ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


酒井玄蕃


ヨミ: サカイゲンバ
掲示板をミル!
1カキコ!

酒井玄蕃1842~1876)とは、幕末に活躍した人物である。


概要


庄内士で、第3代酒井忠勝(大老酒井忠勝とは別人)の酒井了次の子孫(つまり系図上は、酒井忠次の子孫で、当時の酒井忠篤のかなり遠い親戚)。諱は了恒。通称「玄蕃」。

後に庄内家老となる酒井了明との間に長男として生まれる。が二人、が四人いたそうだ。校である致館で学び、重正流術や新久流兵学の免許を会得していった。

文久3年(1863年)に江戸詰となって番頭として中取締の任に就いた。元治元年(1864年)には深で負傷しながら岩名之進を討ち取り、功績をたたえられる。に戻ると近習頭に任ぜられた。

ところが慶応3年(1867年)に酒井忠篤隠居を計った内訌事件が起きる。この結果、祖酒井右京切腹酒井了明も致仕することとなり、酒井玄蕃が督を継ぐことになったのだ。

慶応4年(1868年)に戊辰戦争が起きると、組持番頭として出戦。清川に入った新政府軍を撃破して、攻略に侵攻した。やがて中老に任ぜられ、秋田侵攻作戦では二番大隊の隊長となる。北斗七星をかたどった破軍旗を掲げて進発し、新庄・横手を攻略。この戦いでの奮戦ぶりが賞賛されるが、隊規の整備など決して武者ではなかったようだ。

しかし、戦いを終えに戻った直後に、庄内は降伏。以後は兵部省に出仕して、清への渡航も行っているも、肺疾で若くして亡くなることとなった。


関連項目



最終更新日: 19/09/05 19:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ