ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


量産型νガンダム


ヨミ: リョウサンガタニューガンダム
掲示板をミル!
15カキコ!

RX-94 量産型νガンダムとは、SDクラブ11号の『M-MSV』に登場するMSである。


概要


地球連邦軍が「νガンダム」を基に開発した量産型MS

二次ネオジオン戦争の長期化を見据えた連邦は、ドーガシリーズに対抗する為にジェガン以上の高性機の開発に着手。提示されたのはサイコフレームを採用した開発途中の「νガンダムの量産プラン」だった。νガンダムが選ばれた理由は、ドーガシリーズニュータイプ対応機「ヤクト・ドーガ」の量産化を恐れた結果とも言われている。

カタログスペックνから多少低下しているがサイコフレームの採用を予定しており、原機同様に高価な機体になると予想された。このため「エース用の少数生産機」として開発が進んだというのが通説だが、後年の資料では「ジェガンに代わる次期補」と記載した物もある。

戦乱の期終結に加え、連邦が開発自体に積極的ではない事もあり、計画は白紙になった。少なくとも1機生産され、上でテストが行われた(この際のオプションインコム装備であった)。

設計開始時期は『シャアの反乱』勃発以前、第二次ネオジオン戦争の開戦後など諸説あるが、少なくとも原機と並行して開発されたのは確実である。

0096年、量産型νガンダムの設計を流用したAE社製MSガンダムGファースト」がロールアウトしている。

構造

バックパックサイドオプションラッチには「インコムユニット」と「フィン・ファンネル」のどれかを装着する。

通常はニュータイプが乗る場合フィン・ファンネル、一般兵がインコムとされる。一般兵の微弱な感応波では情報のやり取りが少なく、ファンネルの制御も落ちてしまう(実際この時期のビット系兵装は、サイコフレームの補助だけだと扱いが難しかった)。

腕部のサーベルホルダーはオプションラッチに変更され、ビームスプレーガン等が装着される。またサーベル部保持タイプの通常サイズの他に、バックパック上部にビームカノン兼用とされる大ビームサーベルを装備している。フィンファンネル装備は大サーベルを片側に、インコム装備は両サイドに装着する。


関連動画



■sm2643784[ニコ動]

■sm19338055[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/01/03 16:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ