ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


豪風


ヨミ: タケカゼ
掲示板をミル!
5カキコ!

豪風 (たけかぜ あきら)は、尾部屋所属の現役大相撲力士である。


概要


1979年6月21日生まれ、秋田県秋田吉町(現・北秋田)出身。本名は成田 (なりた あきら)。最終学歴中央大学法学部政治学科卒業大学4年で学生横綱タイトルを獲得。身長171cmと上背はあまりいが、それによって重心が下がっていることをうまく利用した押し相撲は魅的。常にトレーニングを欠かすことがく、自身の相撲進化させるために日研究を重ねている。

既に幕内在位は60場所を突破し(60場所達成に伴い、引退後に「押尾部屋」を創設する権利を得ている)、35歳という年齢からはベテランの域に到達していることは明であるが、35歳1ヶでの初金星(対日馬富士戦)、同2ヶでの史上最高齢新関脇というスロー記録を複数達成する快挙を達成しており、40歳を幕内で迎えるのも夢ではなさそうだ。

趣味サイクリング焼肉はほとんど生の状態で食すという。「豪風がんばるぞ!」という公式ブログを頻繁に更新しており、自身の家族や私生活についても度々触れられている。2006年結婚現在は2人の子供がいる父親である。


来歴


相撲を始めたのは金足農業高校入学後から。高校相撲部で相撲の基礎を学んで中央大学に進学すると、4年で学生横綱タイトルを獲得し、幕下15枚付出の資格を得た。身長171cmと小柄であるため本来であれば新子検に通らないところであるが、幕下付出入門ということで体格は不問とされた。

2002年5月場所で初土俵。プロ初取組の相手は安(後の横綱日馬富士)であったがこれに勝利、幕下は2場所で通過して同年9月場所で新十両昇進。師匠からは「岩」という四股名も提案されたが「豪風」を選び、現在に至る。2003年3月場所で新入幕を果たすも右足の負傷で途中休場し、十両に陥落。2005年1月場所も病気で全休するなど一進一退を繰り返した時期もあったが、2005年5月場所以降は幕内に10年以上の長きにって定着。2006年3月場所で初の上位総当りとなり、2大関を撃破している。2008年3月場所で小結を1場所経験。以降は幕内中位から下位で勝ち越してたまに上位で取る番付となった。

転機を迎えたのは2014年1月場所の途中で元関脇琴錦中村親方が佐渡ヶ嶽部屋から移籍(親方は自由に部屋を移籍できる)。理論でありテレビ相撲解説も的確でわかりやすい中村親方からも導を受けることになり、同部屋の嘉風と共に覚醒7月場所は嘉風と共に「尾」と呼ばれる大活躍で、9日横綱日馬富士から初金星。この場所4日嘉風日馬富士戦で達成した史上最年長初金星の記録をわずか5日で塗り替えた。この場所は結局9勝6敗の勝ち越しで、翌場所は史上最高齢で新関脇に昇進。14日まで7勝7敗であったが、千秋楽にこの場所新大関豪栄道との7勝7敗対決に敗れて惜しくも負け越した。
柔道の経験を生かし、一本背負いという相撲では大変しい決まり手を三度十両一度、幕内二度)決めており、特に幕内で二度決めた力士2017年現在豪風ただ一人である。


超会議場所トーナメント戦の成績


ニコニコ超会議で行われた大相撲巡業のワンデイトーナメント大会の結果をここに記す。


大相撲超会議場所


ニコニコ超会議3で開催された。当時の番付は西前頭6枚2014年3月場所)。3回戦嘉風との同部屋対決となった。

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 シード
2回戦 引き落とし 西大関 琴奨菊
3回戦 押し出し 前頭4枚 嘉風
準々決勝 送り出し 前頭筆頭 遠藤
準決勝 寄り切り 西横綱 日馬富士
決勝

大相撲超会議場所2015


ニコニコ超会議2015で開催された。当時の番付は東前頭4枚2015年3月場所)。2日にはリアルSUMOUに登場したが、豊ノ島に上手投げで敗れた際に全身のというを粉砕されてしまった。その後GYOUJIによっては修復されたが、その影が残ってしまったのか、直後のトーナメント戦では1回戦負けとなった。

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 寄り切り 前頭14枚 佐田の富士
2回戦
準々決勝
準決勝
決勝

関連動画



■sm13275736[ニコ動]

■sm7855116[ニコ動]
■sm23421492[ニコ動]


関連商品


■az4764106736
■az4583107897
■azB00SB0ORE6


関連生放送


lv191096682 lv217135797


関連チャンネル


■ch1194


関連項目



最終更新日: 17/03/07 03:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ