ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


関西本線


ヨミ: カンサイホンセン
掲示板をミル!
21カキコ!

関西本線とは、東海旅客鉄道JR東海)と西日本旅客鉄道JR西日本)が運行する鉄道路線である。


概要


関西本線
基本情報
運行事業者 東海旅客鉄道
西日本旅客鉄道
総路線距離 174.9km
総路記号 CJ(名古屋-亀山)
V(亀山-加茂)
Q(加茂-JR難波)
52
車両 「使用車両」参照
最高速 120km/h

名古屋駅愛知県名古屋市)とJR難波駅大阪府大阪市)を結ぶ鉄道路線(幹線)である。また、四日市駅平野駅の貨物支線を持つ。

名古屋駅から亀山駅までをJR東海が(全線電化)、亀山駅から加茂駅まで(非電化)と加茂駅からJR難波駅まで(電化)をJR西日本が運行している。また、JR西日本側の電化区間には「大和路線」という称が付けられている。

2006年に優等列車急行かすが(名古屋奈良間)が止されたことにより、両社を跨ぐ列車のみならず、非電化区間と電化区間を跨ぐ列車全に消滅した。つまり、運行は3つの区間で全に分離している。

ラインカラーと路線記号名古屋駅亀山駅CJ亀山駅加茂駅の「関西線」名称の区間が紫色V加茂駅JR難波駅の「大和路線」名称の区が緑色Qである。

大和路線は加茂~木間以外は複線化されているものの、JR東海の営業区間は大半が単線のまま据え置かれているため、競合する近鉄名古屋線に大きな差を付けられているのが現状である。


歴史


複数の鉄道事業者によって開業した路線である。大半の区間(名古屋~木間)は関西鉄道が開業したものだが、木奈良間は奈良鉄道奈良JR難波間は大阪鉄道近鉄南大阪線を開業した大阪鉄道(通称大鉄)とは別会社)が開業させた。

関西鉄道滋賀県草津駅名古屋市東海道沿いに結ぶことを的に開業したが、自社路線での大阪進出を論み、柘植駅から分岐して奈良方面に伸ばした路線が1897年加茂駅まで達した(関西本線に含まれなかった区間が後の草津線である)。1899年に奈良駅まで乗り入れ、翌1900年6月大阪鉄道との合併が成立して湊町駅からの直通運転がついに実現した。1905年2月奈良鉄道との合併が成立し、1907年8月加茂~木間が開業した。元々加茂駅奈良駅を結んでいた区間(大線)は距離こそ短かったものの急勾配だったため、木経由の新線開業後に止された。そして同年10月関西鉄道鉄道有法に則って有化され、現在の関西本線となった。


ICカードの利用


JR東海TOICA名古屋駅から四日市駅で使用が可JR西日本ICOCA加茂駅からJR難波で使用可となっている。相互利用が可カードについてはそれぞれTOICAおよび ICOCAに準ずる。


路線データ



使用車両


JR東海管内

JR西日本管内

奈良線阪和線大阪環状線の運用は除く


駅一覧


支線は貨物線のみなので本線のみ掲載。
名古屋市内の  大阪市内の

次へ»
最終更新日: 19/02/20 13:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ