ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


軽巡洋艦(艦これ)


ヨミ: ケイジュン
掲示板をミル!
54カキコ!

※この項では、『艦隊これくしょん~艦これ~』における「軽巡洋艦」について、史実解説を中心に記述しています。


■sm21893125[ニコ動]

 概要

艦これ』での軽巡は、ある意味鎮守府“経営”の要である。最も利用頻度が高いのは、毎日の遠征任務での駆逐艦の引率役。これがなければ、鎮守府は成り立ちはしない。
戦闘でも、装甲の弱さにをつむれば、やはり対潜の有重巡に対する大きなアドバンテージだし、重巡洋艦となる「北上」「大井」をはじめとして重巡より上。2013年まではびこっていた『重巡用論』の流れの中で、軽巡は『艦これ』の艦隊の中で枢要な位置を占めてきた。

2013年イベント終了の後、重巡に対する改造限界値の向上・夜戦強化などのテコ入れ、以前から“強化駆逐艦”的存在だった「雪風」「島風」に加えて「時雨改二)」「夕立改二)」といった、一芸だけ(火力、対など)なら軽巡駕する駆逐艦が登場し、「軽巡駆逐艦の装甲なら、大きいの一撃食らえばどうせ一緒」で、「だったら少しでもコストダウンのために軽巡より駆逐艦」という考えから、駆逐改二)を採用するケースも増え、巡の「北上」「大井」「木曾改二)」を別とすれば 、2013年後半の軽巡は実戦では少しが薄くなってきていたかもしれない。

しかし、その後の川内および由良型改二実装による強化、「連合艦隊」の実装に伴う軽巡の出撃回数の増加、敵潜水艦の登場回数の増加、さらに「弾着観測射撃」実装に伴う戦の駆逐艦との差別化、「対潜先制爆雷攻撃実装による対潜強化など、細かいアップデート軽巡の出番が減る事はかった。

2013年イベントでは、史実日本海軍が20年ぶりに建造した新軽巡である、阿賀野の「阿賀野」「能代」「矢矧」が先行実装された。2014年イベントでは阿賀野四番艦「酒匂」が実装された。
また、以前より実装が確実視されていた「大淀」(“任務娘”と同一人物)は、2014年イベントにて先行実装され、元々潜水艦隊の旗艦用だったために魚雷を持たなかった点を「他軽巡よりも装が低い」という形で再現されることとなった。

なお、海外にも数多くの名軽巡洋艦は存在しつつも、長らく艦これでは実装されてこなかったが、サービス開始から5年以上経過した2018年9月になって、スエーデン軍の「ゴトランド」が、初の海外軽巡として実装されている。→ゴトランド(艦これ)
また、その後イタリアオランダオーストラリアアメリカと次々と軽巡実装され、2020年時点では一転して最も数多くの々の艦が実装されているカテゴリーとなっている。


※ここから、史実での艦ごとの戦史解説等

 天龍型

天龍(艦これ) [画像を見る] 龍田(艦これ) 

■im3417360(静画)

日本海軍における最初の“軽巡洋艦”となる艦。当初計画では6隻の建造が予定されていたが、3,300トンという排水量は、戦隊旗艦として使用するにはさすがに小さすぎるとして「天龍」「龍田」のみで打ち止めとなり、次の球磨からは5,500トン級へ拡されることになった。

軽巡洋艦は、19世紀では防護巡洋艦と呼ばれていた艦種から発展したもので、のちに巡洋戦艦へ発展する装甲巡洋艦ほどではないが、軽度の装甲を持つ巡洋艦として登場した。軽巡洋艦の本来の意味は、「軽量」や「軽武装」ではなく「軽装甲」である。

天龍軽巡八八艦隊計画の第一 段階である八四艦隊の一員として、戦艦長門」とともに大正5年予算計上。6隻建造は取りやめとなったが2隻については続行され、大正8年に就役した。ちなみに起工と進は「天龍」が先だが、完成・就役は「龍田」の方が先である。

太平洋戦争の時代では当然のことながら旧式艦扱いで、隷下に駆逐隊を持たず、「天龍」「龍田」のみで第十八戦隊を編成。回線劈頭のウェーク島をはじめ、中・南部太平洋攻略戦を戦う。昭和17年は第八艦隊に所属し、「天龍」は『三艦隊』で第一次ソロモン海戦に参戦する(「龍田」はこの時、ニューギニア・ブナへの輸送任務中で不在)。

天龍」は昭和17年末、「龍田」は昭和19年3月に、どちらも潜水艦の攻撃で戦没する。
大戦中、日本軍軽巡洋艦は約半数が潜水艦によって撃沈されているが、最古参天龍から最新鋭の阿賀野までまんべんなくその撃沈リストに入ってしまっているのは、艦隊決戦における戦隊活用に執着して、潜水艦対策をおざなりにしてきた軍の欠点を徴するものだった。

艦これ』では、簡単な任務で「龍田」を入手できるものがあり、天龍軽巡姉妹の全2艦を編成せよ!が固有任務としてあって、序盤からにすることが多い艦。「天龍」には『三艦隊』に関する任務もある。
史実の最古参軽巡とあってステータスが低いにも関わらず、やたらとビッグマウスな「天龍」。かたやサディスティック全開な「龍田」。ともに個性的なキャラクターとなっていて人気が高い。また、その低ステータスが『艦これ』では逆に燃費の良さという最大の利点として現れていて、毎日の遠征では必ずと言っていいほど旗艦に据えられる存在である。

2018年1月龍田改二実装ステータスこそ他の軽巡程度だが、先制対潜爆雷攻撃やカ号観測機搭載可という固有スキルに加えて大発動艇を装備可でありながら、燃費が据え置きという遠征や輸送連合艦隊などの裏方向きに特化したになっている。それから遅れる事約半年、天龍にも改二実装。実に川内以来ほぼ4年ぶりに姉妹艦が改二い踏みとなった(二人だけではあるが)裏方向きの龍田と正反対の火力と対に特化し(大発動艇装備及び条件先制対潜も出来ない)史実通りのカチコミ専門という良くも悪くも対照的な改二になった。

 球磨型

[画像を見る] 球磨(艦これ) [画像を見る] 多摩(艦これ) [画像を見る] 北上(艦これ) [画像を見る] 大井(艦これ) [画像を見る] 木曾(艦これ) 

■im3286352(静画)

いわゆる【5,500トン軽巡洋艦として最初に建造された艦。『艦これ』では、三番艦「北上」と四番艦「大井」が、重巡洋艦改造される関係から絵師声優ともに異なっており、しばしば両艦も元は球磨であることを忘れられてしまう存在。
また、「球磨」と「多摩」の音が似ていることから、どちらがネームシップだったかも忘れてしまうことが多い。

天龍が3,300トンと、やや小ぶりな形で出来上がったため、一線級として使用することに不安を覚えた軍は、大正5年計画で天龍6隻・7,200トン級3隻の予定だったのをめ、5,000トン級の巡洋艦9隻の建造とした。このうちの最初の5隻が球磨である(残る4隻は球磨となる長良3隻と、実験艦的性格を与えられた「夕張」)。

5番艦「木曾」の就役は大正10年4月。次級・長良一番艦「長良」(大正11年4月)までが、空母鳳翔」(大正11年12月)より就役がいと言えば、この艦の艦歴の長さが理解できると思われるが、太平洋戦争どころか支那事変の時点ですでに老朽化を危惧されていた一方、対戦に備えての重武装艦の配備もめられていた。
このため、球磨の中から「北上」「大井」「木曾」に重巡洋艦への改造が検討され、「北上」「大井」については実行された(昭和16年9月)。

【開戦時所属】
■im3506192(静画)

老朽化のため、戦隊旗艦の座は長良川内の各艦へ譲っていた球磨は、隷下の駆逐隊を持たずに巡洋艦だけで戦隊を編成。重装の2艦は決戦として戦艦部隊(第一艦隊)に加わり、第十六戦隊と第二十一戦隊へは妙高重巡が艦隊・戦隊旗艦として配備される。
東南アジアの第十六戦隊は大きな戦いに関わらなかったが、資輸送を脅かす潜水艦対策に忙殺され、北方域へ進出した第二十一戦隊キスカ島撤退作戦などの困難な作戦を戦う。
一方で、決戦様式が砲雷撃戦から空母による航空戦へ変化したことから、重装の第九戦隊は大艦巨戦艦ともども動員機会を失い、せっかくの武装は半分撤去されて輸送艦扱いとなり、戦隊も解隊となる。

球磨」は昭和19年1月マレー潜水艦により戦没。
多摩」はレイテ沖海戦空母部隊の護衛として出撃し、損傷して単独で帰投中に潜水艦により戦没。
大井」は昭和19年7月潜水艦により戦没。
木曾」は昭和19年11月、マニラ襲で戦没。
北上」のみ、最後は特攻兵器回天」搭載艦に改造されながらも浮揚状態(大破)で生き延びた。

艦これ』では、事実最強チートとも言われる重装艦「北上」「大井」の人気・実が突出。「球磨」と「多摩」は、その音からくる愛玩動物キャラとしての立ち位置が、すっかり定着した感がある。ちなみに「球磨」はネームシップの為か改造限界が高い。「木曾」は2013年12月、史実では計画倒れだった重装艦への改造改二として実装されたが、性的には装方向に突き抜けた2人とは違い、万装艦とでも呼ぶべきスタイルとなった。
そして2017年12月には満を持して多摩改二実装。後期長良改二勢の流れを組む万改二となった。なお前述の通り球磨の下3人は重巡洋艦になっているため、球磨軽巡洋艦のまま改二となったのは多摩が初である。

 長良型

[画像を見る] 長良(艦これ) [画像を見る] 五十鈴(艦これ) [画像を見る] 名取(艦これ) [画像を見る] 由良(艦これ) [画像を見る] 鬼怒(艦これ) [画像を見る] 阿武隈(艦これ)

■im5209975(静画)

【5,500トン軽巡洋艦のひとつで、球磨球磨53cm魚雷より強な、61cm魚雷を初めて装備した。

艦は6隻だが、「八四艦隊計画」として「長良」「五十鈴」「名取」が大正6年に、「八六艦隊計画」として「由良」「鬼怒」「阿武隈」が大正7年にと建造計画が別れた。設計に大きな違いはないが、一部資料では「由良」「鬼怒」「阿武隈」をまとめて「由良型」と記述する資料もある。
実際に、軍艦政本部が昭和13年に「由良」「鬼怒」「阿武隈」を防巡洋艦改造する計画を立ち上げた際に、「由良型」として資料に記載していた。

■im4724596(静画)

艦これ』ではおそらくこういった点を踏まえて、前半3隻と後半3隻で絵師声優を変えている(「由良」と「鬼怒」「阿武隈」では更に声優を変えている)。


長良球磨の後継艦ではあるが、「鬼怒」までの5艦は、大正11年~12年の間に相次いで完成(「阿武隈」のみ、関東大震災大正14年にズレ込む)したため球磨と1~2年程度しか艦歴が違わず、太平洋戦争の時点ではやはり老朽化が懸念されていた。


次へ»
最終更新日: 20/09/01 08:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ