ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


長嶋清幸


ヨミ: ナガシマキヨユキ

長嶋清幸1961年11月12日~)とは、広島東洋カープ中日ドラゴンズ千葉ロッテマリーンズ阪神タイガースの所属していた元プロ野球選手である。

現役時代は小柄な体格から「まめ」の称がつき、日本球界にて初めて背番号0を背負った選手として話題になった。
現在中日ドラゴンズチーフ打撃外野守備走塁コーチを務めている。


概要


中日ドラゴンズ
チーフ打撃外野守備走塁コーチ#78
長嶋清幸
基本情報
出身地 静岡県
生年 1961年11月12日
身長
体重
170cm
81kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 外野手
プロ入り 1980年
引退 1997年
経歴
選手歴 コーチ
プロ野球選手テンプレート

高校卒業後、ドラフト外で広島に入団する。

3年82年に一軍に定着すると、少ない数字の背番号が欲しかった長嶋はその年のオフ82年のメジャーリーグ首位打者となったアルオリバーという選手が背番号0を付けていることを知り、古葉竹識監督に「0」の着用を相談。古葉からも「縁起の悪い数字でもないから」と許可を受け、翌831月13日カープ背番号が発表されて、プロ野球界初の背番号0が誕生。

すると83年は外野のレギュラーを獲得し、初めて全試合に出場して打率.295、13本塁打57打点という成績を残す。
特に満塁では10打数6安打15打点と勝負強さを見せた他、この年のカープスローガンが「スタートフロムゼロ」だったこともあり「背番号0・長嶋清幸」はすぐにファンの間で定着した。

84年は9月15日、16日の巨人戦にて巨人エースだった江川卓西本聖から2日連続でサヨナラホームランを放ってチームを勢いに乗せ、優勝に貢献。
阪急との日本シリーズでは第1戦にてエース山田久志から逆転2ラン、第3戦では満塁弾を放つ活躍で計7試合で3本塁打10打点と持ち前の勝負強さを最大限に発揮して日本一に貢献し、日本シリーズMVPに選出された。

86年には優勝決定戦となった10月12日ヤクルト戦にて初回に満塁弾を放つなど5打数4安打7打点の大暴れを見せ、西武との日本シリーズでも第6戦、第7戦に本塁打となったが、最終戦となった第8戦では最後の打者となり、工藤公康の前に遊ゴロに終わっている。

その後もレギュラーとして活躍してが、前田智徳の台頭もあってか91年にトレードで中日ドラゴンズに移籍する。
しかし同年6月8日大洋戦にて2本塁打を放った後、守備の際に他の野手との接触を避けようとした際に右足をひねって半月を損傷する大怪を負ってしまい、これをきっかけに自慢の打撃が低迷。

93年には千葉ロッテマリーンズに移籍するも、翌94年には阪神タイガースに移ることになる。

阪神では代打中心の起用となるも、真弓明信アドバイスで打撃が復活し、94年は70試合の出場ながら打率.310、4本塁打16打点の成績を残している。
97年限りで現役を引退し、その後は多くの球団でコーチを務めている。


人物・プレースタイル


高校時代は両親も手を焼くヤンチャぶりで有名だったようで、スカウトの木庭教からは「息子さんはワル、このままだととんでもないことになる」言われている。
本人にも自覚はあったのか、以前は長嶋清幸の「ツッパリ野球人生」というコラムを連載していた。
また、現役時代は中日戦にて乱闘騒ぎが起きた時、中日の選手の股間掛けて飛び蹴りをかましたことがある。

2006年中日ドラゴンズコーチ契約を解除された際、記者会見を開いて当時中日監督だった落合博満と野手総合コーチの高代延博を批判している。

勝負強い打撃の他に守備でも4度ゴールデングラブを獲得しているが、プロ入り時は本人く「問題外」のレベルであったようで、「鬼軍曹」の異名で知られる大下剛史からは猛ノックを浴びせられている。
守備に自信を持ったきっかけは本来のポジションセンターではなく不慣れなライトを守った際、捕れないと思った打球にダイビングキャッチで食らいついて捕球に成功した経験から。


通算成績


通算:18年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 1477 4543 4031 477 1091 108 448 94 102 22 366 15 762 55 .271 .332

関連動画



■sm4339714[ニコ動]

■sm9946779[ニコ動]


関連商品


■azB008TQNSOM
■az4583620640


関連コミュニティ


■co2532


関連項目



最終更新日: 15/03/08 22:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ