ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


越前リョーマ


ヨミ: エチゼンリョーマ
掲示板をミル!
74カキコ!

越前リョーマとは、漫画アニメーションテニスの王子様シリーズに登場する主人公である。CV皆川純子

テニミュキャスト推移は柳浩太郎kimeru(事故の為代役)→遠藤雄弥柳浩太郎遠藤雄弥(※1)→桜田通阪本奨悟[外部]高橋龍輝[外部]→小越勇古田一紀

(※1この時はダブルキャストではなく、場面に応じて交互で出演する形だった)


概要


テニスの王子様主人公私立青春学園中等部1年。口癖は「まだまだだね」。極度の好き。

アメリカまれの帰国子女であり、青学入学した時点ではアメリカジュニア大会4連覇の記録を引っさげて登場する。現役時代37敗を誇った元プロテニスプレイヤー越前南次郎息子で、幼い頃からの英才教育と受け継いだ才により、左利きなのに右打ちでも常人と同じレベルで試合が出来る、無我の境地練自得の極み・才気煥発の極み天衣無縫の極みと技を持つまさにテニスの申し子。

中1の身体測定時に重りをつけたまま体重測定を行ったり、かなりの遅刻魔といううっかりな一面も見受けられる。


リョーマは悪役?


主人公にしてはちょっと性格が悪いリョーマだが、これは元々リョーマは悪役としてデザインされているためである。
当初は四天宝寺中の遠山金太郎主人公で、リョーマはライバルキャラとして登場する予定だった。

公式ファンブックである「テニスの王子様10.5巻」によると

はっきり言って越前リョーマは悪人ですよ。

悪人がさらなる悪人を倒す物語が『テニスの王子様』なんですよ。

と、作者許斐剛っている。


技(能力)一覧


ツイストサーブ
連載初期の必殺技。打球が利き腕方向に急度でバウンドするサーブ。
ツイストスマッシュ
ツイストサーブを応用したスマッシュ
サイクロンスマッシュ
アニメのみ登場。全身をフルに使ったジャンプスマッシュ真田をしてラケットを弾き飛ばされる威を持つ。
一本足のスプリットステップ
片足で着地することで通常よりも一歩半く踏み込むことが出来る。作中で言及されている通り打球の方向を読む性の嗅覚が前提となる。
ドライブA
至近距離から顔面掛けて打つドライブボレー。
ドライブB
スライディンジャンプから放つ強ドライブボレー。アルファベットのBを横にしたような軌を描く。
ドライブC
バウンド後に跳ねずに転がるドライブショット。後述のCOOLドライブのお試し版に近い。
ドライブD
ドライブBを連続で繰り出す。
COOLドライブ
ドライブCの2倍以上の回転を掛けたドライブショット。その威バウンド前に打ち返そうとしてもラケットを離れずに駆け上ってしまう程。
サムライゾーン
相手のリターンが自分の手元に帰ってくるように打球をコントロールする。手塚ゾーンと同様の技で・南次郎譲りの技だが、リョーマ版はまだ不全である。
サムライドライブ
ネットワイヤー部分にドライブショット打ち込みボールっ二つにする。テニプリではラケットや選手はよく壊れるが、ボールを壊す技は本編ではこれくらいである。
無我の境地
過去に対戦した相手の技を意識に繰り出す。意識というのが曲者で体の消耗がしい弱点があったが、後にある程度コントロール出来るようになった。
百錬自得の極み
無我パワーを片腕一本に集め、威・回転などを倍返しで返球する。フットワーク等が疎かになるため不全なサムライゾーンでは本来不可能だが、自己流で移動時は脚部にパワーを移すことでどうにか実現した。
才気煥発の極み
通称「絶対予告」。ポイントが決まるまでの展開を全にシミュレートする。
天衣無縫の極み
全身がいばかりのオーラに包まれ、爆発的なを発揮する。南次郎く、勝つためのテニスではなくに純テニスを楽しむ心を思い出せばでも至れる可性はあるという。
る球(デストラクション)
ラケットの最も威を伝えられる1点「スーパースイートスポット」でボールを捉えることで脅威的な威を生み出す。バズーカ並の威のわりに原理がシンプルで、一度覚えたらうっかり打ってしまうという難儀な代物。

関連商品


■azB001A9GABI
■azB000066O52
■ysyz-box_2005457


関連静画


■im1593769(静画)
■im1538603(静画)
 


関連項目



最終更新日: 15/06/14 18:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ