ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


近藤長次郎


ヨミ: コンドウチョウジロウ
掲示板をミル!
6カキコ!

近藤長次郎とは幕末の志士。土佐脱浪士。通称饅頭長次郎


概要


近藤長次郎(黒鉄ヒロシ風)

保9年(1838年)3月7日高知下の菓子店大里屋の長男に生まれる。変名上杉宗次郎。

幼少期より父親業を手伝う傍ら貸本屋に通いつめて本を読み漁る。叔父の勧めで画河田の門下生になり、岩崎弥太郎にも師事。河田を説得して士に随行し江戸に赴き、安積斎に1年学んで土佐へ帰

安政6年(1858年)、再度江戸に赴き勉学に励むが、両親の死の知らせを受けて帰

万延元年(1860年)、再び江戸に赴く。

文久2年(1862年)には庁よりを認められて苗字を許され近藤長次郎と名乗り、二人扶持十両の徒士格になる。

同年、江戸にやって来た坂本龍馬と合流し、12月5日越前松平春嶽に面会をめ、嶽がこれに応じている。

同日、帰邸後、土間崎哲馬坂下近藤昶次郎来る、対面せられしに、大坂防策を申立たりき

(中根江『続再夢紀事』十二月五日)

この6日後、勝海舟日記にも門下生の近藤が来たという記述があるため、12月には勝の門下に入っていたと思われる。

文久3年(1863年)からは坂本と共に大坂に向かい、勝の私塾で学ぶ。6月に同地で大和屋弥七のお徳と結婚。勝塾塾頭の佐藤与之助に仲人になってもらい、祝言をあげた。翌元治元年(1864年)7月には男児が誕生している。

同年11月、勝が罷免され神戸軍操練所が閉鎖されるとると行き場を失った近藤神戸に潜伏したが、12月には勝が用意した薩摩のツテを頼って鹿児島に渡った。

なお、11月近藤坂本高松太郎の3人が、勝から佐藤に預けられていた400両のうち50両(近藤30両、坂本10両、高松10両)を持ち去り、翌年になって佐藤が勝に詫び状を送っており、幕末史の研究者から横領と摘されている。


ユニオン号問題


操練所の同志たちと鹿児島に渡った近藤は、島津久光に対し貿易と軍の振に関する上書を提出。この頃から上杉宗次郎という変名を用いる。

慶応元年(1865年)6月頃、同志らと長崎に向かい社中(亀山社中)を結成。初期メンバーの1人に名を連ねる。

7月長州士・伊藤俊輔井上聞多が武器購入のため長崎にやって来ると、薩摩家老小松帯刀と会わせて小銃の購入を旋。和解の筋を付けた。

軍艦購入についても上書提出で薩摩から信用を得ていた近藤旋し、300トンの木製蒸気船ユニオン号を購入補とした。だが長州軍局では軍艦購入の権限は自分達にあるとし始め、桂小五郎軍局を説得してユニオン号が下関に入り、軍局の検を受け問題が一旦収まる。

近藤長提携と蒸気船購入の件を任されて山口に赴き子に謁見。毛利敬親から小銃購入と長融和に務めた事で謝礼を贈られた。

下関に戻った近藤伊藤井上と対談し、長間で蒸気船を運用して利益を得るため、船の名義は薩摩、船の購入費は長州、運用を社中が行うという案を示した。伊藤井上はこれに賛同し、相談を受けたも同意。からも許可を得て鹿児島に戻った。

鹿児島に着いた近藤は、小松からも了解を得、10月18日ユニオン号を受け取る。鹿児島に回航後桜島丸と名し、11月8日頃下関に到着。11月18日には再度子に謁見し、報奨を賜った。

その後下関に戻ってと会うと、船名を勝手に桜島丸から丸へ名し、船長士の中島四郎に決定していた。長州側のでは購入費用を長州が払っているなら名義も運用も長州のものだという事になり、の独断では決定できなかったため、困惑した近藤軍局と交渉した。

12月3日坂本龍馬が下関に来てから近藤軍局との間で一旦桜島丸条約と呼ばれる約定が結ばれた。内容は以下の通り。

これを坂本中島両名に当てて提出した。近藤にとっては最大限譲歩したつもりだったが、軍局側の収まりがつかず、状況を見兼ねた坂本が割って入り、軍局に譲歩する形で桜島丸条約を訂した。

これらの内容に訂され、今度は坂本中島の名義で近藤を除いた社中メンバーに通達され、近藤も交渉の中でとりあえず同意せざるを得なくなった。


切腹


慶応2年(1866年)1月24日(もしくは23日)、近藤長崎小曽根英四郎宅において切腹した。享年29。

切腹の理由は、定説としてユニオン号購入にまつわる代償に、社中の同志断で渡航希望し、から得た報奨を渡航に利用しようとしたため、社中メンバーに詰め寄られた事が原因と言われる。

他の説として、明治10年代に元援隊士が執筆したとされる『坂本龍馬直柔本伝』という文書の内容が挙げられる。これによると、ユニオン号こと丸を長崎に回航した近藤が、中島四郎船長と記載した名刺を持って薩摩邸に出向いた際、薩摩士から約束が違うと咎められたため、責任を感じた近藤がその場で切腹してしまったという。

坂本龍馬近藤の死を知ったのは長同盟が成り、寺田屋の遭難をくぐり抜けて薩摩邸に滞在していた頃とされ、その知らせは陸奥陽之助(宗)がもたらした。坂本遺品の手帳には

術数余り有り、して至足らず、上杉氏之身を滅ぼす所以なり

(『坂本龍馬手帳摘要』)

とやや突き放した言葉を記しているが、当時一緒にいたお回想では「オレがいたら殺しはしなかった」と嘆いていたという。


関連商品


■az4863660693
■az4404031165
■az4004311594
■az440403296X


関連項目



最終更新日: 12/05/13 22:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ