ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鎖国


ヨミ: サコク
掲示板をミル!
51カキコ!

鎖国とは、江戸時代日本が外交、貿易を制限し、また民の海外渡航を禁止した政策、及びその状況をす。

・・・が、鎖国という言葉から想像される「を鎖した」状況では全くく、現在では「鎖国はなかった」「鎖国という言葉は適切ではない」という見地が一般的になりつつある。

 ちなみに同時代のアジアでも「禁」と称して貿易、外交を制限する、日本と同様の政策が取られていた。ではなぜ、日本のみ「鎖国」という言葉が使われるようになったのか?


概要


鎖国と言う言葉は、1690年に来日したドイツケンペルが書いて死後英国で出版された見聞録「日本誌」が日本翻訳された際に生まれたものである。もともと当時の日本には鎖国と言う言葉はなかった。

一般的に鎖国と呼ばれる体制は、実際には「幕府が海外との通商、情報交換を独占する制限貿易及び外交体制」というべきものである。そもそもなぜ外交・貿易を制限する必要があるのか。

江戸時代初期、幕府の支配体制は磐石ではなかった。元豊臣側の西大名はいつ謀反を起こしても不思議ではなかったし、それら全ての大名を監視するほどの江戸幕府にはなかった。なによりもまず、中央集権的独裁体制を確立しなければならなかった。それぞれのが勝手に貿易し、さらには幕府の知らない間に武器を輸入してはまずい。また外支援を受けて有が反乱を起こすようなことは防がなければならない。

そしてキリスト教の問題もある。当時アジアでは宣教師布教活動が盛んだった。彼らの布教で非ヨーロッパ社会に新たに流入した異教の価値観は従来の統治機構との轢を生み、政治不安を生み、それに介入することが欧州による植民地化の手段の一つともなっていた。また宣教師とともにやってくる外国人には人身売買を行うものもいた。こうしたことを懸念した幕府は宣教師(とそれについてくる商人の活動)を阻止するため何回も禁を出したが効果がなく、ついには江戸初期最大の一である原の乱がおこった(宗教とされるが、実態は重税に対する農民一の側面も強い)。

これらのことから、徳幕府は諸領民自由な貿易や外国人との接触を断ち、貿易も外交も幕府が独占する体制を作った。幕府は四つの外交窓口を作り、以下のように分けた。

もっとも重要な中国オランダの外交は長崎領(幕府の直轄地)に作った出で行われた。それ以外の外交はそれぞれ辺に交易や外交の特権を与え、幕府はこれらのを経由して外交と行った。交易の特権は、生産に乏しい対馬松前にとっては重要な収入にもなった。

ヨーロッパとの外交は、最初イギリスオランダだけに絞られた。後にイギリスアジアでの貿易競争に敗れ撤退し、オランダだけが幕府と直接取引するようになった。それまではスペインポルトガルなどのカトリック要な貿易相手だったが、プロテスタント流のオランダは貿易はするがキリスト教布教めず、幕府にとっては都合の良い貿易相手であった。もともと宣教はヨーロッパにおけるプロテスタントの拡大に対抗するためのカトリック布教活動である。長崎オランダ館長は年一回海外の情勢をまとめた報告書「阿蘭陀説書」の提出を義務付けられ、幕府はオランダを通して欧州情勢を知ることができた。後の船来航も、幕府はオランダ経由で事前に知っていたという。

外交相手を限定するだけでなく、それらのとの貿易にもさらに制限がかけられた。当時交易で通貨として使われていた金銀の流出を防ぐため様々な制限がかけられ、物々交換もよく行われた。

こうした幕府の外交政策は長く底して行われたが、18世紀に入ると徐々に外からの強い干渉を受けるようになる。

ロシアイギリスフランスアメリカ自由な通商をめて幕府との接触を試み、日本を外船が多く航行するようになった。これらのに対し幕府は外船打払を布告するなどして強硬な姿勢をとっていたが、アヘン戦争中国が大敗すると欧列強の脅威を悟り、その態度は徐々に軟化していった。長年海外との接触を制限し平和を享受してきた日本は、特に軍事技術において欧州と大きな遅れをとっていた。

に対し毅然とした態度を取れない幕府の動揺は、約三百年続いた幕体制の盤石な基盤を崩す一因となった。


関連項目



最終更新日: 13/01/14 14:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ