ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


遊☆戯☆王アーク・ファイブ


ヨミ: ユウギオウアークファイブ
掲示板をミル!
38913カキコ!

ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
[画像を見る] 他作品への出張コメント等は控えましょう。また、スタッフ等の個人への度が過ぎた罵や侮蔑などはどんな理由があっても厳禁です。
どの作品のファンも気持ちよく作品を楽しめるようご配慮をお願いいたします。

質量を持ったソリッドビジョンにより実現したアクションデュエル
フィールドモンスター…そしてデュエリストと一体となったデュエル
人々を熱狂の渦に巻き込んだ

[画像を見る]

遊☆戯☆王アーク・ファイブとは、テレビ東京系列で放送されたアニメ作品である。
放送期間は2014年4月6日から2017年3月26日まで。


概要


週刊少年ジャンプ2014年3号情報開された、「遊☆戯☆王ゼアル」(「遊☆戯☆王ゼアル」)に次ぐアニメ遊☆戯☆王シリーズの第5作(NAS制作でない、いわゆる東映版「遊☆戯☆王」は含まれない)。
そのときは主人公の姿と、主人公が使用すると思しき2体のモンスターの姿が開された。両手に1枚ずつカードを持つ不思議なイラストであったが、今にしてみるとペンデュラム召喚を表していたのかもしれない。

決闘革命」を謳っており、5D's以降恒例となった新規の召喚システムとして、今作では「ペンデュラム召喚」が登場。さらに、新たなデュエルルールとして「アクションデュエル」も登場した。
PVではディスクの両端に1枚ずつカードがおかれ、ディスクに「PENDULUM」(振り子の意)と表示され、そのあとに初期のキービジュアルにあった2体のモンスターが現れるという場面があった。また、遊矢がピンクカバのような生き物EMディスカバー・ヒッポ)に乗りながらデュエルする場面もあり、話題となった。

タイトルにあるアークarc)は、孤、形の意。ペンデュラム(=振り子)召喚から、振り子運動を表したものか。
舟を意味するアークark)とはスペルが違う。

本作にはDMZEXALまでの作品を含めたシリーズ決算のようなコンセプトも含んでおり、シリーズで初めてスターシステムが採用されている。第1シリーズである舞網CS編の序盤ではバトルステージに前作『ZEXAL』の舞台ハートランドが登場した事を皮切りに、異なる召喚法を駆使する次元が存在する事などが明かされていき、第2シリーズシンクロ次元編では、ジャック・アトラスクロウ・ホーガン。第3シリーズエクシーズ次元編では天上院明日香カイトエド・フェニックスが登場する。また、第1シリーズ後半では放映日のより再放送されているDMリンクするようなデュエルが展開される(DM側で伝説のフィッシャーマン登場回に、ARC-V側では伝説のフィッシャーマンの後継モンスターが登場するなど)といった細かいファンサービス話題になっていた。

アークと略すと前作「遊☆戯☆王ゼアル」に登場した「No.101 S・H・Ark Knight」と紛らわしく、Vと略すとこれまた前作ゼアルキャラクター「V(ブイ)」と混同し、ファイブと略すと前々作「遊☆戯☆王ファイブディーズ」とかぶるという、略称に困るタイトル。素直に「ARC」「ARC-V」とでも書いてあげましょう。間違っても「AV」などと略してはいけない
もっとも、V(ブイ)以外はそのように略す例は少ないので、前後の文脈で通じるとは思われる。

ちなみにニコニコ動画でのタグ登録は「遊戯王ARC-V[動]タグメジャーになっている。

メインテーマは「勇気を持って一歩踏み出せ!!」。

2015年8月21日発売のVジャンプ10月号にて漫画版の連載が開始した。
詳細は「遊☆戯☆王アーク・ファイブ(漫画)」の記事にて。


ストーリー


物語舞台日本沿いにある「舞網」。
デュエルの技術だけが突出して進歩している。

赤馬零児社長を務めるレオコーポレーション。同社が開発した「質量を持つ立体幻像(ソリッドビジョン)」の普及により、舞網では「アクションデュエル」が生まれ、世界中で人気を博している。

子供たちはスター的存在であるプロデュエリストに憧れ、主人公・遊矢たちが通う「遊勝塾」や最大手「LDS(レオデュエルスクール)」といった大小さまざまな塾に通い、召喚法やデュエルスタイルなどを学んでいる。そんなある日、遊矢はプロデュエル界の現役チャンピオンとエキシビジョンマッチで戦うことになるのだが・・・・・・?

――Vジャンプ2014年4月号より引用


登場人物


スタンダード次元

遊勝塾
榊遊矢さかき ゆうや) CV:小野賢章[画像を見る]
本作の主人公14歳中学2年生。笑うことでつらい現実から逃げていたが、ストロング石とのデュエルをきっかけに困難に立ち向かう決意をする。夢はのような、人々を笑顔にする「エンターテインメントデュエリスト」になること。
舞網チャンピオンシップを経て、自身がいる「スタンダード次元」を含む4つの次元間での争いに巻き込まれていく。
ペンデュラムモンスターを多く含む「EM(エンタメイト)」「魔術師デッキを使用し、エースモンスターオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
の奇抜な髪形をしており、まるでトマトのようと評されるが、これまでのシリーズで訓練された視聴者には髪形地味に見えるという。産物ではなかった。
柊柚子ひいらぎ ゆず) CV:稲村優奈[画像を見る]
遊矢の幼馴染で、彼を叱励するパワフル少女が経営する「遊勝塾」で遊矢と共にデュエルの腕を磨いている。ハリセンツッコミが特技。
彼女自身に関するストーリーに深く関わるなど、遊戯王シリーズヒロインとしてはしい存在。
劇中にて習得した融合召喚を切り札とする「幻奏デッキを使用する。
原田フトシ(はらだ フトシ) CV:知桐京子
ぽっちゃりの塾生。もっぱら遊矢のデュエルを観戦している。遊矢が素晴らしいプレイングを披露するたびに、その感動をれるぅ~!」という言葉と共に全身全霊をもって表わしている。
らくがきじゅう」デッキを使用する。
アユあゆかわ アユ) CV:明坂聡美
塾生。もっぱら遊矢のデュエルを観戦している子、その2。年齢相応の爛漫な行動が多いが、遊矢のミスフトシ修造の行動に対し呆れたを向けることも。
アクア・アクトレスデッキを使用する。
タツヤ(やましろ タツヤ) CV:新出ななみ
塾生。遊矢のエンタメデュエルを観戦してファンとなった。他の子供二人にデュエルの知識が豊富であり、遊矢のデュエルを観戦する際の解説役を務めることも多い。
「E・M(エンタマシン)」デッキを使用する。
柊修造ひいらぎ しゅうぞう) CV:板倉
柚子父親で遊勝塾の塾長。元プロデュエリストで遊勝の後輩だった。日々塾生たちにン熱血指導ゥ熱血導を行っている。
ガッツマスターデッキを使用する。
権現坂道場
権現坂昇(ごんげんざか のぼる) CV:大林洋平[画像を見る]
遊矢・柚子の友人。彼らをはじめとする遊勝塾の塾生と行動を共にすることが多いが、遊勝塾の塾生ではなく「権現坂場」の跡取り。
遊矢の親友として彼を支える、見守る描写が多いのみならず、他の登場人物に対しても臆せず忠告を行うなどらしい性格をしている。
デッキカード全てがモンスターで構成される「超重武者デッキを使用した「不動のデュエル」を信条としている。
LDS(レオ・デュエル・スクール)
赤馬零児(あかば れいじ) CV:細谷佳正[画像を見る]
大企業レオコーポレーション」の2代目社長天才的な頭を持ち、15歳プロデュエリスト認定を受けるほどのエリートデュエリストペンデュラム召喚興味を示し、榊遊矢データを参考に独自でペンデュラム召喚を開発した。
後述する赤馬零王との戦いのため、異次元と戦う為の組織「ランサーズ」を組織する。
DD」「DDDデッキを使用し、融合シンクロエクシーズペンデュラム召喚を自在に操る。
極東エリアのデュエルチャンピオンではない。
沢渡シンゴ(さわたり シンゴ) CV矢野奨吾[画像を見る]
LDSの生徒。最初期こそ取り巻きを従え、他人や自分が認めないカードを見下すなど典的な小悪党としての面が強かったものの、遊矢とそのデュエルに影された後は、彼と共に理想的な「エンタメデュエル」を繰り広げるほどのデュエリストとなった。
基本的にキザで自信だが、取り巻きや仲間達に突っ込みを入れられたり、思い通りに戦略が決まらなかったりと、コメディリリーフとしての活躍も多い。
ダーツ」「氷帝」「妖仙獣」と様々なデッキを作中で使用し、現在ペンデュラムモンスターを多種多様なサポートカードで補助し戦う「魔界劇団デッキを使用する。
赤馬零羅(あかば れいら) CV:石川由依[画像を見る]
零児。常にぬいぐるみを抱えている。
ジュニアクラスながらと同じく融合シンクロエクシーズ召喚を操る実を持つが、気弱で自分から行動を起こすのが苦手。零児と共に異次元との戦いに加わる。
相手のカードモンスター、その属性を利用する「CC」「CCCデッキを使用する。
志島北斗(しじま ほくと) CV:花江夏樹[画像を見る]
LDS・エクシーズコースの生徒。自身の敗戦を澄に摘され意気消沈するなどコミカルな場面が印的だが、塾内での40連勝、試合観戦での戦況分析などからも分かるように確かな実を持つ。
澄、とはよく三人で行動し、プライドの高い一面とは裏に二人を仲間として大切にしていることがわかる。
複数のエースエクシーズモンスターを並べる「セイクリッドデッキを使用する。
光津真澄(こうつ ますみ) CV:清都ありさ[画像を見る]
LDS・融合コースの生徒。対戦相手の柚子が何かしら迷いを抱えていることを見破っており、その戦いをきっかけに、彼女にとっての越えるべき標となる。
北斗に対して強気に対応する事も多いが、有事の際には彼らの身を案じる等好意的に思っている。
宝石商のであり、それにちなんで宝石モチーフの「ジェムナイトデッキを使用する。
刀堂刃(とうどう やいば) CV:高梨謙吾[画像を見る]
LDS・シンクロコースの生徒。他の2人とべるとやや言動が荒っぽい。
権現坂の直訴に応じ彼にシンクロ召喚を伝授、彼とは師の関係となった。
前二人と同じく、北斗澄とは友好的な関係を築いている。
大量展開を持ち味とする「X-セイバーデッキを使用する。
日美香(あかば ひみか) CV藤本喜久子
LDSの理事長にして零児母親。彼と共に次元戦争に備え暗躍する。
零児に絶大な信頼を寄せる一方、羅などには冷な一面を見せることも。
その他
榊遊勝さかき ゆうしょう) CV:東地宏樹[画像を見る]
遊矢の父親で元アクションデュエル界のチャンピオンだったデュエリスト
現在の刺的なアクションデュエルを築いたパイオニアとされているが、ストロング石とのデュエルの直前に消息を絶ち、行方不明となってしまった。
遊矢同様「EM(エンタメイト)デッキを使用し、エースモンスターの「EMスカイマジシャン」と永続魔法を駆使する。
榊洋子さかき ようこ) CV:遊井
遊矢の母親。よくを拾ってくるらしい。
ヤングの頃はレディースチーム「舞網クイーンズ」の総長だった。
「爆走」デッキを使用する。

次へ»
最終更新日: 18/09/29 17:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ