ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


豪血寺一族


ヨミ: ゴウケツジイチゾク
掲示板をミル!
84カキコ!

豪血寺一族とは、アトラスノイズファクトリーが開発した対戦型格闘ゲームシリーズである。

ニコニコ動画上ではゲーム中に使われた曲「レッツゴー!陰陽師」が非常に有名だが、元ネタであるこのゲームそのものは一部の濃いユーザーにしか知られていない。2009年4月まで記事がなかったくらいだ。ちきしょう。


概要


初代「豪血寺一族」は1993年アーケードゲームとして発売され、2012年までに7作品のシリーズが作られている。後にアトラスアーケードゲーム開発が縮小したこともあって、4作の「GROOVE ON FIGHT」から5作「新・豪血寺一族 闘婚 -Matrimelee-」まで非常に長い期間が開いている。「新豪血寺一族」以降は、「レイジオブドラゴンズ」の制作で知られるノイズファクトリーが開発を担当している。

レッツゴー!陰陽師」がブレイクするまでは知る人ぞ知る、隠れた名(迷)作である。

玉石混淆の格闘ゲームブーム明期に登場した作品でありながらも、世界観がぶっ飛んでいたのが非常に印的である。「ほぼ全員血縁者」「70ババア主人公」など、個性的な設定が目白押しであった。

単なるイロモノゲーでは終わらなく、全員が2段ジャンプダッシュ攻撃、通常技をどこでも必殺技キャンセルができるなど、当時の格闘ゲームとしては新なシステムを多く導入している。特にキャラ変身キャラクターチェンジ)が有名で、ババァが相手に吸いついて、生気を奪い乙女変身する技は豪血寺を代表する技である。システムによる高い機動を発揮するためにステージも広く、特に格闘ゲームとしては初めて縦方向に広さを持たせたゲームであった。

シリーズ通して作曲でんちゅう田中敬一)が担当している。ちなみに、ババア変身時に吸い付く音は、自らの腕を吸い付いて作成した渾身のSEである。

また、有名な「陰陽師」に代表されるように、ほとんどのステージに歌入りのBGMが入っている(2作から)。昔は容量の大きい歌入りBGMを入れることはかなりの労作であり、実際豪血寺一族2では、音楽に割り当てられている容量のうち、半分を音PCMに割いているほどである。

ステージも広めに作られていて、横2画面×縦2画面で構成されている。そういったこともあってか、やたらと高く跳びあがる対技がいっぱいあり、クセの強い必殺技が多い。


システム


4ボタン制で、Aが小パンチ、Bが小キック、Cが大パンチ、Dが大キックに割り振られている。シリーズによって、同時押しで「ごっつい攻撃(ふっとばし攻撃)」や「黒子呼び(として使える)」なども使える。

初代から全キャラとも2段ジャンプダッシュができるので、攻め込むにもジャンプダッシュの両方を混ぜることができる。特にダッシュ攻撃での性変化は通常技だけでなく、必殺技ダッシュから出すと性が変化するシリーズもある(闘婚など)。

一発義(超必殺技)は2から導入された。当時の流であった体ゲージ依存ではなく、画面下のゲージを溜めてから放つ方式であった。このゲージサムライスピリッツの怒りゲージと似たようなもので、自分が攻撃を食らったときにしか増えない仕様であり、1試合中に何度も撃てるものではなかった。後の作品では他にも溜める手段ができたが、それでも他のゲームべると溜まりにくいほうである。ゲージが1本満タンになると、怒り爆発エフェクト(発動中無敵、攻撃判定あり)が発生する。攻め込まれている時にこれで返せることもあるが、発動で動けない隙を狙って起き攻めを仕掛けられることも。

変身」は一部のキャラが使用可で、シリーズによって使えるキャラが大きく異なる。使用条件もキャラによって違い、お種・おなどは通常投げから、小路クララ必殺技飛び道具から変身するなど多岐にわたる。多くは時間経過で解除されるが、孤院干滋はラウンド開始時に変身超必殺技を使うと変身が解けるといった特殊な変身をする。


豪血寺一族の由来、成り立ち


江戸時代の名だたる剣豪であり、類の女好きであった野十兵の隠し子、新十郎が開祖である。
ある時、武者修行先で、一人のしくもに落ち、新十郎をけるが再び修行に出てしまう。野という姓こそ名乗れぬ子であったが、 雄々しく成長する新十郎に、父親「十兵衛」のことを聞かせ、”世に名高き剣豪の血が自分にも流れている”ということを何よりも誇りとして生きていくようになる。

も他界し、も世を去ったとの便りに聞いた後、新十郎に突如縁談が舞い込んでくる。 相手は「お菊」という、とある剣豪の血筋を持つであり、二人は祝言をあげ、八人の子宝に恵まれた。
そして時が過ぎ、全ての人に名字を持つことが許される明治の世となる。この時新十郎69歳であったが、いまだにのことを誇りに生きている新十郎は、 「が一族は、剣豪の血筋を受け継ぐ一族也」との意義を込めた名字を考えた……。すなわちこれこそが豪血寺という苗字の由来である。

豪血寺の文字が表すとおり、訓の髄はと血筋を賛美することにあり、その血筋が弱者に継承されることを忌み嫌い、 新十郎の残した姓と訓は更に強い血筋が受け継がれていくことを託したものであった。

『弱き者、豪血寺の名をるべからず』

子宝に恵まれた新十郎の子孫たちは、姓と訓通りに、強き血筋を内外までに広げていった。

こうして大正の世が終わり、時代は昭和を迎えようとした時、豪血寺三代目であったお志摩が掘り当てた埋蔵金と油田ので、豪血寺世界有数の大財閥のひとつにまでなっていった。 この結果、私利私欲のためだけに頭の座を狙う者が増えていき、業を煮やしたお志摩は一族全てに対して通達した。

「この度、豪血寺催の格闘技大会を挙行することに決定した。 この大会で優勝した者には、豪血寺の座をその日から五年間与えるものとする。 また、その期間が終了すると同時に、再び頭の座を賭けて格闘技大会を行うこととする。」

血を血で洗う頭の座を獲得するための格闘技大会が始まったのである。


シリーズの歴史


アーケード版作品を中心に解説。


次へ»
最終更新日: 19/12/28 13:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ