得、制服を着用し、パトロールや捜仕事に従事するようになる。このことからローバトの称であるボビーを取った「ボビーズ」、あるいは「ピーラー」というあだ名で警官は呼ばれるようになった。90年代半ばの日本におけるアムラーやシノラーみたいなものである。

日本では西洋文明を受け入れ近代化に取り組み、その一環として路利良の下で近代警察が整備されていく。明治期の行政機構再編を経て1庁3府44県が設置されたのだが、いずれにも内務所管の警察が設置されるようになる。この近代警察の導入に際し、欧米から入ってきた「POLICE」の概念を警察として訳したのは日本である。警察と言う言葉はPOLICEを意味するものとして漢字圏に広まり、現在でも台湾香港中国などで一般的に使われている。中文wikiの警察の項目[外部]によると、おっしょさんが書いた本に警察と言う言葉は出てきていたそうだが、現代的な意味での「警察」という言葉が生まれた背景明治維新となる。
話は前後するが、西南の役には警視隊が派遣された。当時の警察官は士族出身者が多く、田原坂の戦いでは剣術を巧みに使う西郷軍に対し、牙突を用いて対抗した。これが武士による最後の戦いであり、以後の日本の戦いは全て近代によるものとなった。

アメリカでは、保安官(County Sheriff)を補佐する的で作られていた市民自警団を体とし、警察が設置され始める。1838年にボストン警察が設置されたのを皮切りに、1844年にニューヨーク市警察が、1853年にロサンゼルス警察が、それぞれ設置されていった。これらの警察は19世紀から20世紀にかけて近代化・高度化されていった。また保安官の法権を代理し実務に従事する保安官助手(Deputy Sheriff)の運用に関しても、時代を経るにつれ警察と同様に洗練化されていくことになる。

フランスイタリアなどの国家憲兵隊は井における警察活動において、やはり近代警察としての性質を備えていくようになる。

そんな警察の近代化が進められていた1930年、ジーン・ハックマンが生まれた。


現代


現代においては世界各地で警察が整備されており、文民・武官問わず様々な組織が冒頭に述べた基本的任務を担っている。

日本においては内務GHQによりパーにされ、警察の民主化方針に基づいて国家地方警察と地方自治体警察(市町村警察)が設置された。だが如何せん戦後混乱期、いは治安は悪くなるはで上手くいかず、国家機関警察庁都道府県警察からなる現在の体制にまり今日まで続いている。

先進国は現代的な警察が整備されている一方で、発展途上国後進国における警察機先進国ほどには近代化されておらず、武装民兵に毛の生えたようなのが治安維持活動に従事していることもしくない。こういった地域において国連平和維持活動が行われる場合には、PKO文民警察による助言導が実施されることがある。各から集められた文民警察官が、現地の警察に仕事のやり方を教えてあげるというもの。日本カンボジア東ティモールなどに警察官を派遣したが、カンボジアにおいてはポル・ポトの攻撃を受けて殉職者を出している。


文民警察と武官警察(軍警察・憲兵)


警察と言えば文民だと日本人は思いがちだが、今まで述べたように武官の警察も数多組織されている。武官警察の代表は憲兵隊であるが、その憲兵隊も軍所管の範囲に法権が限定される野戦憲兵と、野戦憲兵に加えてお巡りさん仕事をしている国家憲兵に大別される。自衛隊の警務隊は野戦憲兵になる。
野戦憲兵は別にして、文民警察と国家憲兵のいずれを設置するか/しないかは各歴史社会発展の経緯によっている。フランスイタリアのように国家憲兵と文民警察の両方を設置している場合もある。日本戦前憲兵フランスを参考にしたので、井に対しても法執行権を有する国家憲兵であった。

内にあっては、これらの別はそれぞれ権の範囲内の事柄であり、どう区別をつけるかはその次第である。だが際的な治安維持活動等においては、武官と文民の違いは大きく影する。
武官警察はハーグ陸戦協定における交戦者の資格を有しているので、平和維持軍や多国籍軍による直接的な治安維持活動に従事する場合も多い。例えばコソボ自治州における治安維持活動では、国家憲兵隊からなる治安維持部隊が編成されている。ハーグ陸戦協定に基づかなくてはならない為、各憲兵隊は戦闘員として制服を着用し任務についており、各内で行うような刑事活動は展開先では行わない。私になり武器を隠匿した時点で、交戦者としての資格を失うからである。
一方で文民警察官は各権下でその権限を行使するものであるから、際貢献においては先述の様に助言や導を担っている。


警察官の階級


警察官も時に集団で治安維持にあたることから、遅くとも近代以降は階級が定められ、階級に応じた職責が与えられるのは世界共通である。但しによって運営手法が異なることから階級は各バラバラであり、いは同じでも設置体が異なる警察では階級制度が異なることもあり、一概に定まった序列較は出来ないのが恒である。

日本の階級
警視総監
警視監
警視長
警視正
警視
警部
警部補
巡査部長
巡査
(巡査長たる巡査

左に記したのは日本の警察官の階級である。都道府県の警察官採用試験で採用されたものは全員巡査から始まり、試験や実績に応じて階級が上がっていく。財務やサイバー犯罪などの特別捜官として採用されたものは、それまでの勤務経験に応じて階級が定められる。5年なら巡査部長とか、10年なら警部補とか。正確なのは忘れた。国家公務員採用試験を受け警察庁に採用されたものは、国家種では巡査部長国家Ⅰ種では警部補から始まる。警察法の定めにより、警視正以上の警察官は全員国家公務員となる。

巡査長は階級章は存在するものの、法律上は巡査長たる巡査となり、巡査の一種である。企業などにおける、なんだか良く分からない「主任」と同じようなものと言えるだろう。
なお警察内部においては階級とは別に役職も存在する。警察署の場合「巡査部長主任、警部補≒係長、警部≒課長」となっており、民間企業のそれと照らし合わせてもだいたい合ってるが、小規模県警察本部(鳥取県警察など)→大規模都道府県警察本部(警視庁大阪府警察など)→警察庁と所属する機関が上に上がると役職も上にズレていく。警察庁にもなると課長になるのは警視長クラスであり、課長とは言うものの民間企業で言えば会社役員かその一歩手前という程のお偉いさんが就く役職に相当することとなる。

英和辞書に載っている警察官の階級対訳は、この日本の警察官の階級制度に当てはめたものである。但し職責まで較した対訳ではないので、そこにズレが生じるのは止むを得ないところ。一例を挙げると、「刑事コロンボ」に関しては「コロンボの階級が警部と訳されているが、Lieutenantなので警部補が正しい」[外部]と言った旨のが見られるが、警部と言う訳も必ずしも間違いとは言えない。

まず、ロサンゼルス警察(LAPD)のLieutenant二階級に細分され、警部と訳されるCaptainは三階級に細分されている。いずれも数字が大きいほうが偉い。LAPDの所轄署長はCaptain IIIが多く、たまにCaptain IICaptain Iが見られる。ここを考えると、Captain日本の警察における警視正や警視に近い職責を負っていると言えるだろう。Lieutenantはその下にあって、警察署の各部門の責任者、つまり日本の所轄課長に近い。日本の所轄課長は警部であるから、Lieutenantを警部と訳すのが不適当とは言い切れないわけだ。ソースはここ見て[外部]

このようにコロンボの階級一つであれこれ薀蓄垂れることができるのだから、世界の警察の階級の翻訳較が難しいことがご理解いただけると思う。流石に巡査は迷わないけど。尚、軍隊でも似たような問題は抱えている。軍隊は多国籍軍で共同行動を取ることも多い事から、NATOでは共通の階級符号[外部]が使われている。リンク先にあるOF-1とかOF-2というのがそれであり、下士官以下はOR-○となっている。


警察が使う装備


でままみられる代表的な装備を挙げる


警察官の装備



車両など



次へ»
最終更新日: 19/08/10 10:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ