ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


遊☆戯☆王デュエルモンスターズ Legacy of the Duelist


ヨミ: ユウギオウデュエルモンスターズレガシーオブザデュエリスト
掲示板をミル!
258カキコ!

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ Legacy of the Duelistとは、遊戯王OCG及びアニメ遊☆戯☆王シリーズを題材とした、ゲームシリーズである。公式略称は「LotD」。


シリーズ概要


近年、デュエルリンクス以外ではあまり機会に恵まれない、遊戯王ゲームソフトであるが、このゲームが一番新しいシリーズとなる。販売形態はDL専用で、パッケージ販売は行われない。

原作再現ストーリーによって原作の歴代主人公の追体験が出来、自分の作ったデッキが使えるのはもちろんキャラクター再現デッキで遊ぶことも出来る。この時も敵もしっかり原作再現されたデッキを使ってくる。また、このオフラインではリミットレギュレーションが適応されないため、制限のデッキゴリ押しすることも出来る。

オンライン対戦にも対応しており、ランクマッチも用意されている。(無印ではレートポイントランキングボードがある。)

あくまで、タッグフォースシリーズデュエルリンクス等とは異なることを留意しておきたい。

対戦モードとキャラクターについて

対戦モードではキャラごとに固有のデッキがあり、複数持っているキャラもいる。

デッキと戦うチャレンジモードではDMキャラでもキャラによっては、シンクロエクシーズ等用いてくるデッキになる。テーマの用意されていないキャラテーマが割り当てられる。

例として、無印真崎杏子の高レベルデッキの場合、姫神フィラ、ゲールドグラ、No.102等を混ぜ込んでいるが、内容としては【代行宣告者】とも言えるデッキを使用してくる。当然大天使クリスティアまで入っている。容赦がない。梶木漁太に至っては【リチュア】である。

このあたりはタッグフォースシリーズと通ずる点がある。


1作目(無印)


Yu-Gi-Oh! Legacy of the Duelist
基本情報
ジャンル シミュレーション
対応機種 XboxOne/PS4/Steam
開発元 Other Ocean Interactive
発売元 KONAMI
発売日 2015年7月31日(CS版)
2016年12月7日(PC版
価格 $19.99
通信
その他
ゲームソフトテンプレート

その記念すべき1作日本語版は出ず、PC版にてまさかの「おま国」である。2作である、リンクエボリューションも決まったので日本語版は出ない。

当たり前だが、発売した時期が時期のために、ルールは「マスタールール3」である故、遊戯王OCGで言う、9期の範囲である。

ゲーム本体の値段は安い。

なお使えるキャラクター数は120人以上越えている。ARC-Vまでのキャラクターを用意しているが、凄いちょい役なキャラクターは用意されていても、準レギュラーキャラがいない等のキャラクター面のバリエーションにあまり良い評価はもらえていない。

あまりにも多くのキャラがいるためか、ボイスはない模様。

カードにはキャラモデルがついている。(質が高いわけではない)

カードプールとDLC

カードプールを補するのに多くのDLCが必要な状態で、当時環境クラスだったカード(例として一部のE・HEROM・HERO儀式の準備やリリーサー etc...)はあえて別売りのDLCにされている。(なぜTCGで禁止のリリーサーがDLCで売られているのかは知らない。)

特定キャラクターテーマDLCで販売された。(トゥーン真紅etc...)
ただし、悪いことだらけではなく発売後に新規カード出た場合を含めても有料DLCとver1.01アップデート等で追加のサポートが行われていた。
このゲームの発売年は2015年だが、2016年7月までのカードプール海外基準)に対応。(日本基準ではシャイニング・ビクトリーズ、巨神竜降臨のあたりまで)

しかし、DLCの合計価格は1万近いので、本体価格が安い代わりにDLC価格が高い。

ゲーム内のパックは現実のものとは異なり、オリジナルで、1つに200枚以上収録されている。(コンプリートが大変だあ・・・・)


2作目(Link Evolution/リンク・エボリューション)


遊☆戯☆王デュエルモンスターズ レガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンクエボリューション
基本情報
ジャンル 対戦カードゲーム
対応機種 Nintendo Switch/PS4/Xbox One/Steam
開発元 Other Ocean Intractive
発売元 KONAMI
発売日 2019年4月25日(NS版)
2020年3月24日(他ver)
価格 3,000円(税抜)
年齢 CERO:B
通信
その他
ゲームソフトテンプレート

2作は「Nintendo Switch」で販売し、後に他のプラットフォームでも販売予定。Nintendo Switch版の海外版は8月20日発売で$39.99となっている。
まさかの日本でも販売される。日本ではこれが1作となる。2作も変わらずDL専用ソフト

「新マスタールール対応」のため、リンクモンスターリンク召喚にも対応する。また、キャラクター総数は発売時点では145人、「遊☆戯☆王VRAINS」のキャラクターまで対応。3月24日アップデートより4月1日訂の新たな「マスタールール」に対応。

原作再現ストーリーも引き続き登場。

オンライン対戦は世界中のプレイヤーと対戦可。全ランキングを競うランクマッチや、シールド戦・ブースタードラフト戦などに対応。オンライン対戦を行うにはSteam版以外はそれぞれのハードの有料サービスの加入が必須であることに留意しよう。

また、同時発売として、攻略本「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ Legacy of the Duelist:Link Evolution デュエリストコンプリートガイド」(定価:1400円+税)がある。この書籍にはリンクモンスターカードの《プログレオ》が同梱されている。

ストーリーモードVRAINSまで対応はしているが、現状VRAINS編はエピソードも少なく、ストーリーテキストが用意されていない。3月24日アップデート時にVRAINSキャラクターが追加される。

カードプールについて

発売初期のカードプールは、自動的に10期まで広がることになり、約9000枚以上にも及ぶ。2018年8月4日発売の『デッキビルドパック ヒドゥン・サモーズ』まで収録されると宣伝されていたが、CMには《真紅眼の不屍》が映っており、現在公式サイトではこの記述は削除されたのち、表現に誤りがあったことを公式サイトで謝罪された。(TCGではヒドゥン・サモーズより前に「ストラクチャデッキR-アンデットワールド」が販売されており、この時期までにOCGTCGの両方で登場したカードが収録範囲になっていた。)

ゲーム内のパックは引き続きオリジナルでパック1種につき314種のカードが入っている。(Playmakerモチーフのパックのみ317種)

禁止・制限はアジア圏のOCG英語圏とTCGの制限の両方を適応する世界大会に近いルールで、公式サイト規制されているカード全て掲載されているが、3月24日アップデート後ではOCG側は「2020年1月制限」・TCG側は「2020年1月制限」が用いられ、それらに加えて《大鳴》が禁止カード定されている。

無料アップデートによりカードの追加が予定されており、収録範囲としては2020年3月20日TCG側で発売される「Duel Overload」までにOCGTCG両方に登場しているカードが対になるであろうと思われる。そのため、《I:P マスカレーナ》等以外にも「Duel Overload」で収録された、《水晶機巧-ハリファイバー》等のLVP時期にTCGでの登場が遅れたカードや、《捕食植物 ヴェルテ・アナコンダ》等のOCGではLVP3に登場したカードの追加等も行われる。


関連動画



■sm26850486[ニコ動]

■sm32618215[ニコ動]
■sm28984494[ニコ動]


関連リンク



関連項目



最終更新日: 20/03/04 03:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ