ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


超サイヤ人


ヨミ: スーパーサイヤジン
掲示板をミル!
3073カキコ!

超サイヤ人とは、鳥山明原作漫画ドラゴンボール』などおよびそのアニメ劇場版などに登場する孫悟空ベジータなどの戦闘民族サイヤ人が、戦闘力上昇のために変身した状態。

」は「スーパー」と読み、「スーパーサイヤ人」とも表記されることもある。
しかし、「超サイヤ人」の表記が正式とされていたものの、最近では「スーパーサイヤ人」と表記されることも多い。
アニメでは、フリーザが「“ちょう”サイヤ人」と言ったこともある。)

略記として「SS」や「SSJ」と表記されることもある。
これは、英語で「Super Saiyan」、「Super Saiyajin」と表記されるためである。
なお、超サイヤ人ゴッドは「SSG」と略記されることが多い。


概要 


ある一定の条件を満たすと、超サイヤ人に変身できるようになるが、条件は個人によって様々である。
変身といっても、満月を見て変身する時の様に体格が極端に大きくなったりのようになったりするわけではなく、超サイヤ人ゴッドおよび超サイヤ人4以外では、髪の毛が逆立って金髪眼、また色(超サイヤ人3でははない)、そしての気をうのが特徴である。
変身時の戦闘力は通常時とべて格段に上昇し、約50倍に跳ね上がる。

「オラの悟飯ちゃんが不良になっちまっただ!」

サイヤ人地球人の混血は、純血サイヤ人よりかなりの潜在を持っていることをナッパは「スーパーサイヤ人」と呼んでいたこともあり、アニメサブタイトルではその意味で使われていたこともあった。

1000年に1度現れると言われていたが、最近では多くのサイヤ人が超サイヤ人になっている。
「まるで、超サイヤ人のバーゲンセールだな。」



擬似超サイヤ人


超サイヤ人に全に覚醒しきっていない状態。
大全集では劇場版ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』でスラッグ戦において変身したもの。

を逆立て(気ので上にたなびいている感じ)、の気をい、戦闘力が大幅に上がるところこそ超サイヤ人と同じであるが、金髪にならず白目をむき、超サイヤ人とは対照的に理性は失われる。
また、この変身を長時間保つことはできない。

なお、『Z』でもあの世武道会編で悟空変身しているが、この時点では自由に超サイヤ人になれているので、どうしてその変身をしたのかは不明である。
これについては、悟空パイクーハンに実を隠すためという説もあるが、次回予告では超サイヤ人だったため、単なる作画ミスとも考えられる。

現在ほぼ見かけないレア形態である。

変身した登場人物


超サイヤ人1(超サイヤ人)


最初の段階である「超サイヤ人1」には4つの段階がある。
超サイヤ人2、超サイヤ人3が登場する前は、この状態をして単に「超サイヤ人」と呼ばれていた。
また、それ以降も単に「超サイヤ人」と呼ばれる場合は、この状態をすことが多い。
この第2段階や第3段階に関しては前述の個体時間操作ではなく、体操作だと捉えることができる。

超サイヤ人になると戦闘力が通常の50倍に跳ね上がる。
…と言われている。数字については異論もかなり多いが(以下本記事の戦闘力の記述全てに言える)、少なくともフリーザ戦当時の20界王拳よりは強いはずである。

孫悟空の初変身シーン原作だと「プチン」という擬音が入っただけで次のコマでは金髪に変化するという較的あっさりした描写だったが、アニメだと「許さん・・・」という悟空のドスの効いた低いと共に唸りを発し、周囲に稲妻が立ち、岩の音が入り、さらに野獣のような雄たけびをあげた後に色のオーラう、という結構凝ったものだった。

超サイヤ人の変身表現はアニメだとを裏から当てる透過ブラシ処理といった手間のかかることをやって表現していた。当時はCGがあまり使われていなかったのでかなり苦労が多かったとか。そのためか、セル編あたりになると金髪表現などがやや簡素なものになっていた。


第1段階


悟空(超サイヤ人) [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]

超サイヤ人の基本的な状態。
軽い奮状態になり、好戦的になる。
性格も変化する場合があり、トランクス精神と時の部屋での修行を行う前の悟空が顕著である。
トランクスの場合は普段は礼儀正しい態度が威圧的になり、悟空は普段は「オラ」である一人称が、超サイヤ人になると「オレ」に変わっていた。
対して、元々好戦的であるベジータは性格の変化が立たない。
後述の第2段階よりはかなり少ないようではあるが、体に負担がかかるようである。

第2段階、第3段階は体の大幅のロスなどの犠牲を払った上での特化であり、総合的なバランスを考えた上では第1段階が一番安定している。

なお、『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』に登場したブロリー変身する超サイヤ人は、パラガスの持つ制御装置による影か、髪の色いという特徴を持つ。
また、一部ゲームでは再現されてはいない様だが、こちらも制御されている影からか通常の超サイヤ人よりも肌の色が若干灰色がかっているという違いがある。

変身した、または変身可能な登場人物


第2段階


「超サイヤ人をえる」という観念の元に生み出された段階。
筋肉が大きく膨れ上がり、ベタの部分にはコントラストを強調するためかハイライトが入る。
髪の毛が通常の超サイヤ人よりも大幅に広がり、身体にまとうオーラバーナーの炎のようなしいものへと変わる。
パワースピードが第1段階から大きく増すが、第1段階よりエネルギーを消費するようで、体への負担は大きくなる。

ベジータが「べジータ」と自称した時の段階であり、作中では他の呼び方がない。リスクの割にメリットは大きいものの、後述の第4段階移行に伴い使用されなくなった。
「第2段階」は一部書籍での呼称だが、変身者が少ないこともあり、ゲーム類では「超ベジータ」をそのまま形態名として採用していることのほうが多い。この場合トランクスは「トランクス」と呼ぶ。
また「超サイヤ人 パワー重視」という呼称もある。

変身した、または変身可能な登場人物


第3段階


さらに筋肉が膨れ上がり、も針のように逆立ち、いわゆるムキンクスと呼ばれる段階。
体にまとうオーラは超サイヤ人2以降に見られる電撃のようなスパークをそのままったような印になる。
また、瞳の作画が実線から破線に変わる(アニメ版では特に変更なし)。

第2段階をもえるパワーを持ち、また第2段階のではない体と気を得た事で、第2段階のベジータを気絶させた攻撃を受けても堪えない防御を持つ。しかし、増大した筋肉メリットだけでなく、スピードを大きく犠牲にするという弱点にも繋がっており、事実この形態のトランクスの攻撃は途中から全く当たらなかった。
また、素人に見ても異常な筋肥大からわかる通り、体への負担は第2段階とべても極めて大きく、実戦には向いていない。エネルギー消費もしいようで、悟空は短時間変身しただけにも関わらず息が上がっていた。

トランクスのみが使用。悟空も試験的にこれに変身したが、これでは勝てないと断言している。
敗北したトランクスは、ベジータがあえてこの変身を使わなかったのだと察しており、変身自体は難しくなかったと想像される。

この形態に変身直後のトランクスは、ブロリーに似ている。これは筋肥大化だけでなく変身中~直後は白目を剝いている上、精神と時の部屋を出て以降のトランクスは、超サイヤ人化した際の髪型ブロリーに近いためである。

ドラゴンボール超では、実に24年ぶりにこの形態を未来トランクスが披露し、べジータをわざと怒らせ即座に2に戻って隙と不意を突くというトリッキーな使い方が為され、彼自身の戦闘理論が向上していることを裏付ける描写となった。なお、髪形は長の時と同じようにブロリーそっくりになっていた。(3のように髪の毛が増えるのかは不明)
また新形態「超サイヤ人怒り」に変身する際に、これに近い姿に一変わる。
超サイヤ人2になれなくなったカリフラも仕方なくこれに変身していた。

変身した、または変身可能な登場人物


フルパワー(第4段階)


セルゲームのために悟空が到達した地。「超サイヤ人第4段階」ともよばれる。

精神と時の部屋での修行中、孫悟空は独で第2段階・第3段階に到達したものの、これらはエネルギーしく消費し、体の負担も大きくなることから総合的なバランスを考えた上では第1段階が一番安定していることを踏まえ、「第1段階に体を底的に慣れさせる」ことを眼とし修行方針を変更した。その結果として到達したのがフルパワー(第4段階)である。
体に慣れさせる都合上、一般的な修行イメージである「体を酷使する」方法ではなく、「超サイヤ人状態のまま日常生活を送ったり、基礎からトレーニングをやり直す」という、時間のかかる地な手法を用いる。

第1段階との違いは精・身体両面での負荷の軽減である。
この状態では超サイヤ人化で発生する奮状態や好戦的な性格の変貌をしており、セルゲーム開催以降(=フルパワー体得後)の悟空は超サイヤ人になっても一人称が「オラ」のままであった。
また、変身時の身体への負担が小さいまま、気を高めることでより高い戦闘力を発揮可であり、気を高めた状態では第2段階のベジータや第2・第3段階の未来トランクスをも上回る強さを見せている。

悟空ブウ(純)との最終決戦にて、通常状態で元気玉を作って放ったが、ドラゴンボールによる体回復後はこの段階に変身してとどめを刺していた。

劇場版では、その素地が悪である超サイヤ人の状態では元気玉は使えないと述べられている。
しかし、プレイディア版サイヤ人絶滅計画ではさらに変身し、パワーアップしたハッチヒャックに対し、悟空が「今のオラは超サイヤ人のを越えた超サイヤ人だ。心までは悪に染まっていないつもりだ」と述べ、この状態のまま元気玉をつくり放っている。
また、アニメ版ではあの世武道会にて、身体負荷の軽減を利用して1度だけ界王拳と併用したことがあった(界王拳)。

……とまあいろいろ考察があったが、要は普通の超サイヤ人である。古い文献で「第4段階」「フルパワー」などの呼称で別形態扱いされてきた過去は確かにあるのだが、現在はあえて分けて考えることは稀で、ゲーム等に出てくることもない。
ついでに、だいぶ後に登場した新ブロリーの「超サイヤ人フルパワー」と名称が全にかぶっている。

変身した、または変身可能な登場人物


超サイヤ人2


[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]

全てにいて超サイヤ人をかに越えたを持つ状態。
容姿は超サイヤ人とそんなに変わりはないが、全身に時折雷神のごとく稲妻状の火が散り、バチバチと音を立てる。
髪型も超サイヤ人とべ、がさらに細かく逆立つのが特徴である。

超サイヤ人第1段階の良好な身体バランスを保ったまま超サイヤ人を越するを持てるが、体への負担も大きくなるようだ。
変身には精面への影もあったようで、温厚で戦いを好まない悟飯でも、初変身時にはかなり好戦的になった。ただし、精や慣れにより抑制自体は可であり、魔人ブウ編で孫悟空変身した際は一人称が「オラ」のままである。

戦闘力は超サイヤ人の2倍。通常の100倍まで跳ね上がるとかなんとか

超サイヤ人2という名称は、後の3の登場に際して悟空が便宜的につけたもの。

変身した、または変身可能な登場人物


超サイヤ人3


[画像を見る]

がさらに伸びての辺りまで来る(従来と違い逆立たない)他、それまでの超サイヤ人と異なり、顔面まで変化する(眉毛くなり、眼窩上起が起こる)。
初めて悟空が披露した時は変身に慣れていなかったため、変身了するまでにやや時間が掛かった。
変身の際は周囲の建物が破壊されたり、の状態が変わるなど、驚異的なエネルギーの増大を示唆する何らかの影が周囲に現れる(悟空の最初の変身では地球全体が揺れていた)。
原作では悟空の最初の変身の時のみその凄まじさが強調され、後の変身では較的あっさりと変身していたが、アニメでは全ての変身において画面全体が揺れ動き、鳴や地鳴りが起きり、更に大化のカットも入るなど「最強変身」を強調していた。また、最初の魔人ブウとの戦いと、その後にアニメオリジナル悟天トランクスの二人の前で変身して見せた時だけオーラの湧き上がる効果音が通常の超サイヤ人より若干甲高いものとなっていた。
なお、変身を解除すればは元に戻る。

身体バランスは超サイヤ人1・2と同様のまま、それまで最強を誇った超サイヤ人2をもさらに越したパワーを発揮できる。フュージョンにより基礎が大幅に向上したゴテンクスは、較的短期間で自習得した。


次へ»
最終更新日: 19/03/13 21:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ