ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


雪印メグミルク


ヨミ: ユキジルシメグミルク
掲示板をミル!
50カキコ!

雪印メグミルク株式会社東京都新宿区町、東1部 2270・札 2270)とは、
2009年10月1日に「雪印乳業株式会社(雪印)」と「日本ミルクコミュニティ株式会社メグミルク)」が経営統合して発足した共同持株会社である。JA全農農林中央金庫となっている。

長らく業界首位となっていたが、食中毒事件で信用を失墜。現在業業界3位となっている。その事件の余波でアイス事業をロッテに売却(ロッテノーを経たあとロッテに吸収された)。また、冷凍食品事業もアクリフーズとなった後、後の農混入事件によって加ト吉に吸収された。

一方で、チーズ事業は事件からわずか半年後で業界首位を奪還している。

2011年4月1日雪印メグミルクは、雪印チーズバター等製造)とメグミルク牛乳・飲料・ヨーグルト等製造)を吸収合併し、事業会社となった。


開発力


開発の高い企業としても知られており、特にチーズ事業において、業界や世界に与えた影は計り知れない。

とりわけ、革命的なヒット商品となったのが、熱で溶融するスライスチーズ「とろけるスライスである(なお、世界で初めてスライスチーズを開発したのはQBB)。これを開発した背景には1987年頃に勃発したイタ飯ブーム歴史を繙くと商社側の思惑があるのだが、それは自重する)に端を発するピザ人気上昇であり、庭でも手軽にピザトーストを楽しめないかという試みで開発されたものである。なお当時、ナチュラルチーズで溶けるものはあったが、プロセスチーズでは実現不可能であったが、試行錯誤の末開発に成功。上層部は「こんなもの売れるか」と懐疑的だったが、一人の社員が絶対的な自信を持ち、試験販売したところ、これが予想を覆す大ヒットとなり、現在に至る。また、これはちょうどバブル期にはパン食がオシャレ文化としても人気が出てきたこと、それに伴い、それまでの縦トースターから横トースターが普及していったことも人気を後押ししている。

また、「さけるチーズを開発したのも同社である。これはイタ飯ブームが収束し、イタリア料理が一般的になってきた頃人気が出てきたモツレラチーズヒントを得ており、おつまみの「さきいか」のように裂けるチーズが作れたら面いんじゃないか、という社員の試みで始まり、当時は小淵沢工場(かつて存在した工場)だけの限定販売だったが、口コミで評判が広がり、全的な商品となった。また、この「さけるチーズ」はお酒おつまみ、オードブル、はたまたしのぎのおやつとして人気が出るなど、チーズ食の民化に新たに影を与えている。そして市場シェアは驚きの100%となっており、量産化が途轍もなく困難なため、雪印しかナショナルブランドは存在しない。そして、その技法は関係者以外知らない企業秘密となっている。

また、ヨーグルト味を抑えた「ナチュレ」など他にも革新的な商品が多い。


関連動画



■sm3215273[ニコ動]

■sm8461061[ニコ動]
■sm11006942[ニコ動]
■sm913419[ニコ動]
■sm27709314[ニコ動]


関連項目



同業他社



最終更新日: 19/10/06 12:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ