ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


赤井沙希


ヨミ: アカイサキ
掲示板をミル!
3カキコ!

赤井沙希とは、オスカープロモーションに所属している日本モデルタレント女優グラビアアイドル女子プロレスラーである。ニコ動内ではグラビアアイドルとしての動画女子プロレスラーとしての動画が多い。
また、この項では一部で関連性が摘されている東京女子プロレスに参戦している『赤宮サキ』についても記述する。


概要


1987年1月24日に元プロボクサーで現在俳優タレントボクシング導者として活躍しているの井英和のとして生まれる。しかし両親は幼少の際に離婚、本人は母親に引き取られた為に以降井英和との親交は皆無だったという。(ただし本名は引き続き「井」とのこと。)

デビューのきっかけは京都四条大宮スカウトされたこと。それからしばらくは関西で活動していたが、事務所の勧めで上2004年から写真集やイメージDVDを発売しグラビアアイドルとして活動を開始し、2006年には旭化成キャンペーンガールに選出される。2009年にはK-1グランプリのイメージガールも勤めた。
また、タレントとしても2007年ごろから活動を開始。2008年にはクイズ!ヘキサゴンⅡに出演してレギュラー羞恥心Pabomisonoテストで負けるなどとんでもないおバカっぷりを披露してお茶の間にその名をかせる。
2008年からは女優としての活動も開始。まいっちんぐマチコ先生やとめはねっ!の実写版に出演を果たす。2011年にはTBSで放映された女子プロレス舞台にしたTVドラマ「マッスルガール!」に出演。ちなみにこの時歌ったラップ黒歴史であるようである。

2016年にはセガTVゲーム龍が如く6 命の。」の出演者オーディションに参加。人気投票の結果、ぶっちぎりの1位で合格。ゲーム内においてキャバクラ嬢として出演することとなった。

趣味妄想デートであり、学生時代から様々な芸人と内でデートを重ねてそれを事細かに記録している。これを見た千原ジュニアは「書籍化されてもおかしくない。」と絶賛した。また、料理も得意なようで自作料理を度々ツイッターアップしている。


女子プロレスラー・赤井沙希


ボクサーであり、母親ボクシングジムトレーナーという血筋であり、以前から格闘技好きということは言していた。前述のK-1イメージガールに選出された際には石井和義館長直々にデビューを進められたが、「絶対父親べられる。」としてデビューは断った。しかし、この時既にトレーニングとしてボクシングは始めていた。
また、こちらも前述のマッスルガール!は女子プロレス団体の全面協で作成された作品であり、JWP女子プロレスと共に協していたアイスリボンリングで役名の「ビッグデビル」として志田光と組み藤本つかさ琴組とエキシビジョンマッチとして対戦したが、この時も「ファンとしてプロレスに関わっていきたい。」として本格的なデビューには否定的であった。

しかしとうとう2013年に行われたDDTプロレスリング年間最大のビッグマッチである両国ピーターパンにおいてプロレスデビューをすることが発表された。
この年の両国ピーターパンは2DAYSであったが、初日のコラボレーションデーではDRESS CAMPとのコラボレーションとしてファッションモデルとしてモデルボクサーの後藤あゆみと共に登場。そして2日マサ高梨チェリーと組み、福田洋志田光・世虎組と対戦。入場曲はグウェン・ステファニーの「What you waiting for?」。パートナーマサ高梨福田洋勝利して大きな話題となった。
この年は他に2試合を行い、いずれもパートナー勝利した。年末に発表された東京スポーツ認定プロレス大賞において女子プロレス部門のMVPにノミネートされた。結果はセンダイガールプロレスリングの里村明衣子が受賞し本人は次点で受賞を逃したのだが、わずか年間で3試合しか行っていない上にまだ直接的な勝利すら挙げていない選手がノミネートされて次点まで行ってしまうほど今の女子プロレス界は人材不足なのかと業界、ならびファンに大きな衝撃を与えた。(当然本人は何も悪くはないのだが。)

2014年にはレスラーとしての活動を本格的に開始。これまで1~2ヶに1試合だった試合のペースが急増していく。
1月には大石真翔と組んで大鷲透・世虎と対戦するが、世虎に3カウントを取られて初4月には東京女子プロレスに初参戦。これまでの歓迎ムードから一変しての外敵扱いを受けることになったが、坂崎ユカ相手に初勝利を上げる。
5月にはユニオンプロレスに初参戦。レディビアードタッグを組み、男色ディーノチェリー組に勝利。この頃からDDT内でも特殊な色が濃い男色ディーノ中澤マイケルDJニラと言ったレスラーとの試合が増えていくが、男色ディーノの男色技、中澤マイケル変態行為、DJニラ哲学的な試合にも対応して徐々に評価を高めていく。
8月のこの年の両国ピーターパンでは大石真翔レディビアードとの「カワイイコネクション」を結成してアジャコングアントーニオ本多福田洋組と対戦。試合には勝ったが、この試合が後に続くアジャコングとの抗争のきっかけになる。
10月にはDDTドラマチック総選挙において初エントリーで6位に入り選抜入りを果たし、選抜行に出場を果たした。そしてこのにはマッスル坂井監督映画プロレスキャノンボール2014』ではチーム酒呑童子エビスコ場にシフトが入って参加できなかったKUDOの代理として一部参加。翌に大船渡で行われたチャリティー行にも出場した。
そして12月には世虎の名を受ける形で初のDDT系列以外の団体となるスターダムに参戦し、ワールドオブスターダム王者に挑戦。健闘を見せるものの、敗北した。
そしてこの年の東スポプロレス大賞においては新人賞にノミネートされ、審員票21票の内13票を集めて女子レスラーとして史上初の新人賞にいた。

2015年には1月ヨシヒコ勝利し、自身初のベルトとなるアイアンマンヘビーメタル級王座く。が、この年のDDTさいたまスーパーアリーナ大会に出場したかったのにオファーがかったアジャ・コングが「ベルトがあればさいたまスーパーアリーナ大会のリングに立てる。」と考えた為に赤井沙希を試合後に急襲。あっという間に王座から転落してしまう。
そのさいたまスーパーアリーナ大会ではアイアンマンヘビーメタル級王座争奪ロイヤルランブルに参戦。試合中には一時王者となるものの、結局はアジャ・コングに返り討ちに王座を奪い返された。
2月には東京女子プロレスにおいて、同じくフリー参戦していた声優レスラー清水愛とのシングルマッチをきっかけに「東京女子プロレスの低い美意識を叩き直す。」としてユニット「美威獅軍」を2人で(後にKANNAも途中参加)結成。東京女子プロレス限定で入場曲は鈴木子の『薔薇は美しく散る』に、コスチュームを基調とした物にそれぞれ変更。以降東京女子プロレスではギミック色の強い戦いを披露することになる。(パートナー清水愛は「DDTの赤井沙希さんと美威獅軍の沙希様は別と考えている。」との発言もあった。)
これ以降東京女子プロレスでは「正規軍vs美威獅軍」の戦いが団体の軸となり、提供試合を行ったニコニコ超会議2015でのプロレスリングでも正規軍vs美威獅軍の試合が行われた。
この年の両国ピーターパンでは天龍源一郎引退ロード第16戦として高木三四郎、そして引退間際となった天龍源一郎タッグを組み、竹下幸之介樋口和貞・そして女子プロレス界の横綱と称される里村明衣子と対戦した。
9月にはこの年の東京女子プロレストーナメント戦「東京プリンセスカップ」で優勝した中島翔子井は「既に十分プリンセス」との理由でトーナメント戦には不参加)とのシングルマッチで東女初の敗戦。すると翌の東女の試合で勝利すると「もう私がいなくても大丈夫。私は普通パリジェンヌに戻りますわ。」と、東女からの撤退を表明。以降は入れ替わるように「赤宮サキ」が参戦するようになる。
12月にはまたもアイアンマンヘビーメタル級王座く。

2016年には新年1回行での試合後にLiLiCoの急襲を受け、アイアンマンヘビーメタル級王座から陥落。これを受けて3月の両大会では「カワイイコネクション」でLiLiCo梅田太、渡瀬瑞基組に挑むものの、大石LiLiCo固めにタップアウトして敗戦。それでも試合終了後にLiLiCoを丸め込んでアイアンマンヘビーメタル級王座を奪いに行くものの失敗。が、このしつこさにキレたLiLiCoは翌後楽園ホール大会での再戦を宣言した。
4月には清水愛東京女子プロレス卒業を受けて昨年10月以来の東女にサプライズ参戦。大会のメインイベント終了後のボーナストラック清水愛KANNAとのタッグ清水愛に美威獅軍再結成をプレゼントした。
そして同DDTの大会ではLiLiCoスリーパーホールドで締め落として勝利LiLiCoとの因縁にけりをつけると共にアイアンマンヘビーメタル級王座に返り咲いた。
しかし翌5月にはジョーイライアン敗北王座陥落。その後のジョーイライアンに伴うアメリカでのカオスアイアンマンヘビーメタル級王座の移動劇のきっかけを作ってしまった。
6月にはDDT福山大会に来場。試合はなしでサイン会のみ行う予定だったが、オープニングコールに呼びこまれた際に男色ディーノスーパー・ササダンゴ・マシン乱入。そのままこの二人により「スーパー・ササダンゴ・マシン子」改造されて試合を行った。
7月にはOZアカデミーに初参戦。団体のトップである尾崎から直々にヒールユニット「正寄軍」への加入を勧誘される。
9月にはKANNAのプロレス卒業にを受けて東京女子プロレスに再び参戦。再び美威獅軍を再結成してKANNAの卒業マッチ勝利アシストした。

赤宮サキ

入場曲は吉沢絵の「なぜ?の

2015年10月12日行で井沙希が東女からの撤退を表明した直後に現れたのスケバンレスラー。丈の長いスカートセーラー服鉄仮面の外見。ヨーヨーを持ち土佐弁を話すという特徴がある。そして「何の因果か高木の手先」と言う発言から高木三四郎社長の手先とも考えられていたが、翌11月横浜大会で素性が明かされた。高木三四郎社長によってっ二つに割られた仮面の下の素顔は井沙希にそっくりであったが、の他人であるとのこと。そして彼女は東女の乗っ取りをたくらむ「流山の老人」から東女を守る為に高木三四郎が送り込んだレスラーであったことが明かされた。
しかし2016年1月4日後楽園ホール大会で界入りしたポイズンミウラに敗れると、この試合の特別リングアナを勤めていた田中ケロリングアナの仲介で長井満也氏の下で修行に入ることとなった。が、長井氏はかつては井満也として界入りしていた人物であり、1回も修行も行わないまま裏切られてしまった。それでも自身の界入りと界軍の東女撤退を賭けた直接対決で連勝すると、界軍は東女撤退を表明。すると自身も「高知に帰って普通のスケバン高校生に戻る。」として東女からの撤退を表明した。


エピソード等



次へ»
最終更新日: 16/09/22 22:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ