ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: ハリ

とは、細く鋭い刺すための具である。


概要


金属ができたものが多いが、木やプラスチックのものもある。

単に針というと裁縫のための針をすことが多いが、針には裁縫のほかいろいろと用途がある。

留めるための針はピンとも呼ばれる。


歴史


古くは、木、植物のとげなどが針に使われた。世界各地で旧石器時代の針が見つかっていて、日本でも紀元前4000年ごろの遺跡から、でできた針のある針が見つかっている。

その後、といった金属製の針が作られるようになった。最初にの針が作られたのは中国で、その後ヨーロッパにも広まった。

忍者は小さな音を聞き取るため、静かな場所で砥石に落とした針の本数を聞き分ける「小音聞き」という訓練を行っていたという。どんどん落とす場所を離していくため、「熟練者は間(約180m)先に落とした針の本数も聞き分けられた」などの逸話が残っており、漫画アニメ特撮ゲームなどで形を変えて度々引用される。

何で針やねんという感じもするが、衣類のほつれを直す、武器として扱う、怪病気などを緩和するなど針は忍者にとって身近な具だったようだ。


その他の意味



漢字として


Unicode
U+91DD
JIS X 0213
1-31-43
部首
画数
10画
意味
はり、はりのように細い、はりのようなもの、刺す、縫う、という意味がある。
説文解字〕の本字は鍼で「縫ふ所以なり」とある。針はその俗字であるが、現在日本では鍼は鍼治療をす。
字形
鍼は形符は咸。針の従うは、小さい針の形。大きい針の形は
音訓
音読みシン訓読みは、はり。
規格・区分
常用漢字であり、小学校6年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
針医・針女・針小棒大・針線・針葉・針路

異体字


他漢字の書き換え



関連動画



■sm814424[ニコ動]

■sm16425447[ニコ動]


関連商品


■azB004XKDY6K
■azB002KM18WA


関連項目



最終更新日: 19/06/29 19:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ