ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鈴木みのる


ヨミ: スズキミノル
掲示板をミル!
18カキコ!

\かっぜっになれ~♪/

鈴木みのるとはパンクラスMISSION所属のプロレスラーであり、
株式会社パイルドラバー社長世界一性格の悪い男である。

本名は鈴木実1968年6月17日生まれ、神奈川県横浜市出身。 


概要


新日本プロレス~新生UWF

1988年新日本プロレス飯塚孝之(現:飯塚高史)戦でデビュー。当団体から期待されていたこともあり翌年にはアントニオ猪木との試合も経験したが、盛を極めていた新生UWFに移籍。田村とのシングルで初を飾ると高田延彦前田日明などの大物とも対戦するようになると、モーリススミスとの異種格闘技戦で注を集めるようになる。

1990年末から1991年初頭にかけてUWF分裂騒動が起き、鈴木は盟友の船木勝らとともにプロフェッショナルレスリング藤原組へ参加。東京ベイNKホール大会における佐野直喜戦では、佐野鈴木スタイルに適応し大きな反を呼んだ。当時の藤原組は故・カールゴッチ氏を顧問に据えており、鈴木ゴッチに傾倒にした時期でもあった。

パンクラス移籍

1993年に船木とともに藤原組を離脱すると、同年8月パンクラスを旗揚げ。1995年にはケンシャムロックを破り、第2代キングオブパンクラシストにもいた。しかし、同時期に台頭してきたブラジリアン柔術を取り入れようとしていた船木を然に批判したことから、盟友であった2人の間に確執が生まれることになる。

同年9月の初防衛戦で敗北すると、翌年には首の負傷が原因で連敗を重ねるように。船木からも「もう両雄ではない」と見切りを付けられ、10月には長期欠場した。翌年以降復帰、欠場を繰り返すようになり、リングスパンクラスの騒動の発端となるなど、この頃の鈴木はとげとげしい発言が立つようになる。
導者としても「柔術が嫌いだから」という個人的理由で出稽古禁止のルールを設けるなど、他団体との技術的なギャップを広げる原因を作ったことから、引退していた船木にも「鈴木を切った方がいい」と言われてしまうほどで、一時期は引退も考えたという。

そんな不遇の鈴木を呼び戻すきっかけを作ったのが、2002年獣神サンダー・ライガー戦。当時組まれていた対戦カードは前座戦線時代に闘を繰り広げてきた佐々木健介であったが、本人が新日本を退団、WJへ移籍したことにより流れてしまった。
この時のライガーが「オレじゃダメか?マスク脱いででもやる」と強アピール。結果は鈴木勝利だったものの、負けたライガーの評価が上がった事で「対相手」だけではなく、「対客」というスタンスもあるプロレスに再び興味を持つようになる。

プロレス復帰(新日本、NOAH)

ライガー戦を機に総合から見切りをつけた鈴木は、本格的にプロレス界への復帰をす。この時には体形も脂の乗ったプロレスラーらしいものへと変化していた。

プロレス復帰に先立ちパンクラスのプロレス部門「MISSION」を立ち上げ、2003年に古巣・新日本に参戦。2004年には佐々木健介の持つIWGP王座にも挑戦し、2月には高山善廣とともにIWGPタッグ王座を獲得。この高山との「外敵タッグ」は結成から"4年間敗"と言う記録を持っている。(高山脳梗塞で欠場した際には健介パートナーの座を譲り、棚橋弘至中邑真輔組と防衛戦を行った。)

同年のNOAHにも外敵タッグとして参戦すると、翌年から定期的に出場するようになる。NOAHではシングル戦でお互い興味を持った丸藤正道タッグを結成し、GHCタッグ王座を獲得。「ベルトには興味いが、ベルトで面いことをする」と宣言し、イギリスでの防衛戦を成功させた。

同じNOAH所属の秋山準との初対戦で秋山を締め落とし失に追い込んで以降、鈴木は「世界一性格の悪い男」、秋山は「NOAH一性格の悪い男」と称されるように。キャラもかぶっていることからお互いに舌戦を繰り広げ、試合が組まれればえげつなく攻め立てる関係と発展していた。

全日本プロレス参戦~現在

2006年健介20周年自行に参戦の際、全日本プロレス所属選手のふがいなさを訴えた鈴木は、当時負傷欠場中であった本間が反応したことで全日本参戦へのきっかけを作り上げ、4月以降から戦場とする。
同年6月にはプロレス大賞・話題賞を受賞したメカマミーと戦い、9月には太陽ケアから三冠ヘビ王座を獲得。
鈴木自身初となるプロレス大賞MVPを受賞した。

2008年になるとスランプ状態で悩める太陽ケアを独特の熱い言葉で説得し、緊急合体。「もう一度この団体のてっぺんに行く」と宣言し、NOSAWA論外・MAZADATAKEMURAと共に「GURENTAI」を結成、ケアとともにプロレス大賞・最優秀タッグを受賞している。

全日本のマットから離れ、デビューの地である新日本プロレス出戻った際には、高山TAKAみちのく、タイチ、WWE在籍経験のあるのランスアーチャーとともに"鈴木軍"を結成。エルデスペラード飯塚高史ら所属選手を巻き込む一大勢を築き上げる。

ここ最近では鈴木軍を率いてNOAHへの侵略も進行中であり、方舟側へまわった高山とは久々に反する間柄となった。


補足



関連項目



最終更新日: 15/03/30 09:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ