ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


阿野全成


ヨミ: アノゼンジョウ

阿野全成1153~1203)とは、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した僧侶である。


概要


と常盤の息子…つまり源頼朝の異で、源義経の同である今若のことである。

平治の乱後捕らえられるが一命を助けられ、醍醐寺に入り出する。しかしこのころ悪師と称されるなど、義経と大して変わらないような武芸に打ち込んだ青春時代を送ったようだ。

1180年に源頼朝の挙兵を知ると駆け付け、佐々木兄弟と出会い、渋谷に保護される。頼と合流すると、武蔵長尾寺の別当に付けられ、また駿野を拝領し野氏を名乗る。その後北条時政波局を娶り、時政に近い立場となったようだ。

1203年突如として謀反の嫌疑をかけられ、武田信光に捕らえられ、宇都宮業に預けられた後常陸に流された。その後一かもしないうちに八田知家に誅殺され、京都東山延年寺にいた息子の頼全も殺される。もう一人の息子野時元も、1219年の源実朝暗殺後の混乱期に、反幕府の挙兵をして討伐され、彼の男系は絶えてしまった。

なお、婿の閑院流藤原氏藤原佐が公家野氏の祖である。


関連項目



最終更新日: 18/06/03 07:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ