ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


醍醐


ヨミ: ダイゴ
掲示板をミル!
6カキコ!

醍醐(だいご)とは、製品の一種である。元々はで「サルル・マンダ」といい、「最上製品」を意味するとされる。


概要


製品を精製する上で「→酪→生酥→熟酥→醍醐」の五段階の味、「五味」があるとされ、その最上製品が醍醐とされた。ちなみに熟酥はで「サルピス」といい、乳酸菌飲料「カルピス」のとなったことで知られる。

仏教の経典「涅槃経」には、悟りを得ることは「」から「酪」が、「酪」から「生酥」が、「生酥」から「熟酥」が、「熟酥」から「醍醐」が熟成精製されるのと同様であり、「涅槃経」は「醍醐」と同様であると言う記述が出てくる。これを五味相生の譬(ごみそうしょうのたとえ)という。

なお、ここから「醍醐味」という言葉が生まれた。


地名


上記のとおりもともと仏教であり、日本でも寺院の名前に「醍醐」が付けられることが多かった。また、「醍醐のようにおいしいが湧き出るところ」「醍醐のようなおいしいの産地」などの意で地名も多く生まれた。


苗字


転じて日本苗字ともなる。苗字としては公家の醍醐が知られる。五摂一条の分に醍醐があった。江戸時代前期、霊元天皇の詔により一条昭良の次男、基が醍醐した。9代忠順は明治維新に貢献し、初代大阪府知事となった。維新後は侯爵となる。

また、安房漁師に醍醐氏があった。当は代々醍醐新兵衛名乗り江戸湾にて漁を行っていた。

また、桓武平氏千葉氏の一族に醍醐氏があったとされる。

現在、醍醐姓は関東地方に多く分布しているが、特に千葉県浦安市に集中して分布している。


曖昧さ回避



人名


実在の人物

追号
公家醍醐家

地名



その他



関連項目



最終更新日: 11/07/02 16:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ