ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


錆白兵


ヨミ: サビハクヘイ
掲示板をミル!
79カキコ!

錆白兵とは、西尾維新作『刀語』およびそれを原作とするアニメに登場する架の人物である。


概要


年齢、二十。職業、堕士。所属、所属。身分、浪人身長、五尺三寸。体重、十一貫五斤。趣味法。

刀語最強士にして「薄・針」の所有者。日本最強で「」の称号を持つ。
長い白髪と、女性のみならず男性をも虜にする美貌を持つ。CV緑川光
決め台詞は「拙者ときめいてもらうでござる」。

技は非常に多

などなど。そして針の特性を最大限に生かした事で彼のみが放つ事が可な限定義:薄開眼などがある。

物語が始まる前、とがめと組んで薄『針』の所有者、傷木浅慮から薄『針』を奪うことに成功。直後、逃亡した。この結果、真庭忍軍のこととあわせて、幕府内におけるとがめの地位は決定的に低下し、これにより虚流が再び世に出る遠因となる。ちなみに逃亡した原因について、とがめは最初、に当てられたのだろうと予想していたが、での決闘の後は、彼には彼なりの理由があって幕府を離反していると推察している。

原作では、奇策士とがめのりによって絶大な強さと壮大な戦闘が予期されていた。

が、

※ネタバレ注意


なんと戦闘シーンが丸々カットされ、「薄・針」を奪取したとがめと七屋で錆の強さとそれを打ち破った互いを讃え合うのみというとんでもないオチが待っていた。

アニメ版では、次回予告で錆と七花の壮大な戦闘シーンが展開[動]され「おお!これは原作ブレイクして戦闘か!」と原作読者を期待の渦に巻き込んだ。
が、
やっぱり予告シーン釣りでしかなく、第四話は真庭忍軍組と鑢七実にオイシイところをすべて持って行かれ錆は1カットだけ出て終了という原作通りの展開・見事な予告詐欺であった。ちなみに予告編だけで恐ろしいほどの作画枚数だったという。詐欺白兵とか『釣』とか釣り針とか言うな。
宇練銀閣スタンド能力を発動したわけじゃない。断じて。

上記の経緯により、アニメ放送時は、既読者は「やはりか……」と半ば納得しながら、未読者は( ゚д゚)ポカーンとしながら第四話を観終え、そしてその両方から「やはりちゃんはいい」という感想が排出されるなど、絶賛と否定とそれ以外の何かが忌憚なく論じられた。


補足


ちなみに原作読者に説明しておくと、彼の実は作中に登場した士の中でも冗談抜きに最強クラスであり、その才覚は(七が八話までで対戦した相手の中では)「七実>>(越えられない壁)>>錆白兵>>(越えられない壁)>>他」というくらいの開きがあるのである。決して見かけ倒しではない。

しかし、この刀語世界の約150年後に誕生する、とある幕末最後の士(沖田総司)の方が才覚も上であると黒幕によって明かされていた。なんだそのインフレ


全刀「錆」


その名の通り錆白兵の一族の持つの事で、鑢一族の虚「鑢」と共に了形変体補となっていた。全特性は「棒状のものなら何でもとして扱える」というもので、薄・針は兵のもとに渡るべくして渡った事が解る。ただし四季記紀には失敗作として見限られていた様子。
なお、虚庭一族と同じく、歴史竄による時間の流れの歪みから生じた一族である。

兵の鍵は歴史最強士で論この特性を持っており、その量は数十km以上離れた相手を爆散させる「突き」や、素振りで地を割りを裂き全てを吹き飛ばす暴を生み出す程。
これは当時7歳の鑢七実相手に半年戦い続ける事が出来た程のものであった。「子供相手かよ!」と思ってはいけない。見稽古を完成させてないが故に彼女は、当時ほぼ全体の状態であったと思われる。


関連項目



最終更新日: 13/07/11 08:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ