ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


遼寧


ヨミ: リョウネイ
掲示板をミル!
175カキコ!
曖昧さ回避

遼寧りょうねい / リャオニン / Liaoning)とは、以下のことをす。

  1. 中国北東部に存在する遼寧省のこと。 → タグ検索[動]
  2. 中国人民解放軍空母。この記事にて記述。

[画像][外部]

遼寧とは、中国人民解放軍に所属しているいろんな意味で練習空母である。
ニコニコ動画タグには「遼寧」と「遼寧(空母)」の二つがある。


建造から完成まで


元々は「リガ」という名前で、アドミラル・クズネツォフ航空母艦2番艦として1985年ソ連現在ウクライナ)で建造開始。1988年に進し、1990年に「ヴァリャーグ(Варяг・Varyag)」という名前名される。

しかし名の翌年にソ連が崩壊。ヴァリャーグはウクライナ所属と言うことになったが、経済混乱で建造資く港で放置された。この時点で完成度8割弱であった。ウクライナにとって大な資を投じてまでこの空母を建造し運用する意義があろうく、結局1998年くずとして売りに出すことになった。

それをマカオの会社が中国カジノにするという名で購入したが、この会社の社長中国軍のOBであり、この会社の正体は人民解放軍のペーパーカンパニーであった。ヴァリャーグが中国に着くと同時にこの会社は消した。ヴァリャーグはその後7年にわたり調および装を受け、実際に使える空母として再生される。

こうしてできたのが遼寧(辽Liaoning)である。


スペック


全長 304.5m
全幅 70.5m
排水量
最大速 19ノット or 29ノット (推定)
乗員 1,960人
パイロット: 626人
参謀: 40
兵装
レーダー 346 多機
電子戦 チャフ24連装投射機 x2
対抗手段 魚雷デコイ16連装発射機 4基
搭載機

航空母艦としての能力


中国初の航空母艦として2012年に就役したが、正規戦航空母艦として本格的な運用はまだまだ問題が山積みであると考えられている。

遼寧は『練習空母』であり、中国空母運用ノウハウを手に入れるために作った空母である。中国空母のノウハウを全に手に入れ(装備品の産化など含む)、さらに空母護衛用艦艇の戦も十分えるのにはまだ時間がかかると考えられている。

しかし、中国は遼寧と遼寧以前に手に入れたいろんな空母データを元として空母の建造をすでに始めており、現在はともかく将来においては、これらの空母が周辺諸の脅威となると考えられている。

アレスティング・ワイヤー
艦載機を引っかけて止めるアレスティング・ワイヤー……というよりワイヤーを『適度に』引っって航空機パイロットを安全に着艦させる油圧装置はきわめて高度なシステムであり、実用に成功したのは現在アメリカロシアしかないVTOL/STOVLではない普通航空機を搭載した空母を運用しているフランスとかブラジルとかインドとかは英露から買っている。。なおアメリカからの購入は絶対理であり、較的売ってくれそうに見えるロシア中国兵器コピーして安く売りさばくため警しており、現在売る事も技術供与も拒否している。
しかし現在では、スウェーデン経由で手に入れたアレスティング・ワイヤーを購入・運用している。また、ロシアから1セットウクライナから1セット購入したといわれており、現在搭載されているものはそれらではないかともいわれている。

スキージャンプ方式発艦
多数の装備を搭載した艦載機を発艦させるにはカタパルトという装置を使い急加速させて発艦させるのが望ましい。だが航空機用蒸気カタパルトは現状ではアメリカしか実用化して製造していない。当然アメリカカタパルト中国に売却するがなく、現在スキージャンプ、つまり上り坂に飛行機を登らせて発艦させる方式で航空機を発艦させている。その為陸上発進時にべると艦載機の搭載量が劣る。(ただしCTOL機運用空母であることは変わりなくVTOL空母よりもかに有な戦である。)
しかし中国は、1985年オーストラリアから英国製の正規空母メルボルン(当然カタパルト付き)を購入して解体した経験があり、調もその時に行われている。また、現在は蒸気式カタパルトの次世代といわれる「電磁式カタパルト」を独自に開発しているらしい。開発はアメリカが先行しているが、F-35同様にアメリカ側のデータ中国に渡っている疑惑が出ているため、実用化される可性はある。チ・マク - Wikipedia (※防衛関連企業の子会社にエンジニアとして入り込みデータを中国に送ったとして有罪判決を受けている)[外部]

■船の機関
については、ワリャーグが中国に売却された際に、ウクライナは船のエンジンである蒸気タービンの重要な部品を取り外すなどして底的に使用不可能な状態して上で引き渡した(アメリカ政治的圧があったと伝えられている)。
そのため機関再生に際しては元の機関の本来の詳しい仕組みが分からない状態で試行錯誤を重ねつつ、足りない部品は独自に製作して調達しなければならなかった。このため、オリジナルの蒸気タービン機関本来の性まで再生されたかは不明で、またメンテナンスには独自部品を使っている事などを考えると、手間と費用が余計にかかったと予想される。
現在は、かなりの困難を伴いながらも、長期間かけてなんとか使用可な状態に再生させた事が明らかにされている。また一時期ディーゼルエンジン搭載という情報があったがこれは誤りであった。もともと中国はソヴレメンヌイ級ロシア製蒸気タービンの運用ノウハウがある。

■艦載機
J-15艦上戦闘攻撃機を搭載。ただしこれはロシアスホーイ社のSu-33試作であるT-10Kのコピー品(!)と言われており、今のところ中国自慢のオリジナル戦闘機であるJ-10の艦載開発中である。
だがJ-15には「J-11B」に準じた装備が成されているため、近代修の滞っている本家Su-33よりも高性である可性が高い。スホーイ社の戦闘機Su-27中国軍ライセンス生産したのが「J-11」で、J-11Bはそれをさらに中国軍が独自の良を加えた機体である。ちなみにこの機体、のちにロシアとの知的財産権協定に違反している事がバレたため、ロシアからのSu-33入交渉が挫折している。

パイロット
20世紀後半には陸上空母訓練施設を設置していて訓練しまくっており、こちらは言うほど苦労はないと考えられている。 露以外では屈空母運用ノウハウを持つブラジル海軍の協が大きいといわれている。

関連動画



■sm19100586[ニコ動]

■sm19432970[ニコ動]
■sm30240518[ニコ動]
■sm28799823[ニコ動]


関連商品


■azB00BF6PVGG
■azB00BDCAQTY


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 19/06/06 06:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ