ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: イツ

とは、東アジアの人の名前である。

編集上の注意:この記事にはGoogle ChromeSafariでは正しく投稿できないUnicodeコードポイントが含まれています。Google ChromeSafari以外のブラウザで編集してください。

ニコニコ大百科仕様上、逸、逸がこの単語記事に対応します。


漢字として


Unicode
U+9038
JIS X 0213
1-16-79
部首
辶部
画数
11画
音読み(常用)
イツ
訓読み(常用)
-
意味
のがれる、速い、抜きん出た、規則から外れた、世間に知られていない、ほしいまま、みだら。(、佚と通じて)失う、(佚と通じて)たのしむ。
説文解字・巻十〕に「失ふなり」とある。
の会意。ウサギを逐ってウサギ逃げるという会意。今の字形は免に従っているが、もともと免ではなく)。脱の如くという言葉の通りウサギといえば逃げるである。
音訓
音読みイツ音)、イチ音)、訓読みは、のがれる、はやい、それる、はやる。名のりに、すぐる・とし・はつ・まさ・やす、がある。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
JIS X 0208で逸・逸は区点16-79に包摂されていたが、JIS X 0213で逸が分けて追加され、包摂基準の適用対外となった。
逸音・逸気・逸機・逸・逸材・逸事・逸出・逸足・逸走・逸脱・逸品・逸文・逸聞・逸物・逸楽・逸話

異体字


互換文字

Unicode
U+FA67
JIS X 0213
1-92-57
部首
辶部
画数
12画
𤖍
Unicode
U+2458D
部首
画数
13画
𤖚
Unicode
U+2459A
部首
画数
16画
𠡓
Unicode
U+20853
部首
力部
画数
8画
Unicode
U+52AE
部首
力部
画数
7画

関連項目



最終更新日: 16/11/05 20:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ