ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


雪ノ下雪乃


ヨミ: ユキノシタユキノ
掲示板をミル!
143カキコ!

雪ノ下雪乃とは、ガガガ文庫より出版されているライトノベル、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のヒロインである液体窒素女子

ドラマCDアニメ中の人早見沙織


概要


千葉市立総武高等学校2年J組に所属している女子高生

主人公である比企谷八幡物語冒頭で強制的に入部させられる奉仕部の部長

1月3日の生まれのB型。 好きなものはパンダパンさん。

家族構成は両親とが1人。 しかし現在はマンションで一人暮らし中。

ニックネームはゆきのん、ユキペディアさん。 前者は由比ヶ浜結衣から、後者比企谷八幡からそれぞれ呼ばれているが、本人的には微妙な模様。


人物・性格


学校一と謳われるほどの黒髪ロング美少女で、成績優秀、運動神経抜群、事までこなせる完璧超人

しかし、それらの要素をぶち壊しにするほど口が悪い。 女子社会においてはその言動で絶対零度吹雪をまき散らす。

というのも根がこれ以上ないほどの正直者であり、建前やごまかしなどは一切口にしない性格なのである。それにより時には余計な事さえ切れよく言ってのける。

作中でも幾人ものキャラがその毒舌の洗礼を受けている(八幡三浦、材木座など)。

その美貌と璧さゆえ昔から多くの男子に好意を寄せられており、逆に女子からは嫉妬によるいじめの対になっていた。しかしそのようなことに屈する性格ではないため、いじめてきた女子生徒を返り討ちにすることもしばしば。そのようなことがあってか友達と呼べる存在はほとんどいない。

普段はクールだが、勝負事となると極度の負けず嫌いの一面を見せる。 ジャンケンで勝っただけで小さくガッツポーズをするほど。

また、が尋常ではなく好きで、を前にすると真剣に、周りが引くほどの可りぶりをみせる。1人だとに話しかけたりもする。

が県議会議員で建設会社社長と遺伝子的にも大勝利。そのため千葉県についての造詣がやたら深い。またそれ以外についてもいろいろ博識なため八幡からはユキペディアさんなるあだ名を頂戴する。

完璧超人彼女だが、、体のなさ、方向音痴、突発的なアクシデント、不意打ちの優しさ、貧乳など弱点は意外と多い。 だがそれがいい

 

「奉仕部」なる部活に所属しており、その活動内容は依頼者の手助けをし、自立を促すこと。

なぜ彼女がこのような活動をしているかはいまだ明かされておらず、その意は定かではない。

しかし部室で八幡と対峙した際、「人ごとこの世界を変える」という発言を残している。

 

よく言えば秘的だが、悪く言うと綺麗な中二病

 

だが彼女自身も含め、彼女のことを深く知らない。


交友関係



比企谷八幡


 平塚静先生が彼を理矢理奉仕部の部室に引っってきたことにより出会う。 最初からお得意の毒舌で彼を罵倒攻めにするも、雪乃に負けないくらい舌の回る八幡も言い返してき、舌戦を繰り広げることになる。

その後平塚先生の挑発などにより、「比企谷八幡の捻くれた孤独体質の更生」という依頼を受け入れ、彼と共に様々な人物の依頼を解決していくことになる。

だが、部活仲間となった後もその毒舌は緩むことなく、会うたびにお互い傷を抉り合っているような関係である。彼の「絶対に許さないリスト」の常連になるほど。 影で「氷の女王」とも呼ばれている。

しかし、一方で同じぼっち仲間として意見が一致したり、シンシーを感じたりすることもしばしば。

また、葉山三浦とのテニス対決の時など、八幡を大きく評価・信頼していると取れる発言をしている。

 

 

彼と彼女の関係性はこの物語軸の一つとなっている。


由比ヶ浜結衣


八幡が奉仕部に入って以来最初の依頼者。

お得意の毒舌彼女のはっきりしない物言いや曖昧さなどを非難してが、それに彼女が何故か感銘を受け奉仕部員となる。

「ゆきのん」というあだ名を付けられ、邪気にすり寄ってくる「友達」ができ、不器用ながらも彼女に対しては心を開いて行くようになる。

結衣を糾弾していた三浦に喧を売ったこともある。


ゆきのん罵倒語録


「それで、そのぬぼーっとした人は?」

「どうやらあなたが独りぼっちなのってその腐った根性や捻くれた感性が原因みたいね」

ごめんなさい。言い過ぎたわ。普通未満というのが正しいのよね」

「でも『よだかの』はあなたにとってもお似合いよね。よだかの容姿とか」

「あなた、馬鹿なの?美的感覚なんて主観でしかないのよ? つまり、あなたと私の二人しかいないこの場では私の言うことだけが正しいのよ?」

「造作はともかく、あなたのように腐ったのようなをしていれば必然、印は悪くなるわ。鼻立ちなどのパーツうんぬんではなく、あなたは表情が醜い。性根が相当んでいる拠ね」

「・・・・・・・うざ」

「あなたは変わらないと社会的にまずいレベルよ?」

「傍から見ればあなたの人間性は余人にべて著しく劣っていると思うのだけれど。そんな自分を変えたいと思わないの? 向上心が皆無なのかしら」

「あなたのそれはただ逃げているだけ。変わらなければ前には進めないわ」

「・・・・・いいでしょう。その安い挑発に乗るのは少しばかり癪ですが、受けて立ちます。ついでにそこの男のことも処理して差し上げましょう」

「そう、てっきり私のこと好きなのかと思ったわ」

「人に好かれるということがどういうことか理解している?――ああ、そういう経験がなかったのよね。こちらの配慮が足りなかったわ。ごめんなさい

「あなたの・・・・・そうやって弱さを肯定してしま部分、嫌いだわ」

「そんなことないわ。あなたのことなんて知らなかったもの」

「あなたの小さにもくれなかったことが原因だし、何よりあなたの存在からついを逸らしたくなってしまった私の心の弱さが悪いのよ」

 「そもそも友達友達、という時点でダウトじゃない。あなた友達いないし」

 「・・・・・驚いた、あなたの顔を見ると一発が覚めるのね」

「つくづく集団心理が理解できない人ね。ぼっちの達人ね」

 「・・・・・あまり変なこと言わないでくれる? 怖気が走るわ」

 「そうやってると、新な土下座に見えないこともないわね」

「・・・・・勘違いしないでね。別にあなたのためではないから」

「この男と友人になることなんてありえません」

 「いつかくんを好きになってくれる昆虫が現れるわ」

 

原作1巻より抜


関連動画



■sm20275869[ニコ動]

■1337352619[ニコ動]

■sm27387870[ニコ動]


関連商品


■azB00CA0C4WK
■az4094513809
■az4094514031
■az4094512624


関連コミュニティ


雪ノ下雪乃に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/06/10 19:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ