ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


赤松満祐


ヨミ: アカマツミツスケ

赤松満祐1381~1441)とは、室町時代に活躍した武将である。


概要


赤松義則の息子。兵部少、大大夫、左京大夫。播磨・備前・美作守護

1427年にを引き継ぎ赤松氏惣領職を継ぐ。ところが将軍足利義持は播磨を召し上げ、近臣である赤松持貞にこれを与えようとする。赤松満祐はこの撤回をめるが拒否され、屋敷を焼き播磨に下向した。結局義持は理由をつけて持貞を殺し、畠山の仲介によって両者は和解することとなった。

1428年に足利義持が亡くなり、足利義教将軍になると、赤松満祐は所所を拝任し正長の土一や播磨人の一の対応にあたった。しかし、足利義教が近臣である赤松貞村に播磨・美作の守護職を与えようとしている、という聞が立つ。さらに、実際に満である赤松が所領を没収され、近臣の貞村と細川持賢に与えられる、という事件が発生する。また、同じく守護である一色義貫土岐持頼らが義教の命で討たれ、満危機感をつのらせていった。

そして1441年ついに、嫡男赤松教康らと謀って足利義教を暗殺。嘉吉の乱である。播磨に下向したが、細川成之、山名持豊らの軍勢に攻められて自害した。


関連商品


■az4623064751


関連項目



最終更新日: 18/07/29 07:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ