ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


酒井宏樹


ヨミ: サカイヒロキ
掲示板をミル!
2カキコ!

酒井宏樹Hiroki Sakai, 1990年4月12日 - )とは、日本サッカー選手である。フランスリーグ・アンオリンピック・マルセイユ所属。

185cm75kg。ポジションはDF(右サイドバック)。利き足は右。


概要



プロ入り前


長野県中野市で生まれ、幼少の頃に引っ越した千葉県柏市で育つ。年の離れた2人ので幼少の頃からサッカー始め、小学3年生になったの頃にマイティFCに入る。当時は「アフリカ人のような身体を持った子供」と評されていた。

2003年中学入学と同時に柏レイソルU-15へ入団。後に9人のプロ選手を輩出したユースの世代の一員となる。中学3年生の頃にサイドバックプレーするようになり、現在プレースタイルの礎を作る。

2006年には柏レイソルU-18に昇格。高校3年生となった2008年には比嘉と共に2種登録され、第32日本クラブユース選手権(U-18)大会では準優勝を飾る。


柏レイソル時代


2009年トップチームへ昇格。ブラジルのモジミリFCへの留学を経験するも、チームJ2降格の憂きを見る。2010年J2第11節ヴァンフォーレ甲府戦でプロデビューを果たしたが、このときはセンターバックバックアッパーという位置づけだった。チームは圧倒的な強さで1年でJ1復帰を果たす。

2011シーズンに入り、右サイドバックとしてレギュラーに定着。右サイドでのレアンドロ・ドミンゲスとのコンビで大ブレイクし、J1で27試合に出場。の昇格1年でのJ1制覇に大きく貢献し、Jリーグベストイレブンベストヤングプレーヤー賞などを受賞した。Jリーグ王者として参加した2011 FIFAクラブワールドカップではモンテレイサントスなど世界の強クラブと渡り合い、内外問わず知名度を上げた。

2012年も引き続きとして活躍していたが、前年の活躍によって欧州クラブから獲得オファーが舞い込み、シーズン途中で海外への移籍を決断し、中学生の頃から在籍していたチームを退団する。


ハノーファー時代


2012年ドイツブンデスリーガハノーファー96へ移籍。加入1年2012-13シーズンには思ったようなプレーができなかったが、シーズン終盤に出場機会を増やし初アシストを記録。2年2013-14シーズンでは右サイドバックポジションを掴みレギュラーに定着。2013年11月3日に行われたブンデスリーガ第11節のブレーメン戦ではブンデスリーガゴールとなった長距離からのスーパーゴールを決め大きなインパクトを残し、怪などもありながら26試合1得点を記録した。

2014-2015シーズンにはニュルンベルクからロンドン五輪代表で一緒だった清武弘嗣が移籍しチームメイトとなる。この年はシーズン終戦で1部残留を果たしたものの、2015-2016シーズンは低調なチームに引っられて自身も低調なパフォーマンスとなってしまう。結局ハノーファーリーグ最下位で降格。これに伴いハノーファーを退団する。


マルセイユ時代


2016年日本代表監督ヴァヒド・ハリルホジッチアドバイスもあり、フランスの名門オリンピック・マルセイユに移籍。開幕戦からレギュラーとして起用されると、右サイドでのフロリアン・トヴァンとのコンビチーム武器となり、として定着。リュディ・ガルシア監督からの信頼も厚くなり、加入1年にしてフィールドプレイヤーとして最多の出場時間である3012分出場する。

2年2017-2018シーズンには、左サイドバックや3バックの一としても出場する機会が増える。2018年4月12日UEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2nd legのRBライプツィヒ戦では、終了間際に移籍後の公式戦初ゴールとなる追加点を決め、マルセイユの14年ぶりELベスト4入りに貢献する。

2018-2019シーズンは、怪で欠場した時期があったが、攻守に安定したプレーが評価され、ファンが選んだクラブシーズンMVPに選ばれる。

2019-2020シーズンは、左足首の負傷のパフォーマンスが低下。2020年3月新型コロナウィルスによってリーグが中断した時期を利用し手術を受ける。

2020年9月13日おこなわれたパリ・サンジェルマンとの伝統の一戦では、マッチアップの相手となったネイマールから差別発言を受けたと報じられ騒動となる。結局拠不十分でネイマールは処分されず、自身はツイッターにおいて「何か言われたとしても細な出来事であり、差別とは全く関係ありません。」とコメントし、大人の対応を見せている。リーグ・アン第7節ボルドー戦では、トヴァンの先制ゴールアシストするなど高いパフォーマンスを見せ、レキップが選ぶ第7節のベストイレブンに選出される。10月21日には、欧州挑戦9シーズンにして念願だったUEFAチャンピオンズリーグ舞台に立つ。

日本代表

高校1年生のときに、U-16日本代表に選ばれフランス遠征に帯同。

レギュラーを獲得するようになった2011年5月ロンドンオリンピック代表(U-22日本代表)に初選出される。すぐさま右サイドバックレギュラーを掴み、2011年6月23日ロンドンオリンピックアジア二次予選のクウェート戦では21分に先制ゴールを決める。最終予選でもとしてプレーし、2012年2月22日マレーシア戦では先制ゴールを決めるなど本大会出場に貢献する。

2012年7月から開催されたロンドンオリンピックメンバーU-23日本代表)に選出されると、ハノーファーに入団決定直後にチームに合流する。初戦のスペイン戦にスタメンで出場するが、この試合で左足首を負傷し後半29分に途中交代。その後のグループリーグ2試合を欠場する。準々決勝のエジプト戦でスタメンに復帰し、クリーンシートに貢献しベスト4進出に貢献。しかし、準決勝のメキシコ戦と3位決定戦の韓国に敗れ、悲願のメダル獲得はならなかった。

日本代表には、2011年10月に初選出され、2012年5月23日アゼルバイジャン戦でAマッチデビューを果たす。基本的に内田篤人に続く右サイドバックの位置づけだったが、アルベルト・ザッケローニ監督からは評価されてコンスタントに代表に呼ばれ、2014ワールドカップアジア予選やFIFAコンフェデレーションズカップ2013など公式戦でもスタメンで起用されることもあった。2014 FIFAワールドカップメンバーにも選出されるが、内田が好調だったこともあって出場機会はかった。

ブラジルワールドカップ後の日本代表でも常連メンバーとして名を連ねており、2015年にはポジションを争っていた内田が負傷によって長期離脱した間にレギュラーの座を掴む。ハリルホジッチ監督からはデュエルの強さと中戦の強さを買われて信頼を得て不動の存在となっていき、アジア最終予選を勝ち抜くにあたり欠かせない存在となっていた。

西野朗監督に代わってもとして起用され続け、2018年6月ロシアで開催された2018 FIFAワールドカップに2大会連続でメンバー入り。初戦のコロンビア戦でワールドカップ初出場を果たすと、第2戦のセネガル戦ではリヴァプールで活躍するサディオ・マネとのマッチアップでほぼ完封する圧巻の守備を見せる。大会では全4試合に出場し、日本の2大会ぶりの決勝トーナメント進出の立役者となる。

ロシアワールドカップ後、森保一監督が就任した日本代表でも引き続き定位置を掴むと、2018年11月16日ベネズエラ戦にて代表49試合にして初ゴールを決める。2019年1月カタールで開催されたAFCアジアカップ2019にも出場。控えメンバー中心だったウズベキスタン戦を除く決勝までの全試合にフル出場するが、決勝でカタールに敗れ、準優勝に終わる。


個人成績


シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2009 柏レイソル J1 0 0
2010 [画像を見る] 柏レイソル J2 9 1
2011 [画像を見る] 柏レイソル J1 27 0
2012 [画像を見る] 柏レイソル J1 15 1
2012-13 [画像を見る] ハノーファー ブンデスリーガ 13 0
2013-14 [画像を見る] ハノーファー ブンデスリーガ 26 1
2014-15 [画像を見る] ハノーファー ブンデスリーガ 27 0
2015-16 [画像を見る] ハノーファー ブンデスリーガ 26 1
2016-17 [画像を見る] マルセイユ リーグ・アン 35 0
2017-18 [画像を見る] マルセイユ リーグ・アン 33 0
2018-19 [画像を見る] マルセイユ リーグ・アン 27 1
2019-20 [画像を見る] マルセイユ リーグ・アン 21 0
2020-21 [画像を見る] マルセイユ リーグ・アン

プレースタイル


スピードに乗ったダイナミックオーバーラップから右足からの鋭い高速クロスを得意としている。時代はこの高速クロスが代名詞となっていた。独特のフォームから人よりもスペースを狙って放ち、内側に回転がかかって相手ゴールキーパーから逃げるような軌を描き、ゴール前で急速に落ちていくのが特徴である。ただし、自分のモーションに持ち込もうとしすぎてタイミングが遅れることもある。

若い頃は守備でのポジショニングの悪さや判断の拙さが摘され、対人プレーでの軽さが課題とされていた。しかし、マルセイユに加入して以降はこれらの課題が大幅に善され、次第に守備ストリングポイントサイドバックへと変貌している。恵まれた体格を活かしたボディコンタクトの強さには定評があり、フィジカルモンスターが多いフランスにおいてもトップクラスの身体と評されている。アジリティと持久にも優れており、ネイマールキリアン・エムバペサディオ・マネといったワールドクラスのアタッカーと対峙しても互以上に渡り合っている。


次へ»
最終更新日: 20/10/31 13:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ