ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


賭け麻雀


ヨミ: カケマージャン
掲示板をミル!
126カキコ!

賭け麻雀とは、銭などを賭けて行われる麻雀のことである。


はじめに


日本法律では賭け麻雀は銭の多寡に関わらず、刑法で定められた「賭博及び富くじに関する罪」によって罰せられる。基本的に額の大小は明示されていないため、1円だろうと処罰対といえる。

あくまでここでは賭け麻雀の解説を行うが、賭け麻雀をしてもよい、ということではないため予め留意願いたい。


概要


麻雀というのは点数が和(全員の点数の合計が終始一貫して変動しないこと)であることや、運の要素も強いこともあり、賭け事に用いられることが多いゲームである。賭けの対となるのは銭などの場合が多いが、これは前述の通り麻雀ゲームであり、点数の増減をそのまま銭のやりとりに用いやすいためである。

フリー雀荘で行われることも多いが、これは実際には犯罪であるため、摘発されれば客の立場であろうと捕まる可性はある。もっとも、現状はテンピン(後述)のレートくらいであれば黙認されているのが現状といえる。

このことからも分かるようにフリー雀荘では漫画などでよくあるようなバカ高いレートはほぼあり得ないため、高レートの賭け麻雀は人に付かないようなマンションの一室などで行われることが多く、こちらについては数十万や数万等のお金が動くようなレートになることもある。

賭け麻雀が行われる場合には大体は1000点につきいくらというレートを決め、終局時のスコアウマやオカを加えたものを最終のスコアとして銭のやりとりをすることが多い。この時1000点未満の点数は五捨六入(500点未満は切り捨てて600点以上は切り上げる)される。また、役満の和了やチップを採用していれば、それらによる祝儀も踏まえた銭の支払いが行われる。

漫画などでは賭け麻雀で生計を立てているような人物が登場することがあるが、実際にはこの銭のやりとりに加えて場代、即ちプレイを店に支払う必要があることは言うまでもない。前述の通りフリー雀荘ではそれほど高いレートにならないため、銭のやりとりよりも場代の方が高くなることも十分考えられる。例として1回の対局で場代が1人あたり250円でテンイチルールで+301位だった場合には300円受け取れるが、場代が250円なので実質の得は50円である。

なお、このようなレートは(賭博行為が違反であることから)直接表示されていることは少なく婉曲的な書かれ方がされている場合が多い。もし、レートが不明である場合はしっかりと確認をした方があとあとトラブルに巻き込まれずに済む。

最初に述べたとおり、銭がではあるが、仲間内でプレイするにあたって何かを賭けて麻雀をするということがあるかも知れないが一般的に賭ける対品に相当すれば賭博罪の適用がある。

しかしながら、負けたら罰ゲーム銭的な損失を伴わない)であるとか、俗に言う脱衣麻雀などは賭博行為にはならない(後者は、脱衣行為などを本人の意思に反して行えば別の罪になる)。事実ピクシブでは麻雀の敗者が勝者の呈示するお題に沿った「描け麻雀」なるものが行われているようである(絵については美術的な価値があるような絵であれば話は別だが、そうでなければ品に含まれない)。


レートの一例


例えばだが、リャンピンのルールで親の役満に放するとウマやオカを考えなくても-48000点であるから事実9600円相当の放になることになる。


ゲームにおける賭け麻雀


オンラインゲームなどを中心とした麻雀ゲームでは直接的にお金を賭けられるものは基本的にはないはずであるが、オンラインゲーム独自のゲーム内マネーを用意しており、それをスコアに応じてやりとりをするといったシステムが用意されているケースはある。

例えばハンゲーム麻雀4であればゲーム内専用のお金が存在し、レートを選んだ上で対局し、対局終了時には場代を含めてお金がやりとりされる。但し、くなった場合には1日1回に限り補充が可となっている。

これらは実際の銭のやりとりをしているわけではない(稼いだゲーム内マネーを現に変換する手段がい)ため、賭博罪になることはない。ゲームセンターメダルゲームカジノとは扱われないのと同様である。


関連商品


■az4812482356


関連項目



最終更新日: 20/05/23 11:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ