ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


零シリーズ


ヨミ: ゼロシリーズ
掲示板をミル!
352カキコ!

零シリーズとは、テクモおよびコーエーテクモゲームスが開発・発売しているホラーゲームシリーズである零〜月蝕の仮面〜以後は発売は任天堂)。

海外では「FATAL FRAME」というタイトルで発売されている。


概要


和風ホラー」を標榜する、ホラーゲーム。

主人公過去に行われた民俗的儀式に関わる事件に巻き込まれたことで異常間に囚われ、事件の相を究明しつつ、異間からの脱出をす。

襲いかかってくる霊を「射影機」と呼ばれる、除霊を有しカメラで撮影することで撃退するというシステムを採っている。
特筆すべきなのは、この射影機の除霊に接近するほど強となる」という性質を持つことである。つまり、必然的にプレイヤー霊に接近することを強いられる。この「見たくないものに近づかなければいけない」というのは本シリーズにおいて良くも悪くも魅となっている特徴である。また射影機は過去の出来事を写したり、行く手を塞ぐ封印を解くも持つなど、ゲーム全体において活躍するメインアイテムである。


シリーズ一覧


発売順に列挙する。なお、移植作・廉価版は同一のものとして含めない(個別の項を参照)とする。


シリーズ共通事項



過去に行われた儀式とその失敗


3作までは過去に行われた儀式とその失敗がストーリー相となっている。
どの儀式事を鎮め、封印するために行われるものであるが、必ず生け贄・人身御供を必要とする。
この犠牲に関わる人々ストーリーに密接に関わっていく。
また儀式の失敗は大きな代償をともない儀式に関わった人々、儀式が行われた場所の周辺にいた人々までもを全て災厄に追いやる。


射影機、異世界と関わる品々


射影機とは、科学者「麻生」によって開発された「ありえないもの」を映し出すカメラである。
影機は霊や過去の思念を写し出す除霊・封印のを有している。

この他に麻生博士は「ありえない・思念」を聞く霊石ラジオ、「霊的な映画フィルム」を再生する映写機を開発している。

射影機は各作品で別個のものが登場しており、複数作成されたようだ
またそれぞれ作成過程で博士による良・調整が施されたようで、個々のカメラで機が異なっている。


時間・空間の歪んだ空間


どの作品も主人公が彷徨う舞台時間や間に歪みが生じている。


悲しい結末


零シリーズは一応マルチエンディングであるが、初回プレイでは単一のエンディングにしか到達できない。それはどの作品でも何らかの犠牲を払うものであり、とても悲しい結末となる。
しかし2周以降は別のエンディングを見ることができる。

零~zero~零~紅い蝶~引き継ぐストーリーである~刺~では、それぞれの作品の初エンディング過去に起きた出来事として採用している。

零~zero~零~紅い蝶~は1周エンディングが、~刺~では2周以降で到達できるエンディング公式ストーリーとされる。


天野月子による主題歌


2作である零〜紅い蝶〜から子による主題歌が作られるようになった。

主題歌エンディングBGMなる。
どれもゲーム題に沿った悲歌であり、様々な想い/思いを乗り越えて到達したエンディングの感動をより増すことに成功している。


関連動画


こちらから検索ゲーム 零[動]


関連商品


たくさんあるから各作品の記事を見ると良いと思うよ。


関連コミュニティ


■co584229


関連項目



最終更新日: 16/01/29 01:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ