ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: ジュウ

とは、以下のことを表す。


漢字として


Unicode
U+91CD
JIS X 0213
1-29-37
部首
里部
画数
9画
読み(常用)
ジュウ、チョウ
訓読み(常用)
え、おもい、かさなる、かさね
𡍴
Unicode
U+21374
部首
土部
画数
12画
𨤣
Unicode
U+28923
部首
里部
画数
10画
意味
  1. 重い、重し、重なっている、重ねる、重ねて、重々しい、厳しい、濃厚、大切である、尊い、増やす、丁寧、はばかる、妊む、はなはだ、(腫と通じて)むくむ
  2. (穜と通じて)実るのが遅い穀物
説文解字・巻八〕には、「厚きなり」とある。
字形
諸説ある。
説文〕は「𡈼(テイ)に(したが)ひ」とあり、形としている。
白川静は、の会意で、東は袋の形なので、袋に土を重りのように加えたものを表しているとする。ほかにに従い東の形説、種の初文とする説などがある。
音訓
読みは1.の場合、チョウ音)、ジュウ(音)、2.の場合、トウ(音)。
訓読みは、おもい、かさねる、え、はばかる、はらむ、はなはだ。名のりに、あつ・かず・しげ・しげる・のぶ・ふさ、などがある。
規格・区分
小学校3年で習う教育漢字であり、常用漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
部首
重は〔説文解字〕では部首である。ほかにが属する。
重を符とする漢字に、、㣫、𢝆、湩、腫、種、歱、、褈、踵、緟、鍾などがある。
重圧・重屋・重音・重器・重機・重厚・重婚・重々・重症・重畳・重心・重臣・重責・重体・重態・重大・重鎮・重複・重用・重要・重陽・重力・重賂

異体字


𡒀
Unicode
U+21480
部首
土部
画数
16画
𡔅
Unicode
U+21505
部首
土部
画数
22
𡔌
Unicode
U+2150C
部首
土部
画数
23

最終更新日: 16/01/08 09:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社