ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


迫撃砲


ヨミ: ハクゲキホウ
掲示板をミル!
1カキコ!

迫撃砲とは、火の一種である。


概要


20世紀の塹壕戦において速に展開できるよう出来る限り簡素な構造=軽量で運搬しやすい大砲の需要に応えるために開発された。


構造


大まかな要素としては『二脚(支持架)がついた短い』、『身の底に付いた(底盤)』、『弾は口から装填する(前装式)』、『身が上を向いている』の4つが挙げられるがいずれにしてもは前述の軽量をめられたが故であるがそれぞれ別の理由がある。

まず、最初の『短い身』は3番の『前装式』に直結=運用する兵士弾を装填しやすくすると共に遮蔽物や塹壕に隠匿しやすくするためである。
2番の『底盤』は発射時に身にかかる反動を一度受け止めて地面に逃がす役を担う。これは通常の大砲では反動を抑え、正確な射撃に必要な『姿勢維持』を担う『駐退機』が迫撃砲では基本的にないためである。4番の理由にもこれは繋がっている。
また、4番のもう一つの理由は『塹壕や遮蔽物の陰に潜む敵を上から撃で撃破する』事である。
基本的に敵は正面の敵を警しての後ろや塹壕に潜むが上は屋でもない限り遮蔽物がないため上方から弾を撃ち込めば撃破は容易い上に正面から撃するより上から撃ち込んだ方が危範囲は広い。

そして前述の『軽量で運搬しやすい』は『(複数の)兵士人力でも容易く運搬できる』事をす。
100クラスの重迫撃砲となると人力運搬は分解しても困難だがそれ以下のサイズならば10人以下の人数で運搬が可なため隠密行動や車両が使えない山岳地帯でも容易に展開が可な利点がある。
なお、通常の大砲と同様に身後方から装填する迫撃砲も存在するがこちらは車両に搭載されるが大半を占め、正面射撃可になっている物もある。

但し、通常の大砲べて着弾の精度や弾の射程で劣り、有効な攻撃のためには大量の弾を必要とする為兵站側に多大な負担をかける事や構造が簡素なことから極端な例として日曜大工レベル工作技術で充分な殺傷を持つ兵器が容易く作れる=テロリストが利用しやすいというデメリットも持つ。

なお、先に述べた4つの特徴を持つ方式の迫撃砲は『ストークスモーター(ストークス式迫撃砲)』と呼ばれるとなるが世界的に普及することになった第1次世界大戦では以下の形式が登場していた。

呼称 特徴 デメリット
ミーネンヴェルファ
(爆薬投射機)
独・墺の迫撃砲で命中精度
は高い。
砲兵との管轄の兼ね合いから
この呼称となった。
重量があり複雑な機構
だったことから戦後消滅。
スピガッド・モーター
(差込式迫撃砲)
身に対して弾が大きく
ストークス式より口径当たりの
で勝る。
後に小銃擲弾携帯式対戦車火器
対潜兵器に発射方式が受け継がれた
射程距離と速射性で劣って
おり、迫撃砲としてはれて
いった。

これらの事から現在の迫撃砲はストークス式が流になっている。


運用


基本的には歩兵を中心とする標への攻撃とされる。
これは使用する弾が基本的に榴弾を用いるからであり戦車トーチカといった直撃+装甲を貫しなければ化できない標には有効でないためである。
ただし周囲を絶え間なく撃して敵の連携を妨げている隙に死に回り込み撃破に繋げる事は出来るため、榴弾だけでなく視界を遮る煙幕弾や間で視界を確保する照明弾も用いられる。

また、迫撃砲を車載する車両には本来兵士を輸送するAPCが用いられることが多いが普段は兵員室に収納し、射撃時に屋根を兼ねたハッチを開けるが多い。この事から式の自走砲より隠密性が高い。

その反面、着弾の精度が悪い=命中率が低い事がジレンマだが運用が始められた第1次世界大戦においては広範囲に効果が見込まれるガスの散布に用いられ戦間期に開発された迫撃砲の中にはその用途で開発されたものが多く冷戦期は核兵器の運用も想定されたが幸いなことにその用途では使われることはなかった

なお、着弾の精度に関しては21世紀に入ってレーザーGPS赤外線画像による誘導が開発された事で善されている。


作品



動画



■sm18847848[ニコ動]

■sm26122879[ニコ動]


MMDモデル


■im7598648(静画)
■im6632404(静画)


記事の一覧


迫撃砲
(単体)
自走迫撃砲
(含)

関連コミュニティ・チャンネル


■community


関連項目



最終更新日: 21/01/24 11:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ