ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: レイ
掲示板をミル!
62カキコ!

レイゼロ)は数字の0漢字表記(正確にはゼロと零は少々異なるが、後述する)。ゼロカタカナ表記)、Zero英語表記)の記事も適宜参照。


零(ゼロ)



零(レイ)



零(ゼロ)と零(レイ)の違い


零(レイ)と零(ゼロ)とは、元々は意味が違っていた。

元々、零は「降ってくる」「落ちる」「落ちぶれる」「細かい」「小さい」「取るに足らない」「部分的である。残りもの余りもの」などの意味の漢字であった。日本語ではこれを「レイ」と読み、同じ意味で使用していた。現在でも「零落する」「零細企業」などの言葉では、これらの意味で使用されている。

そして、0の概念が入ってきてから「少ない」「小さい」「取るに足らない」というところが通じる「零」の字をこの「ゼロ」の概念に充てた。その結果、「零」を「ゼロ」とも読むようになったのである。

そのため本来は零(レイ)は「わずかである(わずかながらもある)」状態をし、零(ゼロ)は「まったくない」状態をしていた、とも言える。ただし現在は数字の「0」を「レイ」と読む事もあることからわかるように、ほぼ零(レイ)は零(ゼロ)の意味で扱われる事が多い。

なお、「天気予報で降確率が0なのにが降ることがあるが、零はわずかにが降る可性があることをすので間違っていない。天気予報では降確率レイと言い、ゼロとは絶対に言わない」という説がられることもある。だが、こちらのサイト[外部]によるとその説の偽を問われて調し、否定的な回答をしている。


漢字として


Unicode
U+96F6
JIS X 0213
1-46-77
部首
雨部
画数
13画
読み(常用)
レイ
訓読み(常用)
-
𡈍
Unicode
U+2120D
部首
画数
13画
意味
が降る、落ちる、落ちぶれる、しおれる、こぼす、(数の)余り、半端な、細かい、数のゼロ位を表す数字として用いる。
説文解字・巻十一〕には「なり」とある。〔玉篇〕には「徐なり」とある。ゆるゆると降る細かい雨。
符は
音訓
読みは、レイ音)、リョウ音)。
訓読みは、ふる、おちる、こぼす、こぼれる、あまり。
規格・区分
常用漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
零を符とする漢字には、などがある。
・零細・零砕・零凋・零丁・零落

異体字


𤅫
Unicode
U+2416B
部首
氵部
画数
25
𠏡
Unicode
U+203E1
部首
亻部
画数
15画
𩂙
Unicode
U+29099
部首
雨部
画数
13画
𩃞
Unicode
U+29099
部首
雨部
画数
16画
𩆖
Unicode
U+29196
部首
雨部
画数
22
𩆼
Unicode
U+291BC
部首
雨部
画数
25

関連項目



最終更新日: 18/10/24 01:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ