ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


附属池田小事件


ヨミ: フゾクイケダショウジケン
掲示板をミル!
24カキコ!

附属池田小事件とは、2001年6月8日に起こった大量殺傷事件である。附属池田小・児童殺傷事件とも。

現在学校における警がより厳重になった契機の一つであると言っても良い事件。


概要


事件当日の10時頃、惨劇の舞台となった大阪教育大付属池田小学校は、2時間を終えたところだった。

この前後、犯人である宅間守(37歳)は自転車専用の門から侵入した。この門は施錠がされていなかった。
教師は敷地内に侵入する宅間の存在を認識していたが、当時はまだ警心が薄く、「生徒の関係者であろう」と、特に不審に思うことはしなかった。
宅間は校内に入ると、まず2年の教室に向かい、児童を次々と包丁で刺していった。一つのクラスだけでは飽きたらず、宅間はテラスを伝い、廊下を通って、教室を移りながら襲った。その魔の手は1年の教室にまで及んだ。

結果的に8名の児童を刺殺、教師2名を含む15名が負傷した。死亡者のうち、7名は2年生だが、1名はまだ1年生だった。最後は1年の教室で宅間を最初に見かけた教師らに取り押さえられたが、捕縛直後に宅間は「しんどっ…」とつぶやいたという。

学内の広範囲で犯行が行われたために、学校側は具体的な被害者数を出すことが出来ず、通報も遅れてしまった。

者の宅間守は逮捕後、罪を逃れるために精異常者を装っていたが、2度行われた精鑑定でも「いくらか症状は見られるが、責任を免除出来るほどのものではない」という結論がなされた。
を飲んでいたということで宅間が所持していたを調べたものの、いずれも異常副作用が出るものは一つもなかった。おまけ尿を検したところの成分が出ず、そこを警察が追及したところ、用自体を偽っていたことを状した。

裁判では、当初こそ謝罪の素振りを見せてはいたものの、あくまでそれは新聞の裁判にまつわる記事を読んでいた記憶を便りに真似ただけに過ぎなかった。

以降の裁判で、宅間は退廷させられるほどの暴言を繰り返した。
その内容は「自分が(死刑で)死ぬ連れに子供を襲った、時間がもう少しあればもっと殺せた」などといった、非常に身勝手かつ、法廷にいた人々の神経を逆なでする挑発的なものだった。
の色がないどころか遺族を冒涜する発言を繰り返した宅間に、傍聴席からは「一人で死ね!」などと、憤怒の罵が飛び交ったという。

2003年8月死刑判決が言い渡される。弁護団は控訴しようとしたが、同年9月に宅間自ら控訴を取り下げた。

死刑は、本来の刑法で規定された期間以上に死刑執行が遅れることがほとんどだったが、宅間は死刑が確定すると、一日でも死刑にするよう騒いでいたという。
なことに、宅間は死刑執行前、死刑制度に反対する活動を行っている女性と文通を通じて親身になり、後に結婚して苗字を変えている(本記事では犯行当時の名前をそのまま記す)。

そして死刑確定から約1年後の2004年9月10日、宅間守は絞首台に送られた。宅間の望み通り、期に死刑が執行されるという、非常に異例なことだった。宅間が死刑台に向かったことを知ると、先述の結婚した女性は「何故こんなにいのか」と号泣した。

事件のあった池田小では「祈りと誓いの」という慰霊碑が立てられ、事件あった日時に追悼を行っている。


関連動画



■sm18352305[ニコ動]

■sm17851160[ニコ動]


関連商品


■az4750513105


関連項目



最終更新日: 16/05/26 18:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ