ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


責任払い


ヨミ: セキニンバライ
掲示板をミル!
5カキコ!

責任払いとは、麻雀のルールの一つであり、として役満を確定させた者に対する罰則である。包則(パオ)と呼ばれることもある。

また、他にも大明槓など役満以外に対して適用される責任払いも存在する。


概要


基本的には副露が認められる役が和了された際に、その役を確定させたプレイヤーが通常の和了とは異なるルールで点数を支払うルールのことである。ただし、前述のように全ての役に採用されるわけではなく、一般ルールでは採用されるのは一部の役満に対してのみである。

通常、和了した場合はロンならば、放者の一人払い、ツモならば、残る三人により分担して点数を支払うことになるのだが、責任払いが適用された場合は、ロンならば放者と役を確定させたプレイヤーで折半(放者と役を確定させたプレイヤーが同一の場合は通常通りの支払い)、ツモならば役を確定させたプレイヤーが一人で支払う(ロン相当)ことになる。

として採用されている役満大三元大四喜四槓子の3つであるが、四槓子については大三元大四喜較して、有効自明ではないことから責任払いを適用しない場合もある。
大三元の場合は白[画像を見る][画像を見る]の内2つをポンまたはカン(明)しているプレイヤーに対して残る1種類を捨ててポンカン)された場合、大四喜の場合は[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る]の内3つをポンまたはカン(明)しているプレイヤーに対して残る1種類を捨ててポンカン)されるとそのプレイヤーの責任払いが確定する。

四槓子の場合も同じように3つの子をしているプレイヤーに対して残る1種類を捨てて大明槓された場合確定する(古いルールであるが、四槓子頭を完成する必要がないルールであれば大明槓された時点でほぼ責任払いが確定し、役満の責任払いとなる。ほぼ、というのはこの場合でも打した際にロンが入れば四槓子不成立となるためである)。

字一色清老頭緑一色などのように4副露すると役満の可性がかなり高くなるような役満も存在するが、これらは4副露した時点でも役満であるかどうかが確定的ではないため、一般的なルールでは責任払いは適用されない。ただし、ローカルルールとして字一色清老頭緑一色も責任払いと認める場合はそちらが優先される。

余談だが、責任払いした役以外の役が複合した場合、そちらの役については責任払いの対外となる。
例えば、東大四喜(南の責任払い)と字一色ダブル役満ツモ和了した場合の支払いは大四喜48000点分は南が負担し、字一色48000点分は南、西、北で三等分される。よって、南64000点、西、北16000点ずつの支払いとなる。

また、ローカル役ではあるが、四連刻一色四順などに対しても責任払いが適用される場合がある。

尚、責任払いは当該役満確定者が和了できなかった場合には何の制約も受けない。例えば大四喜を確定させたプレイヤーがいたとしても、そのプレイヤーいは別のプレイヤーが和了した場合には何の支払いも生じない。


大明槓の責任払い


大明槓された際に嶺上開花の場合、そのツモ和了の点数を大明槓されたプレイヤーが全て支払うというルールがあり、これを大明槓の責任払いと呼ぶ。

こちらの場合は役満の責任払いと異なり、複合する役については全て支払うことになり、大明槓役満嶺上開花であれば役満の支払いである

この場合、振聴であったとしても、特定の相手1人からロン相当の点数を享受することが可となる。また、大明槓した後に暗や加小明)をして嶺上開花ツモった場合も大明槓の責任払いが適用されるルールもある。

ただし、役満の責任払いとべると採用されているケースはかなり稀であるため、要注意である。


歴史


本来中国麻雀では日本麻雀と違い、放者が一人で支払うというルールは存在せず、ロンであっても他の2人と一緒に支払うことになる。

しかしながらそれを利用して、コンビ打ちなどで役満を確定させ、残る2人からも点数をせしめるという不正行為が行われるようになり、また役満という高い点数を確定させた(下手な)プレイヤーのために自分たちまで不利を被りたくない、という考え方もあり、責任払いというルールが生まれたとされている(日本の言い方をすれば「なんで、下手な役満を確定させたのにたちまで払わなければいけないんだ!?」ということである)。

大明槓の責任払いは日本で生まれたと言われる。こちらも「大明槓させたが悪いんだからお前が払え!」というような感じである。


関連動画



■sm21310018[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 14/06/13 08:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ