ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


谷保恵美


ヨミ: タニホエミ

4番…ライトサブローーーー↑↑↑↑

谷保恵美(たにほ えみ)は千葉ロッテマリーンズが誇るスタジアムアナウンサー(いわゆるウグイス嬢)である。


概要


1966年5月11日生まれ、北海道帯広市出身。 高校時代は帯広三条高校野球マネージャーを務め、札幌大学女子短期大学部に進学後も札幌大学野球部のマネージャーを務めた。

その後「野球にかかわる仕事がしたい!」との一心で就職活動を続け、1990年ロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)の人に応募し入社。当初は経理を担当していたが、 入社2年1991年より二軍本拠地・ロッテ浦和球場アナウンス業務を任され、同年8月9日日本ハムファイターズ戦(川崎球場)においてめでたく"一軍昇格"。1996年10月1日千葉ロッテ近鉄25回戦からは千葉ロッテ催一軍公式戦のウグイス嬢としての活動を1人で続けており、2018年5月18日千葉ロッテ福岡ソフトバンク5回戦では一軍公式1700試合アナウンス担当、さらに同年6月1日千葉ロッテ広島東洋1回戦では千葉ロッテ催一軍公式1500試合連続アナウンス担当の記録を打ち立てた(オープン戦ポストシーズンの試合を含めるとその"出場数"はもっと増える)。まさに場内アナウンス界の鉄人ともいうべき偉業である。

2005年9月22日に行われた初芝清引退試合では、40℃の高熱があったにも拘わらず"大事な試合を休むわけにはいかない"とフラフラの状態で出勤しアナウンスを担当。一部ファンの間では「同学年である初芝引退が悲しくて、この日の保さんのが涙ぐんでいた」と噂されているが、もしかしてが違って聞こえた本当の理由は体調不良…いや、やっぱり泣いていたということにしておこう。

明るく透き通る美声と長音が伸びるアナウンス彼女の特徴である。特にサブロー大村三郎)選手の名前を読み上げる際は、サブロー本人の希望もあってひときわ語尾を伸ばした「サブローーーー↑↑↑↑」という独特のアナウンスを行なっており、長らく千葉マリンスタジアムの名物となっていた。2016年9月25日に行われたサブロー引退試合では、史上最長となる約8の「サブローーーーーーーー↑↑↑↑↑↑↑↑↑コールで場内を沸かせた。

夢は千葉マリンスタジアムで「マリーンズ 優勝でございます」のアナウンスをすること。


関連動画



■sm9048480[ニコ動]

■sm7186789[ニコ動]
■sm6811904[ニコ動]
■sm31831729[ニコ動]
■sm28414526[ニコ動]
■sm18600502[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/08/30 22:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ