ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


重甲ビーファイター


ヨミ: ジュウコウビーファイター
掲示板をミル!
64カキコ!

重甲ビーファイターとは、誰だ
1995年1996年テレビ朝日系で放映された特撮ヒーロー番組、および作中に登場するヒーローの名称である。


概要


メタルヒーローシリーズの14作
前番組の『ブルースワット』が異様に重い展開で子供受けしなかったため、その反から「異次元からの侵略VS正義ヒーロー」というシンプルかつ正統派ヒーローものとなった。

変身アイテムコミカルネーミングの敵怪人スーパー戦隊シリーズ)、戦闘シーンで展開される異次元間『ガオームゾーン』(宇宙刑事シリーズ)、昆虫モチーフとしたデザイン仮面ライダーシリーズ)など、東映特撮ある意味集大成といえる要素を多分に含んでいる。

そのためか子供受けも良く、特撮ファンからの評価も高い。

最終回スペシャルではメタルヒーローの先人、ジャンパーソンブルースワットゲスト参戦するというお祭り的な展開となったことも話題になった。

2012年12月17日より、youtube東映特撮チャンネルにて、2話ずつ週替わりでの公式配信が行われた。
2013年3月1日より、東映特撮ニコニコオフシャルにて劇場版のみだが公式配信開始。


ストーリー


世界各地で起きた昆虫の大量発生。それについて調していた昆虫学者甲斐拓也ジャングルにある洞窟昆虫界の長老・老師グルと出会う。

老師グルから世界中で起きている昆虫の大量発生は侵略者が現れる前兆と聞いた拓也は向井博士にそのことを伝える。向井博士侵略者の存在を政府に伝えるが全く相手にされず、仕方なく自分たちだけでも戦うことを決める。

そして老師グルの予言通り、異次元軍団『ジャマール』が地球に襲来。昆虫たちはジャマールに挑むが戦の差はいかんともしがたく、次々と倒されていった。

一方、侵略者への備えとして開発していたアーマーがうまく起動せず苛立っていた向井博士と拓也。彼らの元へやって来た老師グルがアーマーへ昆虫を注ぎ込み、強化インセクトアーマー』を完成させる。

その適合者として選ばれたのが拓也と、ジャマールへ反抗の意志を見せた2人の若者・片大作と羽山麗であった。

彼ら3人は人類の最先端科学昆虫族のを併せ持つ正義戦士ビーファイターとなってジャマールに戦いを挑む!!


主な登場人物


甲斐拓也/ブルービート/スーパーブルービート(演:土屋大輔スーツアクター岡元次郎日下秀昭アップ)、高岩成二アクション))
主人公の1人で、昆虫学者インセクトアーマーはカブトムシで、パワーに優れるタイプ。知性かつ温厚な性格で、自然をこよなくする優しい心の持ち。しかし悪に対しては強い闘志を見せ、自己犠牲すらも厭わないヒーローらしさも持ち合わせる。後半でカブトから渡されたビートイングラムスーパーブルービートへと重甲進化メタルフォーゼ)するを得た。 
終盤近く、ブラックビートシャドーの正体を見たことで「シャドーを生んだ原因は自分にある」という自責の念から戦意喪失、戦線離脱してしまう。やがて大作の「自分でまいた種は自分でケリをつけなきゃ」という言葉に、シャドーとの宿命を終わらせることができるのは自分だと気づき戦意を取り戻す。第51話ではブラックビートとの決戦にて勝利したと思われたが、最期のを振り絞ったブラックビートの不意打ちを食らい相討ちとなって死亡した。しかし自分よりも地球の多くの命を優先する志に感動したセントパピリアに命を与えられ生き返った。
必殺技は専用武器・スティンガーブレードを使った『ビートルブレイク』、スティンガードリルを使った『ストライクブラスト』、スーパーブルービート時の必殺技ビートイングラムから強破壊光線を放つ『スーパーファイナルブロー』。
 
大作/ジースタッグ(演:金井茂スーツアクター的場耕二(アップ)、今井アクション))
主人公の1人で、木医。インセクトアーマーはクワガタムシで、スピードに優れるタイプ。拓也とは逆の快な性格をした熱血で、そのため拓也と対立することもしばしば。しかし拓也をリーダーとして認めており、彼の理解者でもある。実は出同然の身。漁師の息子だがが苦手でカナヅチと意外な一面も。
必殺技は専用武器・スティンガークローを使った『レイジングスラッシュ』。
 
羽山麗/レッド(初代)(演:葉月レイナ、スーツアクター今井美子アップ)、宮崎剛(アクション))
主人公の1人で、水族館インストクター動物学者。インセクトアーマーはカブトムシ(メス)で、索敵に優れるタイプ。聡明な女性だったが、中盤に戦線離脱し南立つ(実際には役者さんの怪により降)。
必殺技は専用武器・スティンガープラズマーを使った『トルネードスパーク』。
 
取舞/レッド2代目)(演:
麗の後にビーファイターメンバーになった女子大生。麗とは逆の気で明るい性格だが、たとえ相手が敵であろうと分け隔てなく接しようとするなど気さくな面を持つ。敵にも命や心がある事を拓也達に認識させており、ストーリーが進むに従い少女から大人へ、そして一人前の戦士へと成長し続けた。
 
向井健三(演:野高史)
地球科学研究所アースアカミア日本部長で、年齢は43歳。インセクトアーマーの原であるプロトタイプアーマーを開発した。ビーファイターアドバイスを与えようとしたりするものの、ほとんど相手にされないことが多い。その後も様々な装備の開発・良に務めており、1度だけ自作のアーマーで「ムカイダーK3」となって戦ったこともあり、敵との相性もあって意外と善戦した他、自ら戦線に出向いて活躍する事もある。グルとはプライベートでも親しくしており、将棋したり一緒に風呂に入って愚痴した彼にアドバイスを与えたりしている。
 
老師グル田中康郎)
巨大なカブトムシの姿をした昆虫族の長老。当初は人間に対して警心を持っていたが拓也との出会いを経て協を決意しアースアカミアで開発されたプロトタイプアーマーに昆虫の精を吹き込み、インセクトアーマーを誕生させた。長老として厳粛な物とは裏に、向井との将棋で負けそうになって将棋盤を引っ繰り返したり、息子のことで向井愚痴すなど私生活では意外な印を見せる。また終盤で拓也がブラックビートとの決戦死亡した際には涙を流していた。自らの生命の危機にさらされると巨大カブトムシそのものの姿になるが、その際に意識は封印された状態になるため復活には時間がかかる。ビーファイターの窮地には度々戦線に出向き支援する。
将棋盤をひっくり返した以降はアースアカデミーには来ないでの中でインセクトアーマーを通じアドバイスをしただけで18話まで長らく出番がかった。
 
カブト吉水孝宏
老師グル息子に反抗して100年前に地球を飛び出し、商人として次元を流れ歩いていた。しかし、商人としての生活は彼なりに見聞を広め、グルの跡を継ぐために出た行動だった。初登場時はビーファイターを認知しておらず、悪者と誤解して襲い掛かってしまう。しかし拓也を次元覇者と認め、最強ビートイングラムを託した。関西弁を喋る。歴戦のヒーローを招集するほどの行動を持つ。戦闘もかなりの物で特別篇では他のメタルヒーローと共に怪人たちと互に戦っていた。因みに母親レッドルに似ているらしく、レッドルに重甲する舞をちゃん付けしていた。

シャドー/ブラックビート(演:岡元次郎(初登場-43話)、高岩成二(29話)、土屋圭輔(43話以降)、ブラックビート咲野俊介スーツアクター岡元次郎
ガオームがビーファイターと戦った成果からジャマール科学によって生み出された昆虫戦士、いわば悪のビーファイターシャドーがブラックコマンダーによって「邪甲(じゃこう)!!」の掛けカミキリムシインセクトアーマーをった姿である。その正体はジャグールが拓也の遺伝子を採取したカミキリムシから作り出したクローン。自分自身のアイデンティティと闇の宿命ともいうべき因縁から、もうひとりの自分である拓也を執拗につけ狙う。時には自らが倒すことにこだわり、拓也を窮地から救うこともあった。
武器はジャミングマグナムスティンガービュートメインカラーメタリックブラックビーファイター3人をまとめて圧倒するなど戦闘力は非常に高い。対ビーファイターの刺客としてガオームからの信頼は厚く、ブルービート殺に固執するが、そのために侵略・征活動を展開しようとする三幹部とは折り合いが悪く、彼自身もまた三幹部を無能扱いしているが度々三幹部に新兵器実験台として酷使される事もあった。当初はガオームから寵されていたが、ブルービート打倒に固執して独断専行が立つようになってから次第に疎まれるようになる。クローンゆえに短命であり、ガオームがそれを承知で自分を利用していたことを知るに至ってジャマールを脱退。
同じくジャマールから離反したジェラと同行するようになり、暴走したシュヴァルツがジェラを殺そうとした際は自身の寿命みず助ける等、彼女仲間としての感情を抱くようになる。共に、永遠の命を授けるセントパピリアを追い、同じく永遠の命をめるガオームに先んじて手に入れようとする。その後拓也と最終決戦を挑み、一度は敗れたかにみえたが執念で拓也に致命傷を与える。しかしその直後自身の限界が訪れ、拓也に看取られながら消滅した。
シャドーの正体を演じる土屋圭輔氏は拓也役の土屋大輔氏とは実の兄弟双子)である。五星戦隊ダイレンジャーキリンレンジャー・知(カズ)」を演じていた。
 
セントパピリア(演:富永アミナ)
次元の裂けから現れた生命体。永遠の命を持つためガオームやシャドーに狙われることに。
滅びの間その世界に現れるが、滅びから救うのではなく滅びた生命をらせる存在なので、その世界が一度滅びる事がを使う前提となる。
シャドーという異質な生命、そして拓也とシャドーが持つ宿命に興味を抱く。
その後ブラックビートとの戦いで死亡した拓也をらせた。続編の『ビーファイターカブト』にて、の意思が闇の意思との壮絶なる戦いを決着させた後に、滅びた生命を甦らせるために生み出された生命であることが判明する。

ビーファイターの戦力(装備・メカニック)


共通装備


次へ»
最終更新日: 18/06/05 01:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ