ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


酒井忠篤


ヨミ: サカイタダズミ

酒井忠篤1853~1915)とは、幕末に活躍した大名である。


概要


徳川四天王の一人・酒井忠次の衣鉢を継ぐ、出羽庄内庄内自体が佐幕としては、いろいろな意味で会津の陰に隠れてしまっており、奥羽越列藩同盟のもう一人の救援対だったことがやや忘れられた感のある人。左衛門尉。幼名・繁之

酒井忠発の4男であり、萩原紋蔵の萩原子。文久2年(1862年)に酒井忠寛の世で、わずか10歳にしてとなる。

文久3年(1863年)には江戸中取締を命じられ、旧士・清河八郎の発案で結成された浪士組が体となった新徴組を揮下に置き、士とともに江戸中警護を担当させた。

慶応3年(1867年)に三田にある薩摩上屋敷を拠点とした、不逞浪士の討伐を上山と共に行い、これが幕末の一つのターニングポイントとなってしまう。

こうした功績で慶応4年(1868年)に寒河江などで年貢徴収権を与えられた庄内であったが、戊辰戦争が進行すると、前年の薩摩邸襲撃などでターゲットにされてしまい、この年貢徴収権を領からの徴発という攻撃の口実にされてしまう。また酒井忠発が徳救済に動いていたこともあり、庄内会津とともに最重要攻撃対とされてしまったのであった。

かくして奥羽越列藩同盟の協もあり、会津と共に新政府軍と開戦する。二番大隊隊長酒井玄蕃の活躍もあって、秋田から越後への転戦で圧倒的な強さを見せるも、酒井忠発の意思で降伏することとなった。

結局督は酒井忠宝が継ぐことになり、酒井忠篤は西郷隆盛の知遇を得て多くのアドバイスを受けたとも。明治13年(1880年)に督を再相続し、伯爵位を得る。そのまま鶴岡で没した。


関連項目



最終更新日: 19/09/05 10:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ