ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


錦織圭


ヨミ: ニシコリケイ
掲示板をミル!
837カキコ!

錦織圭にしこりけい)とは、島根県松江市出身のプロテニス選手。

5歳からテニスを始め、2007年17歳プロデビュー。その翌年には四大大会のひとつ、全オープンベスト16まで勝ち残るなどくからその才を見出され、2014年には日本男子初のATPランキングトップ10入り、同年全オープンでは日本人初の男子シングルグランドラムファイナリストにまで登り詰めた。ツアー現在11勝を挙げている。

数多くの日本テニス界の記録を塗り替え、世界でも次世代のトップう地位まで登り詰めたスーパースターである。

特に有名なのが、エア・ケイ」と呼ばれる強ジャンピングショット。彼の代名詞でもある。


概要


錦織圭
基本情報
日本
出身地 島根県松江市
生年 1989年12月29日
身長
体重
178cm
70kg
選手情報
利き手
バックハンド 両手打ち
デビュー 2007年
テニス選手テンプレート

プロフィール

1989年12月29日生まれ。身長178cm、体重70kgと、男子プロテニス選手の中では小柄な体格である。

幼い頃からその才を嘱望され、2003年、「盛田正明テニスファンド」の出資対となったことで、IMGニックボロテリーテニスアカデミー(本拠地はアメリカ・フロリダ)に留学。以降、アメリカを拠点に活動。

2007年17歳プロデビューを飾り、翌年にはいきなり全オープンベスト16に入ったり、ATPツアー勝利を挙げるなど噂通りの若き才としてテニス界をwktkさせるが、その攻撃的なスタイルに身体がついていかなかったのか、1年以上に渡ってあちこちの怪に苦しむことに。特に、2009年に患った右肘の疲労折により、1年近くツアーを欠場し、世界ランキングから名前が消えたこともあった。

も癒えた2010年からは地に成績を積み重ね、2011年に新しくコーチに迎えたブラッド・ギルバート錦織に「醜く勝つ」=慢強い、守備的なテニスを伝授。自慢の攻撃に加わった新しい武器が、以降の彼の躍進を支えていくことになる。同10月上海マスターズでベスト4入りを果たし、世界ランキング30ジャンプアップ日本人世界ランク記録を更新し(前記録保持者は松岡修造の46位)、日本歴代最高のテニスプレイヤーへと成長した。

2012年ツアー2勝ランキングも自己最高の15位を記録と、シード選手としての地位を確立しはじめる。2013年日本人として75年ぶりに全ベスト16まで勝ち残るなど、怪の多発にも耐えて成績を維持。2014年も引き続いて怪と闘いつつ、新たにコーチに迎えたマイケル・チャンが彼に強メンタルを注入。トップ10を伺える場所で停滞しかけていた彼に、新を吹き込んだ。

男子テニス界に長年君臨する「ビッグ4」(フェデラーナダルジョコビッチマレー)相手にも、互の戦いを演じ、時には勝利をもぎ取るまでになった錦織2014年5月にはついに世界ランキング9位を記録し、日本人男子には不可能では…と言われていた「トップ10」に足を踏み入れた。

そして2014年、足親の手術明け間もなくの全オープンベスト16まで勝ち進んだ錦織は、まずラオニッチ(世界ランク6位)を4時えの死闘の末撃破。準々決勝ではワウリンカ(世界ランク4位・2014年チャンピオン)を、こちらもフルセット4時えの末撃破。そして準決勝ではビッグ4のひとり、ノヴァク・ジョコビッチ(世界ランク1位)と対戦。その絶対王者相手に会心のテニス勝利をもぎ取り、日本人として初のグランドラム決勝進出を、グランドラムでのビッグ4初撃破で成し遂げた。

惜しくも決勝ではマリン・チリッチに破れて優勝は逃したが、その後もATPツアーで2勝を積み重ね、またしても日本人男子初、「ツアーで1年を通して好成績を収め続けた選ばれし8人」しか出場出来ない今季最終戦ATPワールドツアーファイナル出場を決めた。

2015年、全ベスト8まで進み、メンフィスオープンは大会3連覇を達成。アビエルト・メキシコテルセルオープンでは、1回戦のA・ゴンザレス戦に勝利した結果、通算200勝(当時の対戦成績:200勝107敗)を達成した。決勝でD・フェレールストレートで敗れ、2週連続優勝こそ逃したが、3月2日付けATPランキングにて、日本人選手最高位の4位に浮上した。

世界の頂点をして未知の領域に挑み続けている。


主な経歴


ジュニア時代から現在に至るまで々しい戦歴を収めており、今後もトロフィーの数が増えそうなのでな戦歴に絞って紹介したい。もっと詳しく知りたい方はファンサイトなどをご覧下さい。

グランドスラム戦歴・世界ランク変遷

'07 '08 '09 '10 '11 '12 '13 '14 '15 '16
OP 不参加 不参加 1回戦 不参加 3回戦 Best8 Best16 Best16 Best8 Best8
OP 不参加 予選 不参加 2回戦 2回戦 不参加 Best16 1回戦 Best8 Best16
全英OP 不参加 1回戦 不参加 1回戦 1回戦 3回戦 3回戦 Best16 2回戦 Best16
OP 予選 Best16 不参加 3回戦 1回戦 3回戦 1回戦 優勝 1回戦 Best4
世界ランク 250 63 56 98 24 15 11 5 4

世界ランクは年度内(1月1日12月31日まで)に記録した最高位を記載。
オレンジ背景セルは大会での最高成績。 

ATPツアー大会優勝歴

 2016年2月現在ATPツアーで11勝を挙げている。

特筆すべき戦歴


プレースタイル



次へ»
最終更新日: 17/01/06 00:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ