ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鈴木


ヨミ: スズキ
掲示板をミル!
52カキコ!

鈴木すずき)とは、日本苗字、地名である。日本で2番に多い苗字


概要


もともと鈴木は紀伊現在和歌山県三重県の一部)熊野地方で豊作祈願の祭礼の際に奉る木のことをいう。稲藁を木の周りに積み上げたものを「スズキ(ススキ)」といい、これに当て字をした物である。スズキは「なる木」の意味とされる。古くより「穂積」を本姓とする熊野官が鈴木姓を称したと言われる。

歴史上では紀伊(現和歌山県海南)に移住し、王子社(現在神社)の官として勢を持った鈴木氏が知られる。現在和歌山県海南神社内には鈴木姓のルーツとして「鈴木屋敷」が現存している。

また、紀伊西部に勢をもった武装集団、雑賀衆に鈴木氏があった。雑賀衆の頭領、使い雑賀孫市苗字は鈴木である。

三河の武鈴木氏は鈴木氏の流れと伝わっている。鈴木重善が鎌倉時代から南北朝時代州へ赴く途中足を患い、三河に土着したのが始まりとされる。三河鈴木氏は戦国時代平氏に仕えた。

鈴木姓は熊野信仰の広がりと共に東日本で多く広まり、現在東海地方関東地方に集中して分布する。特に静岡県では圧倒的に多く、静岡市浜松市ぶっちぎりで1番多い苗字となっている。その他の市町村でもほとんどで1番多く、1番ではなくても軒数上位10位には必ず入っている。隣接する愛知県三河地方にも非常に多く集中する。関東地方では、鈴木が軒数1位にならないのは群馬県のみであり、かなり多い苗字ということがわかる。東海関東ほどでないにしろ東北地方にもかなり多い。

反面西日本ではあまり多く見られない。鈴木姓発祥の地、和歌山県で多く見られる以外は較的愛媛県宮崎県で多めになっているというぐらいで東日本の圧倒ぶりがのようである。

少し前まで日本で最も多い苗字とされていたが、これは歯科医佐久間英の作成した佐久間ランキングデータである。佐久間ランキングデータは抽出が不全で関東に偏っていた。その為鈴木が日本一多い苗字と言われるようになった。


曖昧さ回避



実在する人物の人名



次へ»
最終更新日: 19/06/21 20:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ