ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


障害競走


ヨミ: ショウガイキョウソウ
掲示板をミル!
16カキコ!

障害競走とは、競馬における競走形式の一つである。


概要


コースに設置された障を越えゴールす。一般的な術競技のそれとは異なり、飛越方法は問われないが、横をすり抜けたりしてはならない。

イギリスではグランドナショナルのように大人レースが存在しているのだが、日本では地競争で結果を残せなかったの行く先というイメージが強かった。
だが、レース体系の変更などにより若干地位の向上が見られる。


日本の障害競走


日本では、障害競走が行われているのは中央競馬JRA)のみで、地方競馬での実施はかつては存在したものの止されている。また中央競馬の10競馬場のうち、北海道の2場(札幌競馬場函館競馬場)での実施は一時存在したものの止されている。
実施する場合、一場あたり1日1レースのみの開催となることが多い。ただし近年では騎手不足をカバーする側面もあってか、1日2競走の施行が行われることもある。

上記の通り、日本では注度が下降傾向にあり、競走数自体が減少していたり、1984年地重賞競走の格付け制度(GI・GIIGIII)が導入されても障重賞競走には導入されないなどの格差が生じていた。

そこでJRAは、1999年からレース編成などを大幅に革することとなった。

一方で実情に応じた定も行われている。1999年の格付けを3段階から2段階に削減(=「未勝利」か「オープン<1勝でも経験のある>」の2クラスのみ)。また2014年から、第3場(中山東京京都阪神以外)の開催が存在する日で障害競走のオープン競走の実施がない場合は、原則第3場で障害競走を開催することとされた。


関連動画


世界一過酷な障害競走 日本の障害競走の頂上決戦中山大障害」の歴史

■sm197263[ニコ動]

■sm21387425[ニコ動]

関連ピコカキコ


中山競馬場で年に2回しか流れない(中山グランドジャンプ中山大障害)、J・GI限定ファンファーレ


関連項目



最終更新日: 19/04/22 18:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ