ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


関東大震災


ヨミ: カントウダイシンサイ
掲示板をミル!
149カキコ!

関東大震災』とは、1923年(大正12年)9月1日11時5832神奈川県小田原付近を震として発生したマグニチュード7.9の関東地震による地震災害である。揺れや津波など現そのものは『大正関東地震』と言う。

※細かなデータ・死傷数については史料によりばらつきがあるため、正確な数字を知りたい方は各自で調べてください。


概要


フィリピンプレートの沈み込みによって北西方向に押しつけられていた関東地方南部岩盤が急に跳ね返ることにより起きたプレー界の巨大地震で、震断層のある神奈川県を中心に関東全域で大規模な被害をもたらした。

マグニチュードは7.9。最大震度は熊谷東京横須賀、府良、甲府で震度6。ただし震度については現在と基準が異なるため、現在の基準に例えるなら小田原などで震度7相当と見られている。

死者・行方不明者は公式でわかっているだけでも10万人(うち神奈川県32,000人以上、東京府70,000人以上)をえている。屋の倒壊も甚大で、多くの文化施設が倒壊・焼失した。

神奈川県では建物の倒壊による死者が多く、東京では火災による死者が特に多かった。

当時は東京府と呼ばれていた東京では、時でもあったため炊事をしていたが多く(当時は住宅が隣り合うほど密集する屋ばかりだった)、さらに強だったことが災いして火災が大規模に拡がり、3日間燃え続けた。火災旋風によって亡くなった数が5万人以上、21万戸以上の建物が焼失した。管をり巡らせたことによって「火災が起きてもここからが出せるからダイジョーブ」と慢心した結果、巨大地震により管が破裂し、消火活動がほとんどできなかった事は後の教訓となった。


デマと暴徒


また、この地震発生後、揺れによって印刷機が崩壊し、その後大火災によってほとんどの新聞社が焼失した。最もく復旧したのは火災による消失を免れた東京日日新聞の9月5日の夕刊で、その間4日間は報道全に麻痺した。その間混乱により、悪質なデマ、噂が各地に広まり、その中でも『朝鮮人暴徒と化してる』『朝鮮人混乱に乗じ、井戸を入れている』と言ったものが現れた。その後大阪朝日新聞東京日日新聞がそのことを報道し、更には警視庁朝鮮人に対して厳重な取締りをするような旨を伝えた。この事を聞いた一般市民混乱し一部が暴徒と化し、死者・負傷者が出た。また、朝鮮語には濁音がないことから『「五十五十銭」を言ってみろ』とは行く人に問い、言えなければ暴行、殺した。地方から来た方言をしゃべる人や滑舌が悪い人、身体障者などほぼ差別に暴行を受けた。この混乱で殺された人数は諸説あり、内務の調では朝鮮人231人、日本人59人、中国人3人、吉野作造の調では2613人余であった。

1960年9月1日に、関東大震災の同日に因んで『防災の日』を制定した。その週を防災週間として、毎年各地で防災の運動や訓練が行われるようになった。


関連動画



■sm566332[ニコ動]

■sm3055285[ニコ動]


関連商品


■az416716941X
■az4819110837
 


関連項目



最終更新日: 19/01/24 18:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ