ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


軽自動車


ヨミ: ケイジドウシャ
掲示板をミル!
122カキコ!

軽自動車とは、至極簡単に言えば小さい自動車である。


概要


一般的にいう普通車(3ナンバ)自動車(5ナンバ)より小さく経済的であることを的とした自動車日本海外の一部のでは専用の規格が設けられ、それに適合している車両であればさまざまな税的な優遇などの恩恵に預かることが出来る。一方でそれと引き換えに車両の性や採寸に厳しい制限を課されている。世界の中でも日本は過剰ともいえる情熱を、この手のに注いでいると言えるだろう。

しかし、自動車だからといってガソリン軽油を入れると、後でとっても大変なことになるので気をつけられたし。好きからすれば笑い話のような間違いだが、実際に間違えて大変なことになる事例は少なくない。TBSでさえ間違える(TBS 「軽自動車は軽油なのでお得」 と間違った報道[外部])


日本の軽自動車


日本では自動車の普及と産業振的とし制度が作られた。当初は360ccの排気量規制から始まったが、時代の変遷と共に規格拡大を続け、現在では660ccにまで拡大している。

日本の軽自動車は全世界的にこの手の自動車が最も発展した存在として、そのパッケージング・性と価格の両立という面から非常に高い評価を得ている。ワンボックスから2シータロードスターはたまた山岳走行に特化したAWDまでのほぼフルラインナップがう、世界に類を見ない市場となっている。
一方で昨今の軽自動車は居住性や安全性などへの追求がされており、特に全長・全幅の寸法が制限されていることから、全高1,600mm以上のトールゴン軽自動車が盛を極めている。しかしその一方で高が高くなった分重量は増えたもののエンジン規格が拡大するわけでもなく、その結果パワーウェイトレシオがリッターカーより劣悪になる傾向が見られる。その為に一部モデルでは実燃費がリッターカーと逆転してしまうものの、市場を考えればメーカーはこの潮流に乗らざるを得ないと言うジレンマが見受けられる。

現在(1998年以降)の日本の軽自動車の規格は以下のものである。

上記の制限を一つでも越えてしまうと所謂ナンバー、つまり小自動車(高さが2.0mをえる場合は普通自動車)として登録することになる。


軽自動車乗り=貧乏?


一部の認識の偏った人間によって、黄色ナンバー乗り=貧乏として蔑みの対となっている部分も否定できない。

最廉価グレードになれば2桁万円台で購入でき、各種届出や税の優遇、そして車両自体が軽いため燃費が良いなど貧乏人好みのする要素満載なのは事実。だが軽乗用車最上種に関しては、所謂リッターカーコンパクトカーと呼ばれる小乗用車の最廉価グレードより高い場合もしくなく、軽自動車の価格面の優位性は取得価格よりもむしろ優遇税制などからくるランニングコストの安さの方がより顕著に現れるといえる。またダイムラー(スマート)の「smart fortwo」やケータハムの「セブン130」「セブン160(ケータハムセブン1602016年7月現在内で販売されている軽自動車で規制外の80psとなっている。)」といった外の軽自動車は、日本のCセグメントの初級〜上級クラスの価格帯となり、必ずしも貧乏人の徴とは言えない。

価格が安いということは弄り易いということでもある。体価格が安く、チューニングパーツサイズも小さく済むので総コストが低く抑えられ財布にやさしい、というわけである。しかし明らかにやりすぎなも多数あるのも事実

悲しいことではあるが、日本の軽自動車の先駆者で360の生みの親であったスバル(富士重工業)の軽自動車が自社開発からダイハツ工業OEMとなってしまった。


主なメーカー・車名


()内はボディーの形状。カスタム(エアロ仕様)は省略
背景文字は貨物仕様(4ナンバー)あり、もしくはあった。


スズキ



ダイハツ



ホンダ



スバル



マツダ



日産



次へ»
最終更新日: 16/12/14 14:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ