ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


負けたらギャグ要員


ヨミ: マケタラギャグヨウイン
掲示板をミル!
173カキコ!

負けたらギャグ要員とは、マンガ/アニメ蒼き鋼のアルペジオ」において、敵となる霧の艦隊側のメンタルモデルの多くが(というか、アニメ第7話の段階ではいもって)イ401敗北人間と関わったあと思考に乱れが生じる事をす。

現在では汎用タグとして他のアニメ関連でも利用されている。

類似異義:負けたら鬱要員


概要・概歴(ネタバレ注意)


まずアニメ第2話にいてイ401と戦った重巡洋艦タカオは、当初、自信満々かつ人間を見下ろす態度で戦闘に臨んでいた。しかし共同作戦を展開していたロ501が撃破され、自らも武装ロックされるという苦杯を喫したタカオは、イ401の艦長である千早群像と対面。途端にデレまくって自分も艦長が欲しいと言い出し人間を乗艦させる事によって今までにい戦術を駆使出来る事に興味を持ち始め、イ400/イ402の警告も視して単身イ401の基地である硫黄島に向かうという「おしかけ女房」的な行動を採り始める。いわゆる従順タカオの誕生である。

もっとも、そう揶揄したヒュウガ自身、タカオより先にイ401に敗退。鹵獲されて重力まで奪われ、それ以後はアブない趣味覚醒してイオナをおさまと呼びつつベタベタまとわりつくイオナに仕えるという状態になっている。

続いて第4話でイ401対決した大戦艦キリシマハルナも敗退。さらに両者は、艦体を構成するナノマテリアルのほとんどを消失ハルナはかろうじてメンタルモデルを維持できたものの、キリシマユニオンコアしか残らず、さらに両者とも敗北時の爆発で陸地まで吹き飛ばされ、刑部絵に拾われる事となった。ハルナフリーダム絵(ただしこの見解には異論も存在するらしい)に翻弄されてイジラレキャラと化し、キリシマに至っては、ハルナから分けてもらった僅かなナノマテリアルピンク色クマのヌイグルミを動かすのが精一杯という姿となり果て、シリアスな言動のままであるにも関わらず、その姿によって全てがギャグになってしまうというこれ以上いほどおいしい状態に陥った。

こうした一連の変化によってコンゴウは次第にイラダチを見せつつ、何故人間と関った艦は思考の乱れが生じるのかを深刻に悩んでいる…というのが第7話までの経緯である。なお、アニメの中で他にメンタルモデルを持つ艦船は、マヤ及び諜報活動に従事しているイ400/イ402の3者だが、マヤは当初戦うまでもなく初めからギャグ要員と評されていた。しかし実はそうではなく、問題が別にある事が10話の終盤で判明する。

ちなみに、現在も連載が続いている原作マンガにおいては、負ける以前からギャグ要員となっているメンタルモデルも多い。


負けたらギャグ要員の持つ意味


戦争を含む戦闘とは多分にして敗者・犠牲者を伴うものである。負ければ死亡し二度と登場しない、または敗北者として命を含む数多の失ってはならないものを失う。それが一般的な現実における戦闘戦争のおおよその史実である。

蒼き鋼のアルペジオ」はと人類の戦闘メイン物語である。

故に本来であれば殺し殺され殺伐とした世界になってもなんら不思議はないのであるが原作者、アニメ製作ともにそれを由としなかったのである。その結果発生したのが負けたらギャグ要員、つまり殺伐としながらも登場人物らに較的優しい特有の世界なのである。なお、この作技法自体は古くから存在するものでもある。


関連動画



■sm22214362[ニコ動]

■sm22332572[ニコ動]
■sm22334316[ニコ動]
■sm22359103[ニコ動]
■sm22382562[ニコ動]


公式チャンネル


■channel


関連静画


■im3667567(静画)


関連項目



最終更新日: 20/06/14 14:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ