ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


谷崎潤一郎


ヨミ: タニザキジュンイチロウ
掲示板をミル!
20カキコ!

谷崎潤一郎とは、日本小説家である。

1886年(明治19年)7月30日生。1965年昭和40年7月30日没。


概要


明治末から昭和中期にかけてに活躍した小説家。1909年に『刺青』などによって文壇に現れる。当時は私小説全盛の時代であり、非私小説を発表していた崎の評価はそれ程高いものではなかったが、徐々に評価を高め、晩年にはノーベル文学賞補になるなど世界的な大作家となった。

耽美義的な作品から推理小説時代小説など幅広い分野の小説、戯曲などを発表し『春琴抄』をはじめ実験的な作品も多い。

また、関東大震災後は関西に住み、関西舞台とした小説を多数執筆した。


女性遍歴


マゾヒズム的忠を描いた『春琴抄』、自分の妻に相応しい女に育てあげようとした男が逆に少女によって破滅する『痴人の』など、倒錯的な恋愛を描いた崎だが、本人も奔放な性生活を送った。中でも、妻の恋愛関係になり、その事に悩んだ妻が相談相手である作家佐藤夫(崎の友人であった)と不倫関係に陥り、結局崎夫妻が離婚し妻と佐藤が再婚した事件は「細君譲渡事件」として巷を騒がせた。


関連動画



■sm16121792[ニコ動]


関連商品


■az4087466167


関連項目



最終更新日: 13/08/10 16:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ