ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


銀河烈風バクシンガー


ヨミ: ギンガレップウバクシンガー
掲示板をミル!
81カキコ!

[画像][外部]

銀河烈風バクシンガーとは、1982年7月6日1983年3月29日までテレビ東京系放送された国際映画社制作アニメであり、『J9シリーズ』と呼ばれるスーパーロボットアニメの第2作である。全39話。
ちなみに第1作は『銀河旋風ブライガー』、第3作は『銀河疾風サスライガー』である。


概要


J9って知ってるかい?昔、太陽系に暴れまわったっていうぜ。
今も世の中荒れ放題、ボヤボヤしてると後ろからバッサリだ。
どっちもどっちも、どっちもどっちも!

1作ブライガーから600年、人類はカーメンカーメンの大アトゥーム計画により誕生した数多くの惑星に移住し、それらの太陽系管理機構「ドメスチック・バクーフ」によって統治されていた。しかし28世紀、外宇宙の異人との接触をきっかけにバクーフの統治体制はほころびを見せ始め、やがて内乱へと発展していった。
そんなある日、伝説J9に憧れるドン・コンドール仲間たちと共にバクーフを支持する組織「銀河烈風隊」を組織、反バクーフ勢との戦いを始めるのであった。

前作のモチーフが『必殺仕事人』、次作のモチーフが『80日間世界一周』で、それぞれの作は割と明るい方だったが、本作のモチーフは「新撰組」で、作も最初こそ明るかったが徐々に暗い方へと変わっていく。


登場人物



ロボット


バクシンガー

[画像を見る]

全長46m、重量106.6tの巨大ロボットな武器はバクソード、ニュークソード。

士郎搭乗のレップーン、ディーゴ搭乗のタイフーン、シュテッケン搭乗のハリケーンライラ搭乗のモンスーン、佐搭乗のサイクロンが「バクシンクロンマキシム」で巨大化してシンクロン合身合体)する。

見たは不格好だが結構強く、この1体だけで数多くの敵ロボットをやっつけた。バクシンガーを量産する計画もあったようだが、都合により量産機は1機にとどまっている。
ちなみにこのロボットと旗艦バクシバードはスリーJがシュテッケンからの発注を受けて引き渡したが、丸め込まれて踏み倒されている。

(以下ネタバレ→)しかし、第37話で単独出撃したディーゴが戦死し、乗っていたバクシンガー量産機も破壊される。続く第38話で佐が暗殺されたことによりオリジナルのバクシンガーも合体不可能となったため、第39話(最終回)では士郎、シュテッケンライラの3人はそれぞれバイクに乗って決戦に赴き、壮絶な戦死を遂げる。

バクシンバード

銀河烈風隊の母艦・旗艦。バクシンガーと同じくスリーJがシュテッケンからの発注を受けて銀河烈風隊に引き渡したものだが、両方セットで踏み倒されるというにあった。

(以下ネタバレ→)39話(最終回)でシュテッケンから返還される。スリーJは銀河烈風隊と共に決戦に参加することを望んでいたが、シュテッケンの最後の頼みによりジャッキーファンファンと共に離脱する役にした。


主題歌



関連商品


■azB00005S7LL
■azB002EMFEVW


関連項目



最終更新日: 19/11/27 19:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ