ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


銀色(ゲーム)


ヨミ: ギンイロ
掲示板をミル!
10カキコ!

銀色(ぎんいろ)とは、ねこねこソフトから発売されたアダルトゲームである。


概要


しかった日のこと……そんなの日のこと……」

2000年8月31日に発売された、ねこねこソフトの第2作。本作が高評価を受けたことでねこねこソフトは知名度を上げ、続く『みずいろ』のヒットに繋がることになる。翌年にはシナリオや一部CVの追加が為された完全版が発売された(以下、『銀色』は「無印」、『銀色 -完全版-』は「完全版」と表記する)。また、2003年発売の『朱 -Aka-』は本作の続編である。

どんな願いもえるという「糸」をめぐって、それぞれ異なる時代、異なる主人公ヒロイン物語が全5章に渡って描かれる。全編を通して非常にシリアスな展開が続き、ひとつのシナリオを除いて悲劇的な結末に至るため、鬱ゲー泣きゲーのひとつに数えられることも多い。

無印には文章・音英語に切り替えることができる、という異色の機がついていた。映画イメージしての機だったようだが、舞台過去日本だったため世界観とそぐわない機になってしまっており、完全版では英語の音データは削られている。

シナリオでは片岡ともの手がけた第一章、キャラでは第二章に登場するぽんこつ亜種の狭人気が高い。また第三章に登場する佐々井夕奈は、主人公への慕と朝奈への嫉妬から狂気に堕ちていく、いわゆるヤンデレヒロインのひとり。だが当時はまだ染みのないジャンルだったこともあり注されることは少なく、ファンの間ではネタキャラ的に扱われていた。なお地味音楽も評価が高い。

初回版に「ねこ缶」がつくようになったのは本作から。完全版CD-ROMDVD-ROM同梱で3600円という脅威の低価格で発売された上、無印を購入したユーザーには、付属のハガキを送ることで完全版無料配布された。また『朱 -Aka-』は発売時に本作の続編であることを明らかにしていなかったため、本作未プレイユーザーのために、後にファンクラブ会員への無料配布CD完全版が丸ごと収録される(ただし容量の都合でCVは収録されていない)など、ねこねこソフトファンサービスの充実ぶりを見ることができる。


主題歌



関連動画



■sm230230[ニコ動]


関連商品


■azB00005HR7K
 


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 20/09/26 20:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ