ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


越前南次郎


ヨミ: エチゼンナンジロウ
掲示板をミル!
11カキコ!

越前南次郎とは「テニスの王子様」の登場人物。CV松山タカシ植木中学生時)。

主人公越前リョーマ父親であり、作中不動の最強キャラである。


概要


青学テニス部OBで「サムライ南次郎」と呼ばれた元プロテニスプレイヤー
現役時代は世界を相手に37戦全勝、世界ランク1位前にプロ転向後1年半で引退
現役を退いて十数年経過した今でも腕は全く衰えておらず、大人をも圧倒する息子を全く寄せ付けない。
相手が素人なら両を閉じたまま一歩も動かずに勝つこともできる。

出番は多くはないが、作中で伝説プロテニスプレイヤーとしてり継がれる存在。
リョーマがえるべき最終標であり、ストーリーの中核を支えている人物。
作中最強クラスの技である「手塚ゾーン」や「天衣無縫の極み」の初の使用者でもある。

現在は臨時で寺の住職をしており、常に着物姿に裸足である。
中だろうとコートの上だろうと山の中だろうと常に裸足なのは一種の修行なのか、単にものぐさなだけなのかは不明。を運転しているシーンもあるが、運転中も裸足なのだろうか…(アニメ版では鞋を履いてるシーンもある)

エロ本片手にダラダラしてるだけの生臭坊主に見えるが、寝転んだまま足のだけで釣鐘をくほどの脚を持ち、視できない距離から棒切れをラケット代わりに石ころでイノシシ狙撃して倒すなど、常人離れした身体の持ち


揺ぎない作中最強キャラ


テニプリを知る人なら一度は思うであろう「中学生でこれならプロはどうなってるんだ?」という疑問に一つの答えを出している人物である。

ただし現役時代の試合はほとんど描かれておらず、引退した理由も自分の息子が最大のライバルになるのを予測したからであり、南次郎を満足させるほどのライバルが存在していなかった可性もある。(当初は怪引退したはずだが、現役時代の話では怪について触れておらず、何の怪なのかも不明のまま)

試合をするシーンがほとんど描かれないまま、要所要所でその強さが引き合いに出されるため、戦わずして作中最強の地位に鎮座し続けている。息子との直接対決が描かれるのは何時の日か… 


関連動画



■sm15711464[ニコ動]

■sm5897901[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 15/03/10 02:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ