ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鉄道博物館


ヨミ: テツドウハクブツカン
掲示板をミル!
22カキコ!

鉄道博物館とは、埼玉県さいたま市大宮区大成町にある、鉄道に関する展示などを行う博物館である。通称:博(てっぱく)。JR東日本下の公益財団法人東日本鉄道文化財団[外部]運営している。


概要


 

秋葉原にあった交通博物館から老朽化などの理由により移転し、2007年10月14日の「鉄道の日」にあわせて開館した。大人1000円、小中学生500円、幼児200円(3歳以上)。2018年2月14日現時点で本館リニューアル工事の関係[外部]から、2018年7月5日(入館料・個人)より大人1300円、小中学生600円、幼児300円(3歳以上)に値上げされる

館内は、鉄道のことについて分かりやすい解説がある。実際に、「ミニ運転列車」というものがあり、実際の信号方式にあせた運転の体験が出来る。また、交通博物館での玉であった巨大レイアウトや、運転シミュレーターもある。全てをじっくり見ていたら1日では足りない、と思う。

休日等(お盆、年末年始、長期休暇等)は非常に混雑するため、一番人気のシミュレーターは他の展示を見た後で、などと考えずにっ先にすっ飛んでいくことをお勧めする。

テーマテーマなので、テツの聖地と言われることもある。


アクセス


開館日にあわせて大成から名を変えたニューシャトル鉄道博物館駅からすぐ。

大宮駅から歩いても、15分ほどでたどり着く。


館内の鉄道路線



ミニ運転列車


環状線になっており、時計回りに表記する。

設備 備考
万世 3面4線 ドア開きます。寄りの階段が入口、両寄りの階段が出口階段です。
2面4線 ドア開きません。
飯田 1面2線 ドア開きません。
2面4線 ドア開きません。

ミニシャトル


E2系に模したミニ列車ピストン運行される。

設備 備考
博物館中央 1面1線 -
博物館 1面1線 -

運転シミュレーター


SLシミュレーター以外は予約不要、無料。使用している映像は全て実写である。京浜東北線高崎線CG映像を使用していたが、2009年4月29日から実写になった。

SLシミュレーターの筐体は秋葉原の交通博物館に展示されていたD51 426の運転台部分のみを切り離して使用している。なお切り離された前面部分は鉄道博物館の玄関前の展示スペースに展示されている。


運転できる路線・車両


路線 車両 区間 備考
山手線 205系 大崎東京田端の内回り 映像1987年昭和62年)当時のもの
ATC・動揺制御装置搭載
京浜東北線 209系 大宮田端の南行 映像2008年平成20年)当時のもの
デジタルATC搭載
高崎線 211系 大宮→籠原の下り
15両編成
映像2008年平成20年)当時のもの
ATS-P搭載
東北新幹線 200系 運転区間は様々 ATC搭載。地震が起きることがある。
釜石線 D51 巻→似内→新
岩手二日町→織→遠野
SLシミュレーター(有料500円、要予約)
ルートは2種類から選択。動揺制御装置搭載。

関連動画



■sm1287260[ニコ動]

■sm2846859[ニコ動]
■sm5052068[ニコ動]


関連項目



関連外部リンク



最終更新日: 18/02/14 17:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ